キャッシングアカデミー

家賃を滞納するとどうなる?キャッシング・クレジットカードへの影響

Cache_18

「今月ピンチで、家賃が少し遅れてしまいそう」 「キャッシングしたいけど、そういえば家賃の滞納したことあった」 そんな人は意外と多いです。お金が足りなくてキャッシングやクレジットカードの発行を検討する人は少なからずこのようなことを思うようです。 この記事では家賃料滞納が消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシング会社、クレジットカード発行などに影響をするかということや、どうして影響があるのかなどについて説明していきます。

家賃の滞納は審査に影響があるのか

実は家賃の滞納は審査に影響しません。不動産会社と金融機関の業種が違うため、個人信用情報の共有などが出来ないからです。

では、時々見かける家賃の滞納が審査に影響したというのはどうしてなのでしょうか?実は、賃貸住宅(賃貸アパートやマンション、アパートなど)や賃貸物件の入居時に家賃保証会社を利用すると影響があります。この影響については、追って詳しく説明しますが、ここでは家賃保証会社の必要性について説明します。

家賃保証会社が必要な理由

家賃保証会社とは、親族や身近な人が連帯保証人にならなくてすむように、手数料を得て第三者が連帯保証契約をしてくれるというサービスです。別名では、賃貸保証会社や賃料保証会社と呼ばれたり、家賃債務保証会社と呼ばれることもあります。核家族化が進んできたり、親族などに保証人になってもらう相談をするのが難しい背景から生まれたサービスと考えて良いでしょう。

連帯保証人や家賃保証会社が必要な理由は、入居者に家賃滞納などの債務不履行などがあった時に滞納額を立て替えて払ってもらうためにあります。もちろん、立て替えてもらった分は入居者にとってもメリットがありますが、貸主にとっては家賃滞納のリスクが軽減でき、通常の連帯保証人よりも確実であることやトラブルも回避出来るというメリットがあります。

どのような影響があるのか

連帯保証人を立てて契約している場合、何にも影響はありません。しかし、家賃保証会社を利用しての賃料延滞は、キャッシングやクレジットカードの作成だけでなく、住宅ローンや自動車ローンなどのローンを組む時に影響があります。

また、携帯やスマホの割賦払い(分割払い)も出来なくなる可能性があるので注意が必要です。

どうして影響があるのか

では、どうして影響があるのでしょうか。実は、家賃保証会社は金融業者と同じ個人信用情報機関を利用しているからなんです。

家賃保証会社を利用すると滞納に影響が出る

単身の入居希望者は、最近賃貸保証会社と契約することが増えています。保証人が居なくてもいいので、便利ですが、この会社を使うと信用情報機関に記録されます。

なぜかというと、家賃保証会社は信販系の会社がほとんどです。信販系の会社は金融会社同様の信用情報機関を利用するため、家賃の滞納が記録されてしまうのです。

家賃保証会社の立て替え分を滞納しても影響がある

賃貸人と賃借人の支払いは、滞納していた分を家賃保証会社が支払ってくれるためその時は問題ありません。しかし、家賃保証会社が立て替えた家賃滞納分を回収する段階で、その分を滞納してしまうと、やはり信用情報機関に情報が行ってしまいます。

蛇足ですが、現在は賃貸保証会社を規制する法律や監督官庁もないため、家賃保証会社をしっかりと選ばないと大きなトラブルになる場合もあります。例えば、滞納者に対して延滞賃料の行き過ぎた督促や請求をしたり、高額な延滞金を迫ったり、強制退去をさせるなどといった会社です。基本的に契約時の賃貸会社が勧める保証会社は問題はあまりありませんが、自分で選ぶとなるとかなり慎重に選ぶ必要があります。

このようなことにならない為にも、日々のお金や家賃管理はしっかりとしたいものです。
どうしても支払いが厳しくなったら、滞納対策としてキャッシング会社やクレジットカードのキャッシング機能を使って支払いをするというのも手です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧