キャッシングアカデミー

最終更新日:

携帯料金の滞納はキャッシング審査に影響がある!?

携帯やスマホの料金を滞納していることでキャッシングやクレジットカードを申請する時に影響がある。 耳にしたことがある人もいれば、初耳の人もいるかもしれません。 スマホや携帯料金は、実質は0円かもしれませんが、分割で本体料金を支払っています。 分割で支払っていることで、信用情報機関に情報が登録されているため、影響があるのです。 この記事では、携帯・スマホ料金の滞納が審査に影響がある理由について詳しく説明していきます。

携帯電話料金の滞納は審査に影響があるのか

先述したとおり、携帯電話料金の滞納は審査に影響があります。携帯やスマホの本体が高額になってきたということが原因の一つに挙げられます。

携帯やスマホの本体は分割払いをすることで実質負担額が0円だったり、一ヶ月数百円支払うだけで済みます。しかし、「分割」であることが問題なのです。

分割払いというのは、いわゆるローンと同じ扱いになっているのです。
今月は支払えなさそうだから少し遅れてもいいか、という軽い気持ちで支払いをしていると信用情報に傷がついてしまいます。

この影響については詳しく後述します。

どのような影響があるのか

携帯電話料金(というよりは端末の割賦払い)の滞納は、消費者金融や銀行カードローンの審査だけに影響するわけではありません。実は、住宅ローンや自動車ローンなど様々な面において不利になってしまいます。

就職に不利になるということがネット上に書かれていることもありますが、就職は不利にならないので安心してください。
ただし、金融業界は可能性はゼロではありませんが、やはりこれも採用に響くことはほとんどないと考えていいです。

では、具体的にどうしてこのような影響があるのかを説明していきます。

どうして影響があるのか

何故影響があるかというと、個人信用情報に傷が付くからです。この傷があるだけで、金融関連に関しては不利益を被ることになるので注意しましょう。

個人信用情報機関のブラックリストになる

記事内で何度も出てきていますが、携帯やスマホの本体代金は割賦払いになっています。つまり、ローンを組んで携帯電話端末を支払っている状態になります。

実は契約書の中に「個別信用購入あっせん契約申込書」という書類にそういった内容が記載されているのです。携帯料金滞納をしたら信用情報機関に記録が登録されるといった内容です。有名な携帯電話会社のNTTDoCoMoやSoftBank、auなどはCICという個人信用情報機関に加盟しており、携帯キャリアを変更したから情報が抹消されるということもありません。

延滞することでブラック状態となり、完済後5年は情報が残るため、完済してから5年は審査に影響を及ぼすことになります。更に請求書を無視し続けて滞納を続けていくと強制解約になるだけでなく、ブラックという利用者にとっても会社にとっても不利益な状態が続きます。

気軽に使っている携帯やスマホですが、料金延滞をするといざという時に困りますので、滞納料金はしっかりと払うようにしましょう。未払い料金があるのだけは避けるようにしたいですよね。どうしても一括で払えないという場合は、サポートセンターなどで相談の上分割払いにしてもらってでも支払いを済ませることをおすすめします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧