キャッシングアカデミー

モビットの金利を引き下がるパターンとその方法

モビットはカードローンを発行してキャッシングサービスをしている消費者金融です。 消費者金融なので、金利が高いな…などと思ったことはないでしょうか。 確かに、消費者金融の金利は最大18.0%という高金利なため、下げたいと思う人はたくさんいると思います。 そこで、このページでは金利が低くなりやすい人のパターンと金利を引き下げるためのアプローチを説明しています。 また、自分の金利が利息制限法に引っかかっているかどうか、過払い金請求ができるかどうか、また借入金額による金利を他の金融機関と比較していきます。

モビットの金利を引き下げやすい人の3つのパターン

1.金利18.0%以上で借りている人

モビットの金利を引き下げやすい人の第一条件は「金利18.0%以上で借りている人」です。これに該当するのは貸金業法改正以前から借り入れをしている人で、これまでに18.0%以上の金利を払っているケースが多く、現在では利息制限法に引っかかるため、確実に金利を18.0%以下に落としてもらえます。

また金利を引き下げて貰えるだけでなく、過払い金返還請求をする事も可能ですので、心当たりのある方は申告してみましょう。

2.信用力の高い人

第二条件に「信用力の高い人」があげられます。返済実績があり、現在のキャッシングの限度額が高い人は優良顧客とみなされ、モビットからは高い信用を得ています。そのため、同じ限度額でも他者と比べて低い金利で借りられる可能性があります。

3.年収の1/3以下の金額を借りている人

第三条件は「年収の1/3以下の金額を借りている人」です。総量規制の関係で、借入の限度額は年収の1/3以下とされています。これは裏を返せば、年収の1/3以下で借りている人は、モビット以外の消費者金融からも借入をする事ができるため、より金利の安い消費者金融に借り換えをされる可能性があります。

そのためモビットとしては、顧客に自社のキャッシングを継続して利用して貰えるように、金利を低くするケースがあります。

モビットの金利を引き下げるためのアプローチ

ここまでにモビットの金利を引き下げやすい人の3つのパターンをお伝えしました。それを踏まえて、ここでは「金利を引き下げやすい人」が、金利を引き下げるために何をすれば良いのか、その具体的な方法をご紹介してゆきます。

おまとめローンや借り換えを利用

モビットでは商品としての「おまとめローン」を用意をしていませんが、おまとめや借り換え目的で利用する事ができます。おまとめローンとは、複数の業者からのキャッシングをおまとめするためのローンです。

おまとめローンや借り換え目的で借入をした場合は、総量規制の対象外とされるケースもあるため、より高い限度額で借りられる可能性が高くなります。

おまとめローン目的で借り換えをする場合、モビットが低い金利で融資してくれる可能性があります。なぜなら、おまとめローン目的での利用者は低金利での支払いの一本化を目指しています。モビットとしては借り換えによってお金を貸すことができるため、自社で一本化して欲しいと考えます。少し金利を安くしても他社で一本化されるよりはメリットがあるので、金利を下げてもらえる可能性があります。

返済実績や借入実績を積み、信用力を得る

モビットの金利を引き下げるには、信用力の高い優良顧客とみなされる必要があります。そのためには滞りのない返済実績と、新規契約から最低6ヶ月以上に渡って十分な借入実績を積み上げる事が大切です。

そのような利用実績を重ねることで、モビットからは信用され、金利を低くしても安心して貸せる顧客とみなされ、金利を下げてもらえる可能性が高くなります

モビットと交渉

モビットで金利を低くしてもらいたい場合は、直接電話で頼みます。頼み方は「金利を下げて欲しい」とストレートに頼んでみましょう。後日その結果を電話で連絡してもらえます。

交渉については、キャッシング業者は優良顧客を手放したくないため、優良な顧客と判断すれば、当初の金利よりも低くしてくれる可能性が高くなります。また他社へ有利な条件で借り換えをできる状況にあり、実際に検討しているのであれば、そのような旨を伝える事で、交渉を有利に進められる事もあります。

モビットと他社の借入金額による金利比較

キャッシングをする際に、気になるのは借入限度金利です。モビットは他社と比べて全体的に金利は高めに設定されています。以下にモビットと他社の金利の比較表がありますので、モビットと交渉をする際の参考にしてください。

金融機関名 限度額 金利
モビット 最大800万円 年3.0~18.0%
アコム 最大800万円 年3.0~18.0%
アイフル 最大500万円 年4.5~18.0%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 最大500万円 年1.8~14.6%
みずほ銀行カードローン 10~1000万円 年3.0~14.0%
プロミス 最大500万円 年4.5~17.8%

モビット

mobit-banner
審査時間
10秒簡易審査 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0~18.0% 

※審査時間は、申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

公式サイトで詳細を見る

いかがでしたか。ここではモビットの金利を低くする為の方法をご紹介してきました。滞りのない返済と十分な借入の実績を重ねる事で、モビットから高い信用を得られ、その結果金利を下げてもらいやすくなります。

また現在18.0%以上の金利で借りている人は確実に下がりますし、年収の 1/3以下で借りている人も金利引き下げの対象になりやすいため、検討することをお勧めします。

金利を下げる交渉は自らしましょう。モビットでは優良顧客に継続して利用をして貰うために、金利引き下げの相談に乗っていますので、希望があれば電話で連絡してみる事をお勧めします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧