キャッシングアカデミー

最終更新日:

カードローンの更新手続きをしないと停止される?更新にも審査はある

Cache_50_r0106

キャッシングやカードローンを利用していて、そろそろ更新に近づいてきたりすると、更新って何をすればいいんだろう、と思う人が多いようです。 他にも、そもそも契約更新なんてものがあるのか、という人もいるくらい、普段あまり意識されていない事柄です。 特に、残高が残っていたりするとなおさら焦る人もいます。 詳しくは後述しますが、更新手続きは基本的にないので安心してください。 その理由や、契約更新が出来ないケース、契約更新が出来ないとどうなってしまうのかなどについて説明していきます。

カードローンの契約更新が出来ないとどうなる?

契約更新が出来ないと、新規借入が出来なくなり返済だけを求められるようになったり、解約されたり、利用限度額を少なくされるなどといったことが起きます。

あまりにも契約更新の審査をした時に酷いようだと返済額の一括返済を求められる場合もあるそうですが、これはかなりレアケースになるようです。

返済義務の放棄は強制解約に繋がる

融資を受けたら、返済義務が発生します。
それを放棄した場合は、更新期間になる前に強制解約される可能性が高まります。
借入をしたら、しっかりと返済日に返済していくようにしましょう。

しっかりと毎月返済金額を納めている人には問題なさそうなキャッシングの更新ですが、それでもやはり強制解約や契約更新が出来なくなるのは怖いですよね。
心配な方は返済用口座やカードローン専用口座を用意してみたり、約定返済額などをメモや手帳に記入しておいたりと対策が取れそうです。

カードローンの更新は基本的には全て自動延長

カードローンの契約期間は、金融機関によって違いはあるものの、一般的に申し込みから銀行は1年、消費者金融は5年、一部クレジットカードは3年が目安のようです。

この契約期間内に借入残高と利子を完済できない場合には、特に問題がない限り自動更新されていきます。

更新手続きはない

自動延長されていくということは、更新手続きはありません。
それだけで気持ちが楽になりますよね。

しかし、更新手続きがない代わりに信用情報などのチェックが入りますので、延滞などをしないよう日々意識していくようにしましょう。

カードローンの契約更新が出来ないケースとは

契約更新が出来なくなるケースは、やはり月をまたぐ約定返済日を超えての延滞を何度も繰り返している人や、返済義務を放棄してしまった人などは契約更新が出来なくなります。

何故かというと、消費者金融や銀行カードローン系の会社はしっかりと融資額と利息を返済してくれる人を望んでいます。
つまり、返済能力がある人がそれに当てはまらない場合、契約更新をすることが出来ません。

借入件数が多い場合

更新にも審査があります。
借入や返済状況の確認だけでなく、個人信用情報機関の確認なども行います。

そこで気をつけたいのが、他社借入件数です。
この件数が多い場合は個人信用情報(途上与信)に引っかかり、契約更新が出来ない場合があります。
更に、短期間で何社も申込みをしている場合はブラック情報に記載されている可能性もあるので気をつけてください。

他社借入をしているということは、お金に困っている人だと認識されたり、多重債務者になりかねないといった理由で審査を通過することが出来なくなってしまいます。

キャッシングの申し込みをする場合は、自分のカードローンの契約状況をしっかり確認してから審査を受けるようにしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧