キャッシングアカデミー

キャッシング後のキャンセルは審査に影響するのか

Cache_27_r0224

緊急でお金が必要ということになって、消費者金融や銀行カードローンなどの金融会社に申込をした際に、キャンセルしたくなったり、やはり使わなさそうと思った時に実際キャンセルは可能なのでしょうか? 実は申込をした後に冷静になって、キャンセルをする方も多いそうです。 この記事では、キャッシングやカードローンの申込後にキャンセルが出来るのか、キャンセルしてしまうとどうなるのかなど気になる情報をお伝えしていきます。

カードローンの申込後にキャンセルは可能なのか

カードローン審査後にキャンセルは可能です。
勿論、個人信用情報にも問題はありません。

キャンセルすることを申請した会社に一言連絡すれば、担当者がキャンセルの手続きをしてくれます。
(事情なども説明しておくことをお勧めします。)
この連絡がないと、トラブルになる可能性や顧客情報にマイナスイメージとして残されることになるため、気をつけましょう。

キャンセルするとどうなるか

申込者が契約解除をすると、該当会社のシステムでは申込履歴に「フラグ」や何かしらの「コメント」が登録される場合が多いです。

それ以外は特にキャンセルをしたからといって、電話がかかってきたり、職場に電話があったりすることはないので安心してください。

また、法外なキャンセル料や違約金を支払うようにと言ってくる会社があるそうですが、そういった会社は闇金業者です。
事前にサイトやインターネットなどで検索して、自分の申込む会社が大丈夫かを確認しておくことも念頭に置いておいてください。

再度申込をする場合、審査に影響が出る場合もある

では、再度申込をする場合は審査に影響があるのでしょうか?
勿論、あります。

申込み履歴を参照して、以前審査通過したのに何故カード発行をしなかったのか、何故融資を受けなかったのか?という疑問を持たれることも多いからです。
また、当時の履歴が残っている場合もあるため、システムに残されたコメントなども参考にされる場合があります。

何度も多くの会社でキャンセルしない方がいい

最近は、インターネット上のキャンペーンや入会特典が欲しいために申し込みをしてすぐに解約をするという人も増えてきています。
しかし、そういった短期でのキャンセル情報は個人信用情報機関に登録されます。
そうすると、審査を受けることも出来なくなってしまいます。

申込ブラック

複数の会社へ審査申し込みをすると、申込ブラックという扱いになる場合があります。
1ヶ月に3社以上申し込んでいる人が対象になります。
(公式サイトなどで確認出来る事前審査は対象になりません。)

申込ブラックになると、しばらくの間はキャッシングの審査に通らない、もしくは通りにくくなってしまいます。

何故、申込ブラックになるかというと、1ヶ月のうちに何社も申請しているということは、お金にかなり困っている人と認識されるからです。
さらに、この情報は半年間残るため、6ヶ月以上立たないと申請しても意味がありません。

審査後のキャンセルの場合はあまり確認されないことも多いですが、出来るだけ短期間に何社も申請しないようにしましょう。

ネガティブな情報があると審査に通らない可能性も

キャンセルをして、再び申込をしようと思った時にネガティブな情報があると審査に通らない可能性があります。
ネガティブな情報というのは、契約書や規約に則った退会方法をしているかということや、短期退会していないか、郵便の受け取り拒否をした場合などが対象となります。

キャンセルの連絡は絶対に入れましょう

キャッシングのキャンセルの連絡は絶対に入れるようにしましょう。
確かに、個人信用情報にその情報は掲載されません。
しかし、その会社の顧客情報にデータが残されます。
そうすると、次回は審査に通ること自体が難しくなってしまいます。

超短期の退会も控えましょう

キャンセルはせず、審査完了後にカードなどの発行をされたけれど解約した場合のことを超短期退会と言われています。
この超短期の退会は契約日から解約日までの契約期間が近いので、同じ会社だけでなく他のキャッシング会社の審査に悪い影響を与えることになります。
また、これはキャッシングだけに限らずクレジットカード会社にも影響するので気をつけましょう。

キャッシングのキャンセルは個人信用情報機関や他の会社にあまり影響しないとはいえ、やはり申請者や申込会社としても気持ちいいものではありません。
本当にキャッシングが必要なのかをしっかりと検討してから申し込むようにしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧