キャッシングアカデミー

キャッシングは運転免許証があれば審査可能?申込に必要な書類を解説

Cache_39_P0209

消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングの審査を受けるときに必要なのが免許証です。なぜ免許証が必要なのでしょうか?本人確認書類が必要なため、免許証が必須なのです。窓口や無人契約機、WEB申込などどの契約方法でも免許証が必要になっています。 この記事では、免許証だけでキャッシングできる会社、申込時に免許証が必要な理由を紹介していきます。

申込時に提出する本人確認書類は免許証が一番おすすめ

運転免許証には申込者の顔写真、住所、生年月日が記載されているのでキャッシング・カードローンに提出する必要書類の中では最も有効です。しかし、免許証を持っていない人は健康保険証やクレジットカードの請求書、公共料金の支払い証などの身分証明書が必要になってきます。金融会社によっては、保険証のみでも可能な場合や健康保険証ともう一点必要な場合があります。
しかし借入金額が50万円以上だと給与明細や源泉徴収票などの収入証明書の提出が必要です。

無人機やWEBでの免許証の提示の仕方

無人契約機やWEB申込などでは、窓口ではないので、免許証の確認の方法は気になりますよね?どのようにして確認するかを説明したいと思います。

    • 無人契約機の場合

無人契約機の場合は、タッチパネルや専用の読み取り機などがあるため、そこにかざして読み取ることになります。すぐに読み取ることが出来るので、免許証などの確認で時間を取ることはありません。

    • WEB申し込みの場合

WEB申し込みの場合は、メールや専用のアプリを利用します。申込者が写真を撮って添付したり、アップロードしたりして確認してもらうことになります。

どちらも簡単に、時間も短く確認してもらうことが出来ます。

即日融資を希望するなら免許証は必須

即日融資を希望するのであれば、本人確認書類の免許証は絶対に必要です。(もちろん健康保険証でも可能)当日に本人確認が出来ない場合、契約を完了することが出来ません。当日に本人確認が取れなければ後日窓口に持っていくか郵送することになります。後日になると即日融資ができないうえに、郵送の場合はかなり時間がかかります。即日融資は時間との勝負なので事前に必要な本人確認書類を用意してから審査に臨むようにしましょう。

免許証のみでお金を借りられる消費者金融のキャッシングと銀行のカードローン

実は、金融機関によりますが50万円以下であれば免許証のみで審査が可能な会社が多いです。50万円以上になると、本人確認書類以外に収入確認書類として課税証明書や源泉徴収票、確定申告などの収入証明書が必要になってきます。今回は大手キャッシングや銀行のカードローンで即日融資が可能なものを紹介しています。

キャッシングとカードローン 提出可能書類 詳細
アコム 運転免許証、健康保険証、在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書) 詳細
プロミス 運転免許証、健康保険証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書(外国人登録証明書) 詳細
    • アコム

最短1時間で融資可能で、30日間無利息で借り入れることが出来ます。また、大手消費者金融のキャッシングなので審査に通りやすい消費者金融ではありません。

    • プロミス

プロミスも30日間無利息で融資を受けることが可能です。また、3秒診断という事前審査があります。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧