キャッシングアカデミー

キャッシングやクレカ申込の他社借入件数や借入額の記入方法

Dollarphotoclub_62138594

キャッシングやクレジットカードの申し込みをする際に、他の会社で借入があるかどうかを記入する項目があります。 ここに間違った情報を記入すると、個人情報が登録されている信用情報機関との照合でばれてしまい借りれなくなってしまいます。審査の判断は申込む会社に任せて、正直な情報で正しい判定を受けるようにしましょう。

キャッシングやカードローンの申込書に記入する他社借入件数とは?

クレジットカードやキャッシング、カードローンの申込画面に沿って個人情報を入力していくと、「他社借入件数」という項目が出てくると思います。

この他社借入とは、申し込む時点で他の会社で何件借りているかということを確認する項目です。
他社で借りたことがない方は、何のことを言っているのか意味が分からないかもしれません。

クレジットカードのキャッシング枠の利用、キャッシングやカードローンを使う場合、全部でいくら借りてるかという借入総額よりも、何件借りているかという借入件数が重視されます。

あちこちの会社で借りている方が、審査で不利になるのです。

他社借入の状況は、嘘を書かないでしっかり申告する

他社でキャッシングしているにもかかわらず、他社借入額や借入件数など借入状況で嘘をついてしまうと、審査に必要な情報を取得する信用情報機関の情報を開示した際にばれてしまい、借りれなくなってしまいます。

あくまでも、自分の今の状態で借りれるかどうかを判断してもらうことが大切なので、自分がいくら借りているのかをしっかり把握してきちんと申請するようにしましょう。

他社借入があり審査が不安な方の新規申し込みのコツを紹介

他の会社で借りていて、今回新たにキャッシングに申込むという方は、審査に通るのか心配になるかもしれません。

1件あたりの借入額にもよりますが、多くても既に3社で借りていると4社目の審査は落ちる可能性が高いです。新たに借りることよりも、現在の借入をまとめて借入総額を減らす方法で検討した方が良いかもしれません。

まだ3社で借りてはいないけれど審査が不安な方は、審査に不安な人が手堅く借りる方法審査の成功率が上がる会社の選び方を記載していますので参考にしてください。
借金返済にお困りの方へのページ
⇒借金の返済にお困りの方はこちら

借りる会社の選び方によって、審査のハードルも変わってくるのでどの会社に申込んだらよいかが分かると思います。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧