キャッシングアカデミー

キャッシング審査で嘘の申告は絶対にNG!ばれるとどうなる?

キャッシングの申し込みのとき、できるだけ審査落ちをしたくないために嘘を書く人がいますが、それはNGです。 中には、「キャッシングで嘘を書いても審査ではばれない」と考えている人もいるようですが、後々分かってしまった時、利用中のカードや審査に必要な情報を提供する信用情報に影響が出るので、キャッシングの審査で不安でも虚偽の記載はしないようにしましょう。

審査に不安だけどお金を借りたい人が読むページ
キャッシングの審査に不安ならこの2つのキャッシングがおススメ!

キャッシングの申込時に嘘を書いてもばれない!?

キャッシングの申込みのときには、個人情報をを記入していきますが、名前や年齢などは本人確認書類を見ればすぐに分かってしまうので、アウトです。

勤務先についても、在籍確認の電話がかかってくればすぐにウソがばれてしまいますので、この時点で審査落ちです。
一方で、年収や勤務年数については、キャッシング会社が直接勤務先に確認することはできません。だからといって嘘を書いてばれてしまうと、審査落ちになってしまいますので、ばれて審査に不利になるくらいであれば嘘は書かないほうが賢明です。

ウソがばれるとキャッシングが停止措置になる

では、嘘がばれると審査にどのように不利になってしまうのでしょうか。仮に、申し込みの際に嘘を行って、何とかキャッシングの審査に通ったとしましょう。

その後、キャッシング会社が調査をして勤務先や年収などが嘘だということが分かると、規約違反になるのでキャッシングの利用が停止されます。

キャッシング会社は、嘘をつくような人間に貸しているお金は返ってこない可能性がある、と考えます。そこで、その時点での利用残高を一括で返済するように求めてくるのです。

それならば、他のキャッシング会社で借りればいいとも考えますが、そうもいきません。嘘をついたことが信用情報機関に登録されますので、他のキャッシング会社、住宅ローンやマイカーローンに申込をしたとしても審査で不利になる可能性が高いです。

嘘がばれると、利用停止措置だけではなく、他のキャッシングへの影響がでるのです。

誰にもばれないカードローンはありますが、誰にもばれない嘘はありません。

審査に通るか不安なら利息は高いけど審査が柔軟な大手キャッシングに申込む

とはいえ、正直に書いては審査に通るかどうか不安と言う人もいます。まずは、審査が柔軟なキャッシング会社やカードローンの審査シミュレーションを試してみるとよいでしょう。

年収、現在の借入額、借入希望額など、簡単な項目の記入で借りれるかどうか仮審査が行えます。

銀行のカードローンに比べれば金利は高いですが、審査のハードルは高くはありませんので、わざわざ嘘の申告をしなくても十分に気持ちに余裕を持って審査に望めます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行