キャッシングアカデミー

複数社で同時に申込してませんか?キャッシングのポイントを解説

キャッシング(カードローン)を考える人には、落ちることを考えて複数の金融会社に同時申し込みをする人がいます。2社以上同時申請通過する場合もありますが、通過しない人もいます。そして同時申込みについては、実は審査担当者には印象が良くありません。 なぜなのでしょうか? この記事では同時申し込みする際に気をつけたいことや2社以上申し込む時の借入額の目安などを紹介していきます。 同時申し込みで悩んでいる人必見です。

同時申し込みは審査に不利になる可能性あり

冒頭で審査担当者の印象が良くないと書きました。
つまり、同時申し込みは審査に不利になりやすい傾向にあります。

信用情報の影響

貸金業法改正の影響で、全ての信用情報は個人信用情報機関から調べなくてはいけません。実はキャッシングの申込みをするだけで、信用情報機関に登録されてしまうのです。
しかもリアルタイムに更新されるため、申込みをした会社は申込履歴から申請者が他社にも申込みをしていることが分かります。審査担当者は信用情報を見て「本当に返済出来るのか」「お金に相当困ってるのではないか」と判断します。なので金融会社から「返済能力が見込めない」「この申込者は相当お金に困っている」と判断されたらその時点で審査に通りにくなってしまいます。

総量規制を超えてしまう可能性

他社申し込みの人たちは貸金業法で定められている総量規制という貸付をする法律に触れる可能性があります。この法律は融資する額が申込者の収入の1/3を超えてはいけないという法律です。審査側の消費者金融などは法令違反をしたくないために、同時申し込みを敬遠する傾向にあります。

2社以上申し込む場合の借入額の目安

先述した総量規制に触れない金額を申請しましょう。つまり借入総額が年収の3分の1以下にすることが必須です。

借入総額が1/3を超えないようにする

総量規制は借入総額で年収の1/3以内にしましょう。他社借入をする場合は、借入会社数で等分することをオススメします。
例えば、年収300万円の人は100万円まで借り入れることができます。

  • 2社の場合→各社50万円ずつ
  • 3社の場合→各社約33万円ずつ
  • 4社の場合→各社25万円ずつ

といった感じです。
しかし1ヶ月以内に4社以上申し込むと、ほぼ審査に通りません。これについては後述しますが、とにかく複数申し込みする場合は借入総額が総量規制に引っかからない金額を申請してください。

同時申込で審査に通過する可能性をあげる方法

同時申し込みで出来るだけ審査に通過したい場合には、以下の方法を試してみてください。

一度の申し込みは2社に絞る

キャッシング会社には申込みブラックという枠があります。いくつもの金融機関に同時期に申込みをする人たちが申込みブラックの対象となり、本格的なキャッシングの審査が無いまま、審査に落ちる確率がかなり上がってしまうのです。なのでできるだけ2社に絞って、申し込みするのをおすすめします。どうしても2社では厳しくなったら、間を空けて(大体6ヶ月程度)他社へ申込みましょう。

クレジットカードのキャッシング利用を確認しておく

総量規制はクレジットカードのキャッシング枠も対象です。そのため、クレジットカードでキャッシングを利用していないか確認してください。利用していたのを知らずに複数の会社へ申込みをした場合、更に通りにくくなる可能性があるので注意が必要です。クレジットカード会社のキャッシング利用があれば、それをさしい引いて額面を申請するようにしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行