キャッシングアカデミー

10年間は履歴が残る?!キャッシングの履歴が審査機関に残る期間

既にキャッシングを利用している場合、他のローンを借りる際、審査に通るのか疑問に思っている方も少なくないようです。以下では、キャッシングの利用履歴の記録は何年残っているのか、いつ消えるのか、他に借りる際の影響などを紹介しています。

キャッシングの利用履歴は10年間消えない

キャッシングを利用した際に残る利用履歴にはいつどこの店舗で、金額はいくら利用し、いつ返却したか、遅延はあったかというような情報が含まれています。この利用履歴は審査時にキャッシング会社にとって参考になる情報です。利用した側からすると履歴は早く消して欲しいと思うかもしれませんが、基本的には返済にかかる期間を除いて完済後から10年間は消えないと言われています。

遅延の情報が履歴に残っている場合は、キャッシングの申し込みをした際の審査において不利になるケースがあります。しかし、遅延なく返済し完済していれば、履歴が残っていたとしても問題はありません。そのため、既にキャッシングをしていて、車のローンや新規のクレジットカード、住宅ローンなどを検討している場合はこれ以上の借り増しは控え、期限を守って返済することが大切です。

キャッシングの履歴が残る信用情報機関の役割

信用情報機関とはクレジットやローン、キャッシングなどの情報が全て記録されている機関を言い、なおかつこれらの情報を管理、提供する役割を担っています。信用情報機関には全国銀行個人信用情報センター、CIC、JICCなどがあります。

これらの機関には、申し込みをしたということや取引内容だけではなく、他社を利用したという情報も履歴としてしっかり残ります。そのため、貸し出しを行う会社が返済能力を調べる時に、個人情報を提供しこれらの情報を照会することで利用者の信用度や返済能力を審査します。

貸し出しを行う会社はここでしっかりと信用力と返済能力を判断し、審査を通すかどうかなどを決定します。このように信用情報機関はキャッシングやクレジットなどの利用者と会社との健全な取引を支える非常に大切な機関と言えます。

キャッシングの利用は他のローンに影響するのか

キャッシングを利用している方で他のローンには影響するか気になる方も少なくないようです。申し込むローンの種類と審査基準によって異なるため、一概には影響して審査に落ちるとは言えません。

しかし、何社からも借り入れしている場合や返済に遅延がある場合には審査に影響がある可能性も考えられます。

もし履歴が残っている間に他のローンを利用したいと考えている場合は、実際に申し込んでみなければわからないため、キャッシング会社にダメもとで申し込んでみましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行