キャッシングアカデミー

キャッシングと信用情報の関係と信用情報の確認方法

Dollarphotoclub_53597686

信用情報というのは個人のキャッシングや支払いの履歴のことであり、日本では3つある信用情報機関に保存されています。信用情報は支払い遅延や債務整理などをしてしまうと傷つき、新規のローン審査などに影響をもたらします。信用情報は一定期間保存され、ネットや郵送・情報機関の窓口での情報開示が可能です。このページでは、キャッシングと信用情報の関係について調べてまとめてみました。

キャッシングをしただけでは信用情報は傷つかない

信用情報にはキャッシングの申込みから返済まで全てが書いてある

信用情報には何が載せられているか、気になりますよね。具体的に何が載っているかをご紹介しましょう。大きく分けて3つの情報が記録されています。
①申し込み情報②クレジット情報③利用記録です。

申し込み情報・・・本人確認のための氏名、生年月日、郵便番号、電話番号。そして申し込み内容に関する情報として、照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等が記録されます。

クレジット情報・・・契約の内容や支払状況を表す情報として氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等が記録されます。また契約内容として契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額、契約終了予定日、登録会社名等が記録されています。そしてそのほかにも支払状況に関する情報、も記録されます。

利用記録・・・本人を識別するための情報、また利用した事実に関する情報として利用日、利用目的、利用会社名等が記録されています。

延滞などのマイナスの行いで信用情報は傷つく

信用情報といっても、すべてが悪いものとして記録されているわけではありません。むしろ、キャッシングについては良いもの、プラスになる情報もあります。しっかりと期日を守って返済していれば、それは信用情報に記録され、審査に有利に働くようです。

逆に
返済が滞っている、債務整理の経験がある、また借り入れ件数が多いという情報は信用度を下げる情報となるでしょう。

信用情報に傷がつくと起こるデメリット

新しくキャッシングやクレジットを利用できない

信用情報に傷がつくと、キャッシングやクレジットを利用する際にデメリットがあります。
新規のカードローン、クレジットカードの発行、住宅ローンなどの審査に落ちる可能性が高くなる、ということは覚えておく必よがあるでしょう。

借りた会社によって信用情報が登録される場所は異なる

キャッシングを利用する際には信用情報機関に登録されます。利用したキャッシング会社によって登録される信用情報機関が異なります。例えばアコムやプロミスは、株式会社日本信用情報機構(JICC)や株式会社シー・アイ・シー(CIC)という機関に登録されます。そのほかの消費者金融はまた別のところに加入しているようです。

日本の三つの信用情報機関

少し取り上げましたが、日本にある3つの信用情報機関についてご紹介します。その三つとは全国銀行個人信用情報センター(KSC)、CIC、日本信用情報機構(JICC)です。それぞれ、特徴が異なります。

まずKSCの会員は、銀行・協同組織の金融機関、そして政府関係の金融機関・信用保証協会等です。

CICはクレジットカード会社・ローンを取り扱う銀行が加盟しています。CICに申告した「申告情報」、本人が日本貸金業協会に登録を依頼した「貸金業協会依頼情報」、電話帳に掲載された「電話帳掲載情報」で構成されている独の情報を有しています。

JICCは網羅する業種の多さが一番の特徴でしょう。全業種を網羅する唯一の信用情報機関で、特に消費者金融の加盟率は80%を誇り、最も高い加盟率となっています。

こうしたそれぞれの特徴はあるものの、
3機関はお互いに情報を共有しています。もちろんすべての情報を共有しているわけではなく、長期延滞、債務整理、破産といった、いわゆるブラック情報を共有しているのです。ですから、どこの信用情報機関でも、またどこの金融会社でもブラックリストに載っているなら、融資を受けることは難しいことになります。

申し込み情報と債務整理の情報では保存期間が4年半違う

次に、どの情報がどれくらいの期間保存されるかについてお伝えしましょう。申込時には、申込先・氏名や生年月日などの個人情報・申込日・申し込みの種類が登録されます。その期間は最大6か月です。

契約時には契約日・契約内容・契約金額・支払回数などが保存され、解約後最大5年間保存されています。

返済時にも記録が残ります。保存される情報は返済日・返済予定日・残高・完済日で、保存期間は解約後5年間です。

また延滞時には、延滞した内容・延滞の解消状況・延滞発生日・延滞解消日が登録され、最長5年間保存されます。

法律的に適正に借金を減らす方法である任意整理に関しても、除法が登録されます。情報が保存されるのは5年間です。自己破産、個人再生最大10年間情報が残ります。

自分の信用情報を開示する3つの方法

自分の信用情報を開示するための方法は3つあります。

1、インターネットで開示する

まずインターネットで開示請求ができます。クレジット会社届けた電話番号の電話で信用情報機関に電話をし、受付番号を取得します。その受付番号をインターネットのページに入力し、その後自分の信用情報が載った用紙をPDFの形でダウンロードすることができます。手数料は1000円です。

2、郵送で開示する

信用情報開示請求申込書をダウンロードしてそれに書き込みます。加えて必要書類・本人確認書類を準備し、手数料の1000円と共に、信用情報機関に送付します。そうすれば10日前後で自宅に情報が郵送されてきます。

3、 情報機関の窓口で開示する

本人確認書類と、手数料の500円をもって最寄りの開示請求窓口に行きます。本人確認がなされたら情報が開示されます。その後、説明をしてくれますので、わからないところは質問することができるでしょう。

以上、信用情報機関についてご説明いたしました。キャッシングやカードローンを組む際には決して避けては通れません。登録される情報の種類だけでなく、その期間もしっかりと知っておくのは大切でしょう。情報によっては6か月しか保存されないものもあれば、最大10年保存ざれるものもあります。そこに登録されている情報は、キャッシングの審査を大きく左右するものです。

まず、審査を受ける前に、自分の信用情報について知っておくのもよいかもしれません。そのうえで審査を受ければ、通った理由、通らなかった理由がわかり、次に生かすことができるに違いありません。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行