キャッシングアカデミー

学生キャッシングの審査を有利に運ぶためのアドバイス

キャッシングやカードローンを利用する学生にとって大事なのは「審査に通ること」です。 そんな学生の多くは「審査に通るための条件ってなに?」、「審査に落ちてしまったらどうしよう…」と心配するでしょう。 しかし消費者金融や銀行の審査基準や申し込み時の注意点などを知ってから申込みをすれば、審査に通る可能性をグッとあげることができますつまり学生でもキャッシングの審査に通る可能性は十分にあります。このサイトでは学生がキャッシング審査を有利に運ぶためのアドバイスを紹介していきます。審査の重要点をしっかり知って、キャッシングに申し込みましょう!

学生がキャッシングの審査に落ちる理由 2トップ

理由① 借入希望額が80~100万円と高額
申込時の借入希望額(限度額)が高すぎると金融会社などのお金を貸す側は「学生で50万もの高額なお金を全額返済できるのか?」と思い審査にあえて落とす可能性があります。学生は社会人と比べて、収入が少なく返済能力で不利に思われるのでしょうがないかもしれません。学生がキャッシングに申し込むときは借入希望額を10~20万円と比較的低い金額で申し込むのがベストです。

理由② 申込の時に電話番号や他社の借入金額を間違える・嘘を申告する
申込で電話番号や住所、他社の借入金額を間違えたり、嘘の情報を記載するとまず審査に通過するのは難しいです。消費者金融や銀行などの金融機関は信用機関を通じて申込者の情報を調べますので、虚偽の情報だとすぐにばれます。また、審査結果や手続き方法で電話連絡をするのに電話番号が誤って連絡ができないとそもそも契約自体ができません。そのため、申込情報は虚偽の申請をせず、間違えないように確認してから申し込んでください。

クレジットカードのキャッシング枠の審査で落ちる理由

学生には消費者金融のキャッシングや銀行のカードローン以外にクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法もあります。
当然、クレジットカードのキャッシング枠も利用するにはクレジットカード会社の審査を受けます。
キャッシング枠の審査に通過するためには、キャッシングやカードローン以上に『信用情報』が重要になります。信用情報とは、クレジットカードやローンの利用履歴や返済状況など、つまり『今まで借りたお金を返しているか。返済日が遅れて滞納していないか』ということです。クレジットカード会社は特に申込者の信用情報を重視して審査を行います。

クレジットカードのキャッシング枠の審査に落ちやすい人
お金の貸し借りで金融会社とトラブルになった人
支払いが遅れたことがある人

 

金融会社とのトラブルや支払遅延はキャッシング枠の審査で不利になるため、そのような経験のある
学生は審査に通ることは難しいです。

「定期的な収入」・「20歳以上」・「支払履歴」は学生が審査に通る条件で重要

キャッシングの審査に通るためには「定期的な収入」・「20歳以上」・「返済能力」の3つが重要です。自分がこの条件にあてはまるか確認して下さい。

①学生でも定期的な収入が大事!

短期派遣など単発のアルバイトで収入を得ている学生がいると思いますが、それよりも1つのアルバイト先で定期的に働いて毎月収入を得ている学生のほうが安定して継続的に収入があると判断されて審査に通りやすいです。特に長期間の勤務(半年~1年以上)は審査において有効になります。

②20歳(未成年)は借り入れ不可

キャッシングに申し込むには、満20歳以上が必須です。ネットなどで見られる「未成年でも借入可能!」と宣伝している金融会社は、闇金や違法な金融会社の可能性があるので絶対に利用してはいけません。

③今までの支払履歴が重要

クレジットカードの支払いやキャッシングの返済を遅延や延滞しないで期日内に返済している学生ほど、金融会社からの信用は高くなり審査に通りやすくなります。今までに支払いや返済が遅れたことがある人は注意して下さい。

学生の在籍確認は原則行われない

在籍確認とは、消費者金融・銀行がキャッシングの審査のときに申込者が申し込み情報にある勤務先(アルバイト先)に本当に勤めているか電話確認するこです。

学生の在籍確認は基本的に行われない

学生の審査における在籍確認は原則行われません。正規雇用の社会人と違い、学生のアルバイトはその職場で毎月定期的に働いていないため在籍確認が難しいからです。

融資額50万円以上だと在籍確認あり

学生でも借入希望額が50万円以上だと在籍確認は行われます。希望額が高いと、在籍確認を行うと考えられます。また、書が必要な時もあるので、その時は金融会社に確認して下さい。

本人確認は必ず行われる

「在籍確認」と「本人確認」を一緒だと思っている学生のために違いを説明します。

在籍確認:申込者の勤務地(アルバイト先)に勤めているかの電話確認
本人確認:免許証・保険証などで申込者が実在するか確認

消費者金融や銀行によりますが、電話で本人確認をする金融会社は少ないです。本人確認は申込者の身元を確認するもので、在籍確認とは別ものです。間違えないようにしっかり区別しましょう。

キャッシング申し込み時に注意するべき3つのポイント

キャッシングの申込の時に特に注意するのが「高い限度額で申し込まないこと」です。法律で学生・社会人関係なく消費者金融からは年収の1/3以上は借りられない(この法律を総量規制と言います。)ようになっていますが、学生なら収入の1/5以下で希望額を申込のがポイントです。例えば、年収100万円の学生なら希望額は20万円以下が良いでしょう。
また、個人情報や他社からの借入状況を正確に記入することが審査に通るうえで大事です。虚偽の情報は申込んだ金融機関の審査に落ちるだけでなく、信用情報にも傷がつく可能性があるので注意しして下さい。

①利用額は10~20万円がベスト

借りる金額はできるだけ少額にするのをオススメします。ちなみにほとんどの学生のキャッシング利用額は10万円以下です。10万円なら、定期的にアルバイトしている学生なら返済も不可能ではありません。

②誤った情報・虚偽の申告は絶対にしない

申込で個人情報、他社からの借入状況などを正確に記載するのが重要です。
例えば、間違えて申込書に誤った電話番号を記入しても、信用できない人物として判断され融資を受けられなくなる恐れがあります。
また、申込者が他社から30万円を借りているのに、申込書に10万円と嘘を記載しても、キャッシング会社には、ばれます。消費者金融や銀行は申込者の借入状況やクレジットカードの利用履歴などの信用情報を調べられるからです。

③4社以上の金融会社への申込は審査に落ちる

短期間に複数の消費者金融(4社以上)に申し込むと申込ブラックと判断されます。
金融会社は申込者がいつ、何社申し込んでいるか信用情報を見て確認できます。もし申込者が1ヶ月以内に4社の会社に申し込みをしていたら、お金を相当困っている人・他で審査に落ち続けている人と判断され、申込ブラックという状態に思われます。
審査に通るか不安で一度に複数の金融会社に申し込みをしてしまうのもわかりますが、スムーズに審査に通るために控えましょう。

学生でも利用できる消費者金融・銀行のカードローン

プロミス・楽天銀行カードローンの3つが学生でも利用できるオススメの消費者金融・銀行カードローンです。
プロミス…30日間の無利息サービスがなにより魅力的です。Web契約なら即日融資可能。
※30日間無利息サービスは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

キャッシング名
審査基準
詳細
プロミス
年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方、当社(プロミス)基準を満たす方(※、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込可能です。) ボタン
楽天銀行カードローン 日本国内に居住する20才から62才までで、お仕事に就かれており毎月安定した定期収入のある方。パートまたはアルバイトでお勤めの方もお申込みいただけます。 ボタン

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧