キャッシングアカデミー

派遣もキャッシング可能!派遣社員ならではの注意点と5つ審査基準

Cache_20

派遣社員の方でもお金は借りれます。派遣やアルバイトの人は不安になると思いますが、返済可能なレベルの安定した収入があればカードローンの審査に困ることは少ないです。 ここでは派遣社員ならではの在籍確認や審査での注意点や知っておくべきことをまとめ、消費者金融と銀行のカードローンでのそれぞれのおすすめを見ていきましょう。

派遣社員が気になる「審査の項目」、「すぐにお金を借りれるか」「どれだけ金利を抑えれるか」を解決し、あなたにあったキャッシングを紹介していきます。

派遣社員がキャッシングする時に見られる5つの審査基準

やはり、派遣社員は正社員より収入や安定性の面で雇用条件が悪く、信用も低いのが現実です。そのため、消費者金融から50万円以上のお金は借りられませんし、その範囲内の金額だとしても審査に落ちてしまう方もいます。

しかし、5つのポイントがそろっていれば派遣社員でも審査に通る可能性はぐっと上がります。

審査に通りやすくなる5つのポイント

  • 社会保険に加入している
  • 安定した収入がある
  • 年齢が20代半ばから30代
  • 他社の意借入れが3社以内
  • 勤続期間が1年以上ならば有利

それぞれ、理由を説明していきます。

バンクイックの公式サイトへ

社会保険に加入している

社会保険への加入が審査通過の可能性を上げる理由は、身元を確認しやすい点と、働いてお金を得ている証明になるという2点からです。

社会保険の厚生年金保険や健康保険の加入条件は派遣先の正社員の4分の3以上働き、雇用契約期間が2か月を超えていることです。
つまり、社会保険に加入していることは、しっかりと労働して、収入を得ているという証明になるのです。このことから、社会保険証を身元確認に使うことで、審査に通る確率が上がるのです。

安定した収入がある

安定した収入は、申込者が継続的に返済する能力があるかどうかを示す指標です。

例えば、派遣社員のAさんとBさんがいたとします。
Aさんの収入は毎月30万円安定していただいているのに対し、Bさんは5万円・30万円・55万円の収入を3ヶ月周期で頂いているとしましょう。たしかに、3ヶ月の合計は90万円でAさん・Bさんともに同じですが、Bさんの場合、月収5万円の月に必ず返済するでしょうか。Bさんのようなケースは収入が不安定と判断され金融会社は審査に落とします。

年齢が20代半ばから30代

規定の年齢制限内であれば、お金を借りれる対象になりますが”派遣”は非正規雇用なので年齢が若いほど有利です。
働き盛りの20~30代であればこれから社員として働く可能性は十分あるが、やはり50代ともなると返済の見込みが難しくなります。逆に20~22歳くらいのまだ若すぎると判断されると難しくなる場合もあります。

他社の意借入れが3社以内

これは派遣に関わらず他社からの借入れがないのがもちろん良いです。ですが、過去に債務整理や滞納などの金融事故さえなければお金を借りれます。
ちなみに事故を起こすと1~10年程、個人信用情報機関に登録されお金を借りることができなくなるので気を付けましょう。

勤続期間が1年以上ならば有利

派遣会社は様々な時間の職種がありますが、これは長期の派遣社員が圧倒的に有利です。短期や単発の仕事ばかりで会社へのその場だけの登録を続けている人は審査に通るのは厳しいです。
ですが、1年以上働いていないとお金を借りらないということはないので、安心してください。あくまで1年以上は有利というだけです。

在籍確認の電話は派遣会社にかかってくる

派遣社員のキャッシング・カードローンの申込時の在籍確認は、キャッシングの申込時に記入した登録している派遣会社に対して行われます。現在勤務している会社ではないので注意しましょう。

在籍確認図

申し込み時に虚偽の情報を書かない

申込書類の記入を間違えて、派遣先の企業名を書くと虚偽の記載をしていると判断されます。その場合、審査に落ちる可能性があるので、自分の登録派遣会社を間違えずに記入しましょう。
また、よくある間違えとして契約社員と金融機関に間違えられ、在籍確認が取れずお金を借りれないことがあります。派遣社員と契約社員は電話が掛かってくる場所が違うので十分に注意しましょう。

在籍確認は基本的にばれない

電話において、担当者(オペレーター)は「アコム」・「プロミス」などの消費者金融名は名乗らずに、個人名で名乗るので基本的には大丈夫です。
例えば、「田中と申しますが、〇〇さんはいますか?」というようにごく普通に問い合わせがあります。申込者以外の人が電話に出ても、これなら消費者金融だと思われる心配はありません。
それでも気になる人はあらかじめ登録派遣会社に「クレジットカードを作成するので在籍確認があります」と事前に金融会社から電話連絡が来る旨を知らせておくとキャッシングがばれないので、スムーズに在籍確認をクリアできます

雇用形態 在籍確認の電話
派遣社員 契約してる派遣会社
契約社員 直接契約してる勤務先(派遣先)

無職でキャッシングするには派遣会社に登録

現在無職の人がお金を借りたい時はどうすればよいのでしょうか。
先に言っておくと、無職でお金を借りることはほぼ不可能です。ですが、生活していくためにお金が必要な人は派遣会社を上手く利用します。
お金を借りる時の在籍確認の為に働くつもりはないがとりあえず派遣に登録する方法です。
審査で通る可能性はそれでも低いですが、無職の状態よりは派遣社員という肩書があるだけでお金を借りることができてしまうこともあります。

派遣社員におすすめの銀行のカードローン

非正規雇用の派遣社員の方でも安心して借りられるキャッシング・カードローンです。銀行のカードローンは最短即日でお金が借りれるものもあり、派遣社員でも基本的な審査項目には困らないと思います。また銀行ならではの金利なので派遣社員には助かるキャッシングです。

派遣でも借りれるキャッシング・カードローン一覧

銀行名 金利 特徴 詳細
オリックス銀行 年1.7%~17.8% ATM手数料全て無料 詳細
三菱東京UFJ銀行 年1.8%~14.6% 口座がなくても利用可能 詳細
みずほ銀行 年2.0%~14.0% WEB完結で限度額最大800万 詳細

おすすめは三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック

派遣社員の方には三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックをおすすめします。公式HPにある商品説明書に記載されてあるとおり、「年齢が満20歳以上65歳未満」「原則安定した収入がある」の2点の条件を満たしていれば派遣社員の方でも利用できます。

  • 派遣社員でも借り入れOK
  • 金利は年1.8%~14.6%と銀行ならではのお得な金利
  • 銀行口座なしでも借りれる

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

審査スピードと30日間無利息のプロミス

プロミスは審査は最短30分、融資は最短即日できるのですぐにお金を借りたい方にはおすすめのキャッシングです。また、初めての利用なら最大30日間の無利息期間があるので金利が気になる方にも人気です。

まずは試そう「3秒でお借入れ診断」

プロミスのホームページでは「お借り入れ診断」という機能があります。ここではわずか3秒で、自分がプロミスで借りられるか借りられないかの診断をすることができます。
もちろんここで「借りられる」という診断が出ても、実際に借りられるかどうかはきちんとしたキャッシングの審査が必要になります。(本審は即日でできるのでスピーディーであることには変わりありません。)いったん簡単な診断ができると安心して申込ができますね。
診断に必要な項目は以下の3つだけ。

  • 生年月日
  • 年収
  • 現在の借入額

これだけあれば一応の診断が可能ですから、まずは借入審査を試してみるといいでしょう。詳しくはプロミスのホームページでご確認ください。

プロミスのメリット

  • 千円単位からお金を借りることができる
  • Web上で申し込みから借入れまで可能でカードなしでもキャッシング
  • 会社や家庭にばれずにキャッシングできる
  • 返済は全国のコンビニATMやインターネットでも可
  • 振り込みまでスピーディー

プロミス最大の魅力「30日間無利息」

プロミスの最大の魅力は最初の金利メリット。最初の利用に限り、30日間は無利息になります。※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。
つまり、プロミスの場合は1ヶ月以内の返済であれば、借りた金額をそのまま返済すればOKで金利を取られることはありませんまた、3ヶ月借りたとしても金利は2ヶ月分で済むということになります(1ヶ月が31日の月や28日の月については少しズレてきますが!)
これは、「実質年率」として表示されている金利以上の効果があります。3ヶ月借りても2ヶ月ぶんの金利で済むということは、年率12%のところが8%で済むということ。大きなメリットですね!

派遣社員ならではの注意点は理解していただけでしょうか。正社員とは異なる雇用形態なのでちゃんと働いているという意思を明確にすることが大切です。派遣社員だからと言って引け目を感じることはありません。自分の収入にあった銀行のカードローンや消費者金融を選ぶことが大切なので、改めて審査基準や注意点を見直してキャッシングしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧