キャッシングアカデミー

出産費用にはカードローン。補助金が受給できても安心できない。

Cache_43_P0116

妊娠に気づいてから出産までには、まとまった金額が必要になります。出産すると一時金がもらえますが、あくまでも出産後の話なので病院での支払いの方が先に発生します。予期せぬ妊娠で費用を準備するのが苦しいという方も中にはいるのではないでしょうか?そんなあなたに、このページでは出産までにかかる費用と調達の仕方をアドバイスしたいと思います。

出産費用は40万円以上かかる!

検査の結果、待望の赤ちゃんがおなかにいることが判明しました。 でも「うれしい反面、出産費用などこれからかかるお金が心配・・・」なんて方も多いのではないでしょうか。 妊娠がわかってから出産後まで、まとまった費用が長期的にかかります。 代表的な出費は以下の通りです。

  • 出産前の定期検診や検査
  • 出産時の入院費
  • 分娩にかかる費用
  • お祝いへのお返し
  • ベビー用品の購入
  • 出産後の定期的な検査

具体的には、定期健診にかかる費用は1回5,000円~10,000円で、平均十回以上は通わなければならないので、それだけで10万円以上かかってしまうこともあります。 そのうえ、入院・分娩費は病気ではないので健康保険の適用がなく、平均して40万円以上かかります。個室入院を希望するとさらに10万円ほどプラスされます。 この出産費用は病院に出産後一括で支払うところや、最初に少し入金して産後に残りを支払うところが多いようです。 合算すると、出産にかかる費用は合計で40~50万円ほどになってしまいます

「出産一時金」は出産費用にはできない!支給までに2ヶ月もかかる

出産の際には「出産一時金」という、健康保険の加入先に申請して受給条件に合えば給付される補助金があります。 給付額はおよそ40万円ほど。それならば先に述べた入院・分娩費もまかなえるのでは?と思う方もいると思います。 しかし、確かに自己負担額が減るには減るものの、一時金は出産後1~2ヶ月してから給付されるため、仮に受給資格を満たしていても、出産して退院する時には、いったん費用を支払う必要があります。つまり、この補助制度を利用できたとしても約40万円は必ず用意しなければならないということです。

近年では、健康保険から直接出産する病院に出産育児一時金が支払われる「直接支払制度」という制度が導入されつつありますが、導入していない医療機関がまだまだ多いようです。

出産費用が準備できないときはカードローンを利用しよう

いざ退院するとき、病院が直接支払制度を導入しておらず出産費用が払えない!なんてことになっても、カードローンを使うと最短即日で融資をしてくれる会社もあり、小額から出産費用のようなまとまった額まですぐに借入できます。 さらに、金利も低く設定されているだけでなく、30日間無利息の会社も中にはあるので、1ヵ月後に受給できる出産一時金で返済することも可能なのです。 カードローンは、用途を明確にして計画をたてて利用すれば、急な出費にも心強い味方になってくれます

case_01_150916

出産費用に充てるなら消費者金融のカードローン。プロミスがオススメ。

プロミスなら30日間無利息で借入できる

30日間無利息サービスを持つカードローンはいくつかありますが、銀行カードローンは無利息期間サービスを持っていないので、消費者金融、なかでもプロミスはオススメです。

プロミスなら、初めて契約する方限定ですがメールアドレスの登録とWeb明細を利用すれば30日間無利息かつ即日融資が可能です。

意外とみんな使っている消費者金融

消費者金融を利用するよりも、既に持っているクレジットカードのキャッシング枠を利用した方が後ろめたさも少なくて良いと思う方もいるでしょう。しかし、クレジットカードのキャッシング枠は利用限度額があまり高くないことと、ショッピング枠の利用が多ければキャッシング枠の利用限度額も少なくなるため、オススメではありません。

その点、プロミスのような消費者金融ならば利用限度額は最大500万円なので、足りなかったということもありません。

消費者金融の利用は恥ずかしいというイメージがあるかもしれませんが、生活費目的での利用が最も多く、意外とみんな知らないところで使っています。特にプロミスならば、窓口に行かずともネットで申し込み手続きができるので利用が周りにばれることもなく、夫婦で相談しながらキャッシングできる点でもプロミスは非常にオススメです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧