キャッシングアカデミー

プロミスでのキャッシングの金利は安い?

プロミスでキャッシングするのにその利子、利息はどうしても気になります。金利が高いと思われがちなプロミスですが、プロミスの金利はどのように計算されているのか引き下げる方法はあるのかなどこのページでまとめました。

プロミスの金利は高いのか、金利の一覧で比較

プロミスの公式サイトでは実質年率は4.5%~17.8%としてあります。実際にこのプロミスの実質年率は高いのでしょうか、他のキャッシングの実質年率(金利)と比較してみました。

種類 キャッシング名 実質年率(金利) 詳細
消費者金融 プロミス 年4.5~17.8% 詳細
アイフル 年4.5~18.0% 詳細
アコム 年3.0~18.0% 詳細
銀行 みずほ銀行 年3.0~14.0% 詳細
三菱東京UFJ銀行 年1.8~14.6% 詳細

大手消費者金融会社はどこも4.5~18.0%くらいの金利で、バンクイックやみずほ銀行カードローンといった銀行カードローンは大体3.0~15.0%の間が金利になっています。

ここで注目するべきなのは、それぞれのキャシング会社・銀行のカードローンの上限金利です。

初めてキャッシングする人は、ほぼ間違いなくその会社の最高金利での借入になります。プロミスの最高実質年率(金利)は17.8%で、銀行カードローンに比べたら実質年率が高いですが、他の消費者金融よりは0.2%低いです。実際には0.2%の差は本当に大したことないので、プロミスの実質年率の印象としては決してキャッシングの中では高くないといったところでしょうか。

プロミスでは単一金利という金利適用方式をとっています。単一金利とは、キャッシングの実質年率がプロミスから借りている金額、残高によって変化することがないというシステムです。昔は多く借りたほうが金利が安くなるステップ金利というシステムを採用している消費者金融がありましたが、プロミスでは最初に契約した実質年率は基本的に完全に返済が終わるまで変わらないということです。

プロミスの金利の計算方法、日にちごとに利息は増える

消費者金融や銀行カードローンで初めてキャッシングすると、ほとんどの場合最高金利でのキャッシングになります。法律上、100万円以上の借り入れでは金利年15%以上になることはないのですが、プロミスで初めてキャッシングするのに100万円以上借りられることはまずありえません。プロミスで初めてキャッシングすると、その実質年率(金利)は17.8%ということです。

プロミスの利息は、借りてから返すまでの日数に応じて発生するの日数計算方式です。

利息=借入金額×実質年率(17.8%)÷365日×利用日数

たとえば返済期間30プロミスで初めて10万円借りるときの実質年率は

1,463円=100,000円×0.178÷365日×30日

で1,463円となります。
キャッシング契約してから返済までの期間が短ければ短いほど、その利息も小額になります。またキャッシングした当日は1日目としてカウントされないので、プロミスで借りてからその日のうちに返済すれば、借りた額だけ返済すればよい実質年率ゼロでのキャッシングができます。余計な利息を払わないためにも1日でも早く返済したいですね。

プロミスの金利を引き下げる方法。増額提案は交渉のタイミング

プロミスの実質年率は4.5%~17.8%とありますが、実際に初めてプロミスでキャッシングすると実質年率はほぼ確実に17.8%に設定されます。プロミスの実質年率は17.8%から下げることはできるのでしょうか。

プロミスの実質年率は最初はほぼ必ず上限金利になる

プロミスなどの消費者金融や銀行のカードローン会社で初めてキャッシングするのに、一番高い実質年率で借りないといけないのはまだ融資者の信用度が低いからです。初めてプロミスを利用するのに、プロミスコールで電話をして実質年率を引き下げてくれと交渉してもまず下げてはくれないでしょう。プロミスが実質年率を引き下げてくれるのはキャッシング利用者の信用度が高いと評価されたときだけです。

初めてのプロミスでのキャッシングで金利を下げることはできませんが、プロミスには初めて融資を受ける人に実質年率についてお得なサービスがあります。プロミスの30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)では、初めてプロミスでキャッシングする人に限って30日間実質年率ゼロでお金を貸してくれます。プロミスは実質年率を引き下げるよりも、初めてなら無利息サービスで実質年率無しでキャッシングしましょう。

プロミスの実質年率を下げる方法

初めてのキャッシングでプロミスの実質年率を引き下げるのは難しいとはいえ下げる方法はあります。プロミスの実質年率を下げるには、交渉しなくてはなりません。ただし、これもプロミスから初めてキャッシングして間もなく、実質年率(金利)が高いから低くしたいと交渉しても厳しいでしょう。プロミスの実質年率を引き下げる条件は

  • プロミスを長く利用している
  • プロミスから信用度の高いちゃんとした客と認識されている
  • 実質年率(金利)を下げたい理由がある

これらを満たしていればプロミスの実質年率(金利)を下げるために交渉できるでしょう。プロミスの実質年率(金利)を下げるには、こちらから下げたいと言うことも重要です。

プロミスの実質年率(金利)引き下げの交渉のタイミングは増額の提案が来たとき

プロミスの実質年率を引き下げる交渉をするタイミングは、プロミスから借入限度額の提案が来たときです。プロミスで長くキャッシングしていて、これまで返済が遅れたことがない場合プロミスからもっと多くお金を貸すという提案がくることがあります。プロミスから限度額の増額の提案が来るのは、あなたの信頼度が高いと思われている証拠です。

プロミスの実質年率(金利)を引き下げる条件は、信頼度が高いことなので増額の提案が来たタイミングで引き下げの交渉をするのがおススメです。プロミスの増額の提案が来たときに、実質年率(金利)を下げてほしいと自分から交渉してみましょう。

まれにプロミスから実質年率(金利)を引き下げられるという提案が来ることがあります。実質年率(金利)は低いほうが当然お得なので、できるだけ低くしてもらいましょう。ただし必ずプロミスから実質年率(金利)を下げる提案が来るわけではないので、自分から交渉してみるのもありです。

プロミスの利息シミュレーション

プロミスで10万円キャッシングするときに返済期間によってどれくらい実質年率(金利)が違うのか、返済期間3ヶ月で借りたとき借入額によって利息にどれくらい差が生まれるのか紹介します。

プロミスで10万円キャッシングしたときの利息

返済期間 利子・利息
1ヶ月 1,463円
2ヶ月 2,230円
3ヶ月 2,980円
4ヶ月 3,734円
5ヶ月 4,492円
6ヶ月 5,254円
7ヶ月 6,018円
8ヶ月 6,786円
9ヶ月 7,558円
10ヶ月 8,334円
11ヶ月 9,114円
12ヶ月 9,894円

プロミスで返済期間3ヶ月でキャッシングしたときの利息

借入金額 利子・利息
5万円 1,489円
10万円 2,980円
20万円 5,961円
30万円 8,943円
40万円 11,923円
50万円 14,904円
100万円 100万円

当然ですが借入金額が大きければ大きいほど、返済期間が長ければ長いほどプロミスの利息は高くなります。もしも給料などが入ってすぐに返済できるようになったらできるだけ早く返済したほうが、利息も安くなり返済額も高くならずに済みます。

プロミスで実質年率(金利)を払い過ぎているときの対処法

プロミスの現在の上限金利は17.8%となっていますが、以前はプロミスの実質年率(金利)はもっと高かったのです。貸金業法の2007年12月までプロミスの実質年率(金利)は25.6%で2008年以降は現在の17.8%に上限が引き下げられました。

プロミスの実質年率(金利)が8%近く下がったのは、金利上限の制限が法律によって変わったからです。それまで消費者金融などの貸金業者の金利は29.2%以下でなければならなかったのですが、その上限金利が20%まで引き下げられたのです。

プロミスの実質年率(金利)が下がる前にキャッシングしていて、上限金利が変わった後もお金を借りていた場合利息を払いすぎている可能性があります。利息を払いすぎている、過払い金が発生しているならプロミスに連絡すれば実質年率(金利)を下げることができます。

もしも過去にプロミスで利息を払いすぎていて、過払い金を取り戻したい場合は法的処置が必要になります。弁護士などの法律事務所にご相談ください。

プロミスの実質年率は消費者金融の中では特に高いわけではなく、初めてなら無利息期間もあるので非常に借りやすいです。それでも引き下げたいなら、プロミスに交渉するしかありません。実質年率(金利)を下げるのにも返済遅延なくしっかり返すことが大切です。プロミスで少しでもおトクにキャッシングしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧