キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシングは保証人なしで借りれない?消費者金融なら保証人不要

Cache_06

住宅ローンなどを利用するときには保証人を設定する必要がありますが、高金利なフリーローンを利用するときには保証人を設定する必要がありません。高金利であるためそれでリスク回避が出来るのが理由ですが、今回はそんな保証人とフリーローンについて説明をします。

保証人なしででお金を借りたい人におすすめのページ
今日中に急ぎでお金を借りる方法

保証人と連帯保証人の違いとは?

賃貸マンションの契約をするときや、銀行で住宅ローンを利用したいときなど、「保証人」や「連帯保証人」が必要なところが多いものですが、似たような言葉のこれら2つには違いがあります。

そもそも、保証人と言うのはお金を借りた人が返済不能になったとき、その代わりにお金を返す義務を負っている人のことで、これに対して連帯保証人は、債務者と同じ義務を背負う人という意味を持っています。

しかし、これだけでは違いがよく分からないという人も多いのでもう少し分かりやすく言いますと、保証人はお金を借りた人が返済不能に「なったとき」にはじめて返済しなければなりませんが、連帯保証人はお金を借りた人が返済不能に「ならなくても」返済をしなければなりません。

なぜこのような違いが出てくるのかというと、それは保証人に与えられている権利に理由があります。

まずお金を借りた人にしっかりと請求してくださいという「催告の抗弁権」と、お金を借りた人に財産があるならまずそちらから返済してくださいという「検索の抗弁権」、この2つの権利が保証人には与えられていて、連帯保証人には与えられていないため、以上のような違いとなっているのです。
初めてキャッシングする人が困らないための記事まとめはこちら

キャッシングで保証人が必要なケース(住宅ローン、事業者ローン、教育ローンなど)

銀行の各種ローンの中には、保証人を必要とするローン商品と必要としないローン商品とがあります。
住宅ローンや事業者ローン、教育ローンといったローン商品には保証人が必要となりますが、フリーローンなどの商品に関しては保証人は必要ありません。

フリーローンと言うのは、住宅ローンや自動車ローンとは異なり利用目的を限定することがないローンのことです。

フリーローンよりもさらに融資条件が緩いのがカードローン(キャッシング)で、フリーローンと同じく利用目的を限定はしませんが、フリーローンとは異なり限度額の範囲内であれば何度でもカードを使ってキャッシングをすることが出来ます。

フリーローンと同じくカードローンも保証人は必要なく、それ以外の住宅ローンや自動車ローンなどのローン商品は保証人が必要です。

保証人の代わりに信用会社の保証を受ける必要はありますが、特に属性等に問題がなければ保証人を必要とする銀行ローンの金融機関よりもスピーディーに融資を受けられます。カードローンには保証人や担保といった仕組み自体がないことがほとんどなので、審査は落ちてしまったけど保証人を立てて再度申し込むということはできません。

例外として収入がないため返済能力のない未成年の学生が利用者だった場合など、保証人とは少し違いますが親権者である保護者の承諾が必要なこともあります。

同じように専業主婦が配偶者貸付制度を利用する場合は夫の承諾が必要です。

フリーローンが保証人なし・無担保でキャッシングできる理由

通常のキャッシングの場合には、担保も保証人も設定することはありません。
キャッシングは、自動車ローンや不動産ローンなどと比べて高金利なローン商品ですが、それによってキャッシング会社は保証人を設定しなくてもキャッシングのリスクを回避することができています。
キャッシングが返済不能に陥ったときのリスクを回避する、これがキャッシングが他のローン商品と比べて高金利である理由でもあるのです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧