キャッシングアカデミー

限度額ギリギリまで借りるなら、借入件数に注意!

Dollarphotoclub_58672055

キャッシング会社が限度額を決める際に注目するのが、借りる時点での他社の借入状況です。いくら借りているか、きちんと返済しているか、今までに滞納や遅れがないかも含めチェックし信用度に応じて限度額を決定します。このページでは、キャッシングやカードローンを利用する際の利用限度額について解説しています。

キャッシング・ローンの利用限度額

キャッシング・ローンで利用できる限度額は、会社ごとの審査によって決まります。申込内容をもとに、借り入れた金額、返済状況、残高、融資件数などの情報を管理する個人信用情報機関に問い合わせ、融資できるか、限度額はどれくらいかといったことを判断します。

審査のポイントは、「年齢・職業・勤続年数・収入・過去もしくは現在の借り入れ状況があるかないか」などです。

キャッシング会社が限度額を決める際に注目するのが、申込をした人の借入件数です。
借入れ件数が多ければ多いほど、金融会社からの信用度は低くなり、限度額も下がります。

  • 借入1件 限度額100万円の人
  • 借入3件 限度額合計100万円の人

では、信用度が大きく異なります。

1件で、100万円の利用枠を設定できる人と言うのは、収入も返済能力もそれなりに
ある人と評価されます。逆に、借入が3件ある人は、1社当たりの限度額が低いので信用に対する評価も低い人と言えます。

総量規制に注意

銀行ローン以外でのキャッシングは、年収の1/3までしか借り入れができないためそのラインが限度額のボーダーラインとなっています。

いわゆる消費者金融のキャッシングと呼ばれるアコム、プロミス、モビット、などでは、貸金業法の総量規制により、年収の3分の1までしか借入できない仕組みになっています。それを知ったうえで、自分は今いくらあり借り入れがいくらかを簡単に計算するとあといくらくらいなら借りれるな、ということがざっくりわかってきます

例えば、金利が、5%~15%だとした場合、

10万円や20万円を借りる人は、おおよそ上限金利の15%が適用されます。

金利の計算は、

利息=残高 × 利用日数 × 利率 ÷ 365

なので、10万円を1か月借りた場合、金利15%と計算すると

100000×30×0.15÷365=1232

元金と金利を合わせて、1ヶ月後に101232円の返済が必要になります。

もちろん、借りる会社から得られる信用度によりますので、一概に1/3ぎりぎりまで誰もが同じように借りれるというわけではありません。

限度額に期待して、多くを借りてコツコツ返済するよりも、金利は少々高くても借りる→完済するをまめに繰り返す方が安全な借り方と言えそうです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧