キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシングには限度額がある!?総量規制とは

Dollarphotoclub_23237025

キャッシングをする上で気を付けなくてはいけないのが「総量規制」という法律。総量規制は複数社でのキャッシングの借入が決められた限度額以上は規制されることです。たくさんお金を借りたくても、借りられる上限が決まっているので困ることもあるでしょう。 このページでは、総量規制についての詳しい説明と限度額以上借り入れるにはどうしたら良いかを説明していきます。

総量規制とは年収の1/3以上の借入ができない法律

個人向け借入総額は年収1/3を超えてはいけない

総量規制とはそもそも、賃金業法という法律に基づいてお金の借り過ぎや貸し過ぎを防ぐため年収の1/3未満までしかキャッシングできない規制です。
年収の1/3以上よりも借りてしまうと、借りる側は返済が苦しくなってしまい、貸す側はそのため自己破産などをされてしまうと損をするなど、お互いにデメリットが生まれてしまいます。
このため、消費者金融やクレジットカード会社からは複数社から借りても合計で年収の1/3以下までしか借入れることができません。

ただし、「個人向け貸付け」に対してのみの規制であるため、保証人となる場合や法人としての借入を行う際は規制を受けません。
また、事業用資金として個人で借り入れる場合も規制されること無く借入できます。

総量規制の除外と例外

総量規制には「例外」と「除外」があります。
例外とは、借入残高が年収の1/3を超えても例外的に借入れができるものです。
例外の場合には、借入残高に加算されます。
例外には、緊急を要する治療費個人事業主への事業資金としての貸付顧客に一方的有利となる借換えなどがあります。

除外とは、総量規制の対象から除外される貸付のことです。
つまり除外対象の場合、総量規制とは一切関係なく借入が可能です。
借入残高にも加算されることはありません。
除外には、自動者ローン(自動者担保貸付け)不動産購入のための貸付などがあります。

除外 例外
    • 不動産購入のための貸付(そのための、つなぎ融資を含む)
    • 自動車購入時の自動車担保貸付
    • 高額医療費の貸付
    • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
    • 手形(融資手形を除く)の割引
    • 貸金業者を債権者とする金銭消費貸借の媒介
    • 有価証券担保貸付
    • 不動産担保貸付(居宅などを担保とする場合を除く)
    • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付

 

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費(高額医療費を除く)の貸付
  • 配偶者と併せた収入の3分の1以下の貸付
  • 個人事業主に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付を受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付
  • その他として、社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付

総量規制の上限を超えて借りるには

銀行カードローンは総量規制対象外

賃金業法に当てはまるのは、クレジットカード会社や消費者金融などで、賃金業者に当てはまらない「銀行」は総量規制対象外です。
銀行カードローンのなかでも、新生銀行カードローンレイクは金利は少し高めですが2つの無利息期間サービスが選べるので、少額を追加で借りたい場合にはレイクがおすすめです。

ただし、もちろん審査はありますし消費者金融よりも審査は厳しいと言われているので注意が必要です。

総量規制の例外や除外を活用する

総量規制の例外や除外の対象となる目的での借入以外ではおすすめはできませんが、これらを活用することで消費者金融からも借入を受けられることもあります。
銀行で借り入れようとすると、どうしても消費者金融より融資スピードが遅くなってしまったり、審査が厳しくなってしまいます。

また、おまとめローンとして借り入れる場合には、総返済額と毎月の返済額が減り金利が下がる場合などは「顧客に一方的に有利になる借り換え」に当てはまるので、年収の1/3を超えても借入可能です。

総量規制は、ただ意味なくキャッシングの限度額を規制しているわけではありません。
借りる人が苦にならないためにある規制です。
どうしても借りなければならない状態のときには例外や除外が認められています。

規制のない銀行での借入であっても、多額の債務者となると審査には通りにくくなるので、総量規制に引っかかってしまったから銀行カードローンを利用しようとするのも考えが甘いかもしれません。
しっかりと自分に返せる範囲を考えてキャッシングをすることをおすすめします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧