キャッシングアカデミー

キャッシングの上限金利を徹底解説!

キャッシングを利用すると利息は付き物です。その利息はどこの業者も「上限金利」という法律で決められた範囲内で設定されています。 このページでは、上限金利とはどのように決まるのかを説明していきます。 上限金利をしっかり理解し、キャッシングでのトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

キャッシングの上限金利って何?

キャッシングには上限金利と下限金利の2種類の金利がある

きっと皆さんも、キャッシング会社の広告など「実質年率4.7~17.6%」とかなり幅広く金利について述べられているのを目にしたことがあるのではないでしょうか?こんなにも差があるのはなんでなんだろう、と思ったはずです。キャッシングする時の金利の差は一体なんでしょうか?

低い方の金利を下限金利、高い方の金利を上限金利といいます。借入額によってつまり元金によって金利が変わってくるのです。たくさんお金を借りれば金利はより低くなり、逆に少ししか借りない場合には金利は高くなります。この金利は法律で決められており、その範囲内で消費者金融は上限金利を定め、利息を計算しています。

貸金業法が2010年に改正され、上限金利が引き下げられました。10万円までが20%、10万円から100万円までが18%、100万円以上なら15%と定められており、それを超える金利は許されていません。

上限金利とグレーゾーン金利

5年以上前から借入をしている人は要注意

今から5年前に法改正がありましたので、5年以上前に、いわゆるグレーゾーン金利で借入をしていた人は特に注意が必要です。グレーゾーン金利とは、利息制限法の上限金利20%と、出資法の29.2%との間の金利のことを意味します。

法改正前には利息制限法が定める金利の15~20%と、出資法で罰則を定めている金利29.2%の間の金利は、無効な金利であるにもかかわらず、刑事罰や行政処分など罰則がないためグレーゾーン金利での上限金利が横行していました。ですが、5年前の法改正により出資法の上限金利が20.0%に引き下げられましたので、グレーゾーン金利が罰則の範囲内になり、改正貸金業法も相まって、廃止となります。いまは、プロミスやアコム、モビットとった大手はしっかりと法律にのっとった方式を取っています。

ですから、法改正前の5年以上前に、グレーゾーン金利で借入をしていた方は、現在の上限金利以上に返済した金額を請求できます。法改正前にキャッシングをした方は一度自分の金利を調べなおし、法律以上に返済していればその分の返済額を過払い金請求できますので、ぜひとも確かめてみてください。

延滞した場合の上限金利

遅延損害金も上限金利は超えない

延滞した場合はどうでしょうか?どうしても期日に払えない、ということは誰にでもあるものです。緊急な事情があって、泣く泣く延滞してしまったという場合、金利はどうなるのでしょうか?

延滞をした場合でも、法律の範囲内の上限金利で済みます。延滞をした場合、金利は上がりますが、それでも法律の定めた上限金利を超えることはできません。

普通、遅延損害金は契約の時に事前に、金利の○○倍の遅延損害金を支払う旨が定められています。利息制限法によりますと、遅延損害金にも制限があり、利率の1.46倍までと定められています。ですから、例えば10万円までのキャッシングで遅延した場合、上限金利20%×1.46=29.2%が遅延損害金にかかる上限金利となります。

契約の際に損害賠償額の規定がない場合には、そのままの金利が遅延損害金にも適用されます。

下限金利と上限金利についてお伝えしました。ほとんどのキャッシングにおいては、上限金利が適用されます。上限金利とは何か、そして法律で定められている上限金利を超えていないか、を確かめつつキャッシングを行う必要があります。法改正後は規制が厳しくなりましたので、どの金融会社もしっかりと法律を守っていますが、やはり悪徳業者は存在しますので、しっかりと識別する助けになればと思います。

また5年以上前にキャッシングをされた方は、グレーゾーン金利ではないかを今一度確かめられてください。ひょっとすると、過去に必要以上に払っていて、請求するとお金が逆に返還される、なんてこともあるかもしれません。ぜひ金利についての正しい知識を身に着け、正しいキャッシングをご利用下さい。

希望条件でキャッシングを選ぶ

金利をなるべく抑えるのにお
すすめの消費者金融・銀行