キャッシングアカデミー

キャッシングの利息払い過ぎ?と思ったら過払い金請求をしよう

最近CMでも良く見かける「過払い金請求」。消費者金融で融資を受けた際には利息が取られますが、その際に利息を払い過ぎている可能性があります。その払い過ぎた利息を返還してもらうためには弁護士に相談するか、自分で手続を踏んで請求を行う必要があります。どちらの方法でも注意すべき点があります。 このページでは、利息を払い過ぎているのはどのような人か、払い過ぎた利息を取り戻すにはどうすれば良いか、過払い金請求をするとき注意すべき点を説明していきます。

キャッシングの利息を払い過ぎている人とは?

法律で規制された以上の利息を払っていると払い過ぎ

グレーゾーン金利という言葉をお聞きになったことがおありでしょうか?グレーゾーン金利とは、平成22年の法改正前の金利の話です。法改正前には利息制限法が定める金利は15~20%でした。一方出資法で「罰則」を受ける金利は29.2%と定められていたのです。

つまり、多くの消費者金融が、法律違反だけど、罰則規定がない範囲(20%以上29,2%未満)での金利で貸付を行っていたということです。しかし、平成22年6月18日に出資法改正により上限金利が20.0%に引き下げられたことで廃止されました。同時に貸金業法改正が行われ、利息制限法の上限金利を超える金利にも、貸金業法による行政処分の対象となることが明示されます。上限金利は20%に統一された、ということです。

この、法改正前のグレーゾーン金利を払っていた方が利息を払いすぎている可能性がある、というわけです。

払い過ぎた利息は請求できる

個人でも払い過ぎた利息を請求することは可能

このグレーゾーンを払っていて、利息を払いすぎた場合、個人でも請求できます。これがいわゆる「過払い請求」です。まず、必要書類ですが、取引履歴引き直し計算書、そして過払い金返還請求書です。返還請求の流れとしては以下の様になっています。

  • ①取引履歴の取得
  • ②取引履歴を確認し過払い金を計算
  • ③該当する金融会社に過払い金請求
  • ④和解交渉
  • ⑤裁判所に過払い金返還請求訴訟提起
  • ⑥裁判、過払い金返還金額の和解交渉
  • ⑦過払い金の返還

となります。

弁護士に相談して請求するのがおすすめ

確かに個人でも過払い請求は可能です。がかなり面倒くさいことも確かです。それで、法の専門家である弁護士に頼むなら、時間と手間を大幅にカットできます。また面倒な和解交渉も弁護士が引き受けてくれますので、精神的にもとてもメリットがあります。

過払い金請求をするときの注意点

信用情報に傷がついてしまうことも

過払い請求を行うと、信用情報に傷がつくのでしょうか?状況によって信用情報に傷がつく場合があります。それは一体何かというと、過払い請求をする時点で借金をしており、返還されたお金で任意整理をすると、信用情報に事故情報として登録されてしまいます。

一方、借金を完済している場合に行う過払い金請求には何の問題もありません。

・過払い金請求には時効がある

時効に注意してください。過払い金請求には10年という時効が存在します。ですから、過払い請求は一日も早く行う方が良いでしょう。

キャッシング会社の提案は安易に飲まない

過払い金請求を行うと、多くの場合消費者金融は示談の交渉など、なるべく過払い金を返還しないで良いように交渉してきます。

「半額を返還します」とか「今の借金をすべてチャラにします」といったように交渉してくるようです。そうして交渉に安易に乗ることがないようにしましょう。正当に請求できるお金ですので、しっかりと全額返還してもらいましょう。

弁護士選びは慎重に

弁護士とひとえに言っても、それぞれ専門分野があります。ですから過払い金請求得意とした弁護士を選ぶようにしましょう。その方がスムーズに話が進みます。また、弁護士に払う費用、もしっかり考えなければなりせん。せっかく過払い金が帰ってきても、その分弁護士費用、手数料などでとなくなってしまわないようにしましょう。

今はインターネットで検索すればたくさん過払い金請求を専門としている弁護士が紹介されています。口コミ・実績を確認して依頼するようになさってください。

過払い請求についてご説明してきました。グレーゾーン金利を払っていた方は特に注目できる情報だったのではないでしょうか?返済しすぎた利息は当然、請求できます。個人で過払い金請求を行う場合の手順、書類を再度確認なさってください。

弁護士に過払い金請求を依頼するのはとても大きなメリットがあります。手間と時間、そして精神ストレスを減らすことができます。弁護士を選ぶ際も、専門性や費用をしっかり比較考慮しながらお選びください。

希望条件でキャッシングを選ぶ

金利をなるべく抑えるのにお
すすめの消費者金融・銀行