キャッシングアカデミー

銀行のカードローンの金利比較とおススメの利用シチュエーション

Cache_43

銀行でキャッシングをするのと消費者金融でキャッシングをするのとでは、多くの人が銀行でキャッシングする方に安心感があると思います。銀行の金利は15%に満たないところが多く、非常に安心して借入ができます。このページでは、消費者金融の金利と比較する形で、銀行カードローンでキャッシングしたときの金利と、銀行でキャッシングするべきオススメのシチュエーションについて紹介していきます。

銀行のカードローンの上限金利は14.0%前後が一般的

一般的に銀行のカードローンの金利は固定ではなく契約期間や限度額に応じて金利が変動いたします。銀行のカードローンの上限金利で14.0%前後が目安となっています。消費者金融の上限金利が17.8%なので、銀行のカードローンの上限金利は消費者金融の金利に比べると低くなっております。キャッシングの金利の差を前もって調べておくことをおすすめします。

銀行のカードローンの金利が低い理由としては銀行のカードローンのほうが審査に厳しいからです。銀行ということもあり、申込者を慎重に審査し、「返済能力があるか」・「信用情報で過去に支払い遅延を起こしていないか」などを確認しして信用できると判断できた人にだけ、融資を行います。

そのため、勤務年数が極端に短かったり、収入があっても少なかったりする場合、返済能力に疑問符が付きますので、銀行はキャッシングに慎重になってしまいます。ですが、そこを突破し銀行から信用され返済能力があるとされれば、低い金利で多くの融資を受けることも可能になる、というわけです。

大手銀行のカードローンの金利比較

では、具体的に大手銀行カードローンの金利を比較してみましょう。

銀行名 金利 詳細
三菱東京UFJ銀行 年1.8~14.6% 詳細
みずほ銀行 年3.0~14.0% 詳細
住信SBI銀行 年1.99~7.99%
じぶん銀行 年3.9~17.5%

以上の比較を見てもわかるように、三菱東京UFJ銀行のカードローンをはじめ、メガバンクの上限金利は14%前後となっております。住信SBI銀行だけ他の銀行のカードローンに比べて上限金利が低いですが、これは例外だと思います。

では比較のため次に、大手消費者金融の金利を見てみましょう。

キャッシング 金利 詳細
アイフル 年4.5%~18.0% 詳細
アコム 年3.0%~18.0% 詳細
プロミス 年4.5%~17.8% 詳細
モビット 年3.0%~18.0% 詳細

銀行のカードローンの金利と比べると下限金利はさほど変わりませんが、上限金利が3.0~4.0%ほど高くなっているのがわかります。この金利を考えると、やはり審査に関していえば、消費者金融のほうが銀行のカードローンよりもお金を借りられる人の幅は広いのではないのでしょうか。アルバイトやパートでも安定した収入があれば申し込むことができるのも大きな強みです。

大口+長期間キャッシングなら銀行がおすすめ

銀行のカードローンならたくさん借りても返済額が少ない

消費者金融と銀行カードローンのどちらが優れていて、どちらが劣っている、という比較はできません。それぞれにメリット・デメリットが存在するからです。例えば小口融資が緊急に必要な場合や、即日にキャッシングしてほしいという方には消費者金融で契約するほうをお勧めします。無利息期間も存在しますので使いようによってはとても助かるでしょう。インターネットでの申し込みも簡単にできるようになっています。

銀行カードローンを利用するお勧めのシチュエーションは、大口+長期間キャッシングの場合です。借金の返済は、いくら借り入れるかという借り入れ総額だけでなく、どれくらいの時間をかけて返済するかという返済期間もとても大事になってきます。多額のキャッシングを受ける場合は当然ながら、返済は長期計画になるでしょう。そういった場合には、金利の面で有利な銀行カードローンがお勧めです。金利はお金を借りる際に必ずついて回る問題です。ぜひ慎重に選びながら、自分にぴったりのカードローンをチョイスし申込なさってください。

安心感が高い銀行カードローン。大手の銀行というだけでも、安心するものです。ですが、14%の金利で借りるためには審査が少し厳しめなのも、また事実です。しっかりとした審査をすることで、14%の金利に設定できているわけです。貸し倒れなんてことにならないように、銀行側も慎重になっています。

逆に言えば、そこを突破できればとても楽にキャッシングの返済ができるようになります。一度キャッシングを見直し、おまとめローンとして銀行カードローンを利用してもよいかもしれません。一方、30日間無利息サービスなどを展開している消費者金融もありますので、ぜひ自分のシチュエーションにあわせて最適なカードローンをチョイスなさってください。

希望条件でキャッシングを選ぶ

金利をなるべく抑えるのにお
すすめの消費者金融・銀行