キャッシングアカデミー

最終更新日:

キャッシングの金利って?その意義と計算方法を紹介

Cache_27_r0224

キャッシングの話をすると、「金利」という言葉は非常によく出てきます。借りたお金よりちょっと多くお金を取られる手数料みたいなもの程度の認識でいると、もしかすると余計にお金を取られていることに気づかないまま、ということもあり得ます。このページでは、金利について基本から説明していきます。金利はキャッシングするうえでとても重要なことですので、是非覚えておきましょう。

キャッシングは金利はお金のレンタル料

借りた額以上に返済するのは金利がかかるから

審査に通った後、10万円をカードローンなどでキャッシング会社から借りた時、10万円+αをキャッシング会社に支払いをしなければなりません。この+αの中にはキャッシング会社の儲けや人件費などが含まれています。ざっくりいうと、この+αで金融会社はもうけを出している、というわけです。各大手消費者金融・銀行カードローンでキャッシングした時の金利を比較してみると、大きな差はありませんが金利の違いはあります。

この+αのお金がどれくらいになるかを計算するときに必要なのが「金利」と呼ばれるものです。良く実質年率4,0~18,0%なんて書かれていますよね。それが「金利」として理解してください。

金利は1日毎に返済額を増やす「毒」のようなもの

金利さえなければ、借りたお金つまり元金だけを返済して終わり、何ですが、やはりそうはいきません。金利は一日ごとに少しづつ返済額を増やしていきます。ですから、なるべく早く返済することが、とっても大事になってくるんです。実際、どのように金利はどのように設定されているのでしょうか?

それは次ような計算方法ではじき出されます。

借りたお金(元本)×金利÷365日×返済日数=利息

この式はアコムやプロミスといった消費者金融だけでなく、銀行カードローンにおいても同じです。

具体例で計算してみましょう。例えば、10万円を金融会社から借りたとします。金利は18%、返済日数は30日の場合、次のように利息は計算されます。

10万円×18%÷365日×30日=約1,479円

金利と一年間365日というのは動かしがたいものです。ですから、利息を少なくするためには、借入額として元本を少なくするか、返済日数を少なくするか、を選択しなければならないということがわかります。

金利と利子・利息の違いは「%」か「円」か

金利は%、利子・利息は実際の金額

さて、今までの所で、「金利」と「利息・利子」という言葉が出てきました。それぞれの言葉の違いについて明確にしておきましょう。ポイントはまず単位が異なるということです。「金利」は%「利息・利子」は円となります。「金利が○%だから、利息・利子は○円になるね」という考え方です。

たまに、ごっちゃになっている方がおられますので、ここでしっかりと認識しておきましょう。

利子は貰うお金、利息は払うお金

ついでに利子と利息の違いについてもご説明します。利子はもらうお金、利息は払うお金です。つまり、それぞれの立場によって言葉が変わってくる、ということです。お金を貸した金融会社が「受け取る」のが利子、そしてお金を借りた利用者が「払う」のが利息、といいうことになります。

キャッシングするときに重要なのは金利の上限

金利上限は法律で20%と決まっている

日本の法律では、金利に上限が設けられています。一昔前には「高利貸し」なんて言葉もあり、法外な金利をかけていた悪徳金融もあったようですが、今ではきちんと法律の下、最高でも金利は20%までと定められています。借りる金額によっても少し違います。10万円までの場合ですと上限20%、10万円以上100万円未満になると上限18%、100万円以上で上限15%と定められています。それ以上の金利を要求する業者は、違法行為を行っていますので、注意しましょう。

消費者金融は金利の最高上限が低いところを選ぶ

もう一つ注意しないといけないのが、上限金利と下限金利です。消費者金融などでよく目にするのは「実質年率4,7%~17,0%」ではないでしょうか?数字に多少の違いはあっても、かなり金利に差があります。低い方の金利を下限金利、高い方を上限金利といいます。

普通のキャッシングでお金を借りた場合、上限金利が適用されます。ですから、いくつかの消費者金融・カード会社を比較される場合に、金利は上限金利を比較し、利息はいくらになるかを考えておく必要がある、ということです。なるべく上限金利が低いキャッシング会社を選択し申し込みすることをおすすめします。

金利とは一体何か、についてご説明いたしました。わかっているようでわかっていない、ということがあったのではないでしょうか?金利は%であらわされ、借りたお金の何%を上乗せして返済すればよいかを計算するときに使う数字です。それに対し、利息・利子は実際に払うお金を意味します。利息は借りた側が払うお金、利子は貸した派側がもらうお金をそれぞれ指しています。

普通、この金利は上限金利を比較する必要があります。上限金利が低いキャッシング会社を選択すれば、利息として払うお金も少なくて済み借金を早めに返済できます。いくつかの条件がそろえば、サービスで金利が無料という会社もあります。金利・利息・利子について自分でしっかりと理解し、正しい知識を身に着けたうえでキャッシングをするようになさってください。

希望条件でキャッシングを選ぶ

金利をなるべく抑えるのにお
すすめの消費者金融・銀行