キャッシングアカデミー

「WEB明細」の利用で、郵送なしのキャッシングが可能

Cache_37

キャッシングを利用すると、利用明細が送られてきてしまい家族にばれるのではないかと心配になり、「何を心配しているの……?」と怪しまれてばれてしまう、なんていうこともあるそうです。 そんなときはWEB明細サービスを利用すれば家族にばれる心配がなくなります。 このページでは、WEB明細サービスが利用可能な会社、WEB明細を利用するときの注意点について説明していきます。

ほぼ全てのキャッシング会社でWEB明細は利用可能

そもそもキャッシングやカードローンの利用明細は「貸金業法」という法令が改定されたことによって必ず発行しなくてはいけないと決められています。
では、その明細を自宅に届かないようにするためには、インターネットで照会しパソコンやスマートフォンの画面だけでキャッシングの請求額や利用内容が分かる「WEB明細サービス」が活躍します。

契約後にWEB明細希望を選択すれば明細の郵送無し

結論から言いますと、ほとんどすべてのキャッシング会社でWEB明細を利用することができます。ほとんどのキャッシング会社では申し込み時に、自宅郵送かWEB明細かどちらかを選択できるようになっています。なにも変更をしなければ基本的には自宅郵送になってしまいますが、しっかり注意しWEB明細を利用するように登録しておけば、自宅への消費者金融からの利用明細書を郵送停止することができます。ある消費者金融では、契約後にWEB明細の設定をしなければならないようです。しっかりと、確認をしながら、契約後にするのか、それとも申し込み時でいいのか、用心には用心を重ねて慎重にご利用ください。

今はこのWEB明細が主流となっているようです。利用者側にも「家族にばれにくい」というメリットがありますし、消費者金融側にも郵送費用の削減となりますので、両者にとってとても都合の良いシステムとなっているからです。加えてWEB明細にしておけば、キャッシングが家族にばれないだけでなく、ペーパーレス化で身の回りもすっきりしますし、大事な書類を無くしてしまう危険もなくなります。また、いざという時にはダウンロードすることもできますし、現在のキャッシング利用状況や返済期限などもすぐにチェックできるというメリットもあります。消費者金融によっては新規申込み時にWEB明細サービスの利用登録とメールアドレスを登録することを条件に、「無利息サービス」といった恩恵を受けることもできます。WEB明細の利点をしっかりと理解して利用するようにしましょう。

WEB明細利用時の注意事項

WEB明細を希望しないと郵送物が届く

当然といえば当然なのですが、WEB明細を希望しないままですと、自宅に郵便物が届いてしまい家族にばれてしまうことになりかねません。もちろん、宛名に消費者金融の名前がでかでかと載って郵送されてくることはほとんどありませんが、それでも家族に郵送物を開かれて中身を見られると、キャッシングしていることがばれてしまうでしょう。

ですから、申込時にしっかりと二重、三重にチェックをし、自宅郵送ではなくWEB明細にしてインターネット上でのやり取りをメインにしましょう。申し込み時にしっかりとWEB明細の設定にしておけば、よっぽどのことがない限り、郵便物から家族に借金がばれてしまう、ということはありません。

自宅のPCアドレスをWEB明細の郵送先にすると家族にバレる可能性有

もう一つ注意したいのが、WEB明細の郵送先を自宅のPCアドレスに設定すると、家族にばれる可能性があるという点です。家族であればだれもが見られる共通で使っているアドレスではなく、利用者本人のみ利用できるアドレスをWEB明細に設定するようにしましょう。

また、返済が滞ってしまえば、自宅に催促の郵便物が届いてしまう可能性があります。基本的な事として、返済期日は必ず守るようにしましょう。もしどうしても間に合いそうになければ、正直に金融会社に連絡すれば、事情を酌んで対応してくれるでしょう。

以上、家族に余計な心配をかけないように、WEB明細の利用方法と注意点についてご紹介しました。申し込み時に、または契約の後、WEB明細をしっかりと設定し、自宅に郵便物が送られてこないように注意しましょう。インターネットを賢く利用し、家族に余計な心配をさせることなく、キャッシングを利用するようになさってください。そして、家族にばれたくない人ほど、返済期日をしっかりと守り、計画的にキャッシングを利用するべきだ、という点を忘れないようにしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

誰にもばれないでに借りられ
る消費者金融・銀行