キャッシングアカデミー

キャッシングの審査でばれずに在籍確認を行うコツ

Cache_48

キャッシングの審査の際には在籍確認が行われます。 会社に電話をかけて、申し込み者が実際に在籍しているか、つまり申請内容に嘘がないかを確認することが目的です。 この記事では、どうして借り入れの審査で在籍確認をするのかということから、どのタイミングで行われるのか、落ちた場合の対処方法など在籍確認について詳しく説明していきます。 また、在籍確認の電話をなくす方法も紹介しますので、電話確認が嫌な人も必見です。

何故キャッシングの審査に在籍確認があるのか

キャッシングの審査に在籍確認がある理由は、記載された書類に嘘がないかを確認することだけではありません。
実際にその会社に在籍していることが分かることで、申請者は本人なのか、年収がしっかりあるのか、という判断も出来ます。

消費者金融や銀行系金融などの金融会社は、「貸付をした後に返済してくれる人だ」という情報が必要なのです。(そうしないと利益になりませんから。)
キャッシング契約の最終選考として返済能力の有無が電話による在籍確認であると言えます。

また在籍確認の電話によって、会社にキャッシングをしていることがばれて、そのまま家族にも知られるという不安を抱いてる方もいるはずです。しかし消費者金融・銀行カードローンによる在籍確認でキャッシング・カードローンの利用がばれる心配はほぼない、と考えてかまいませんキャッシング利用者には十分にプライバシーの配慮がされるので、誰でも安心してお金を借りやすいようになっています。

どのタイミングで在籍確認が行われるのか

通常、在籍確認は最後の方に行われます。勤務先に電話までかけておいて、キャッシングの審査に通らなかったというのは利用者側も金融会社側も嬉しくないからです。

そもそも、申請者からしたら在籍確認自体が嫌なものです。いくら金融会社は業者名を名乗らず職場へ個人宛に電話をかけてくるとしてもです。
(バレないようにしなくてはいけないと貸金業法という法律で決まっています。職場や同僚にもバレないので安心できますね。)

そのため、金融会社も殆んどの審査が終わって、在籍確認が出来れば貸付可能というタイミングで電話を入れることが多くなっています。

在籍確認の流れを電話例で知ろう

ここで在籍確認の流れを簡単に電話の例を使って紹介します。

金融会社「私○○と申します。○○(債権者名)様はいらっしゃいますか?」所属会社「はい。○○(債権者名)ですね。○○は?」

個人名を使われますが、金融会社がバレないように話してくれます。○○は?の後は上手く調整して、電話が終わります。こうして在籍確認が取れました。

では以下の場合はどうなるのでしょうか?

金融会社「私○○と申します。○○(債権者名)様はいらっしゃいますか?」

所属会社「○○(債権者名)は外出中(または会議中など)です」

金融会社「かしこまりました」

所属会社「申し訳ありません。折り返し連絡いたします」

金融会社「現在、出先ですので結構です。ありがとうございます」

こちらも在籍していることが分かるので大丈夫です。兎に角、本人が居ようが居まいが「在籍していること」が分かれば大丈夫ということが分かります。必ず本人が居なくてはいけないということがないので安心です。

在籍確認の電話をして欲しくなかったら用意すべき3つのもの

在籍確認の電話がどうしても嫌な人には、用意しておけば電話がかかってこない三種の神器がありますが、その前に金融会社の担当者を説得することから始まります。基本的には在籍確認は必須です。そのため、やむおえない事情があることを説明しなくてはいけません。その上で、以下のものを用意してください。

  • 給与明細
  • 健康保険証
  • 在籍証明書

これがあると勤務先に在籍していることがわかるため、電話がかかってくる心配はありません。少し気をつけて欲しい点としては、会社や店舗、状況によってこの3点で確実とは言えないことです。

落ちるというのはレアケース

実は、在籍確認まで行って落ちるというのはレアケースです。先述した通り、金融会社は最終段階で在籍確認をします。ほぼ問題がないから、在籍確認で最終チェックと考えていいでしょう。

そのため、在籍確認が出来なかった場合を除いて、落ちるのはレアケースです。また、在籍しているはずなのに在籍確認で在籍していないことになってしまったというケースもあります。

在籍しているのに在籍してないと言われるケース

  • 大手企業のため、受付が把握していない
  • 基本的にそういった電話には「在籍していない」と答えるルールがある
  • 名前の聞き間違えや個人にかかってこない会社のため「分からない」と答えられてしまう

そういった人たちは残念ながら在籍していないという扱いを受けることになります。そのため、審査に落ちました、と言われる場合もあります。

しかし、理由を説明することで金融会社によってはその対策や措置を取ってくれているところもあります。

例えば、社員証を持って来れば大丈夫だったり、書類を書けば大丈夫だったり…。場合によっては、在籍確認が出来るまで融資希望額よりも低く貸し付けてくれることもあります。ただ、金融機関によって対応が違うため、在籍していないということになったら確認してみましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

誰にもばれないでに借りられ
る消費者金融・銀行