キャッシングアカデミー

クレジットカードの引き落とし、残高不足にならないための対策法

今やショッピングや食事などの支払いにクレジットカードを利用するのは当たり前のような感があります。ただ中には、引き落とし日を忘れていたり、残高不足で支払いができなかったりしたという方も少なくないようですが、ここではその様なミスを避ける方法について紹介します。

利用するカードは1枚にして、引き落とし日を管理しよう

クレジットカードの発行枚数は、3億2千枚を超えていているというデータもありますが、1人当たりに換算すると3枚ほど保有しているということになります。なかには5枚以上、10枚以上と所有している方もいるようです。

確かにクレジットカードの発行会社によって提供されるサービスが異なりますので、何枚かクレジットカードを持ちたくなる気持ちは理解できますが、クレジットカード会社によって支払い日が違っていますので、複数のカードを保有しているとその管理だけでも大変です。クレジットカードの保有は、必要最小限度に、出来れば1枚にまとめた方が、支払い日の管理等は楽になります。

引き落とし口座の残高を把握して残高不足を防ぐ

クレジットカードを利用すれば、必ずクレジットカード会社から利用状況とその引き落とし日、引き落とし金額などの連絡の通知がハガキなどで届きます。

通知が届いたらその金額に見合う残高が口座に残っているか確認することが肝心です。口座の残高を把握しておくことで、残高不足を防ぐことができるようになります。

クレジットカードの利用状況や引き落とし日、引き落とし金額などについては、利用しているクレジットカード会社のホームページからでも確認できるようになっていますし、最近の銀行では銀行に赴くことなく、インターネットを利用して自宅に居ながら自分の口座の残高を確認できるようになっていますので、常にチェックされることをおすすめします。

どうしても足りないときにキャッシングで支払うメリット

引き落とし日が給料日の直前で、どうしてもお金がたりないという時には、一時的にキャッシングをして支払い、給料が入った時にキャッシング会社に返済するという方法もあります。

支払いが遅れると信用をなくしますし、特に信用を点数化した情報では遅延行為や延滞行為が一番危険とも言われています。信用をなくしてしますと住宅ローンや学資ローンなどを含む新たな融資を受けることが困難になります。

その危険を避けるためにもキャッシングで一時的に急場をしのぎ、給料日に返済するようにします。短期間のキャッシングなら利息金額もそれほど多くはありませんし、キャッシング会社の中には、短期の融資なら利息なしというところもありますので上手に利用したいものです。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧