キャッシングアカデミー

イオンカードのキャッシング枠よりお得ですぐお金を借りる方法

Cache_15_p0039

イオンカードにはキャッシング機能を持つカードもあり、国内だけでなく海外でのキャッシングも可能で、海外では現地通貨での引き出しにも対応しています。イオンカードはショッピングでポイントなどの特典があり、なおかつキャッシング枠も付けられるので多くの主婦から利用されています。 しかしイオンカードのキャッシング枠は決して低い金利ではなく、場合によってはキャッシング枠よりお得にお金を借りる方法もあります。このページではイオンカードのキャッシング枠の使い方・増額方法とイオンカードのキャッシング枠よりお得な銀行のカードローンについて紹介します。

みずほ銀行カードローン

mizuho_banner_20170623_pc

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大1,000万円 
実質年率
年3.0%~14.0% 

みずほ銀行に申し込み

主婦におすすめのイオンカードのキャッシング枠は1万円から利用可能

イオンカードはイオングループでのお買い物で割引やポイントなどの特典があるので、多くの主婦の方が利用しています。イオンカードのキャッシング枠は、1万円以上、1万円単位から利用でき、利用可能枠の範囲内であれば繰り返し利用できます。金利は7.8%~18.0%、遅延損害金は実質年率20.0%となります。

今日中にお金を借りたいならネットキャッシング

忙しくてATMに行けないときは、イオンカードの「ネットキャッシング」がおすすめです。ネットや電話から申し込みでき、カード設定口座へ現金を振り込んでくれるシステムもあります。またイオン銀行口座を持っていれば24時間365日、即時振り込みができるうえ、振込手数料が無料なのでイオン銀行の口座を持っておくと大変便利です。申込の手続きが完了した後にキャンセルはできないので注意しましょう。
ネットキャッシングするための手順は以下の通りです。

  • ①My Pageにログイン
  • ②利用可能額を確認
    「ネットキャッシング手続きへ進む」をクリック
  • ③ご希望金額・お支払方法を入力
  • ④申込み内容・カード設定口座を確認
  • ⑤振込完了
    申込み完了後、登録したメールアドレスに確認メールがくる

イオンカードのキャッシング枠の審査基準は安定した収入があるかどうか

イオンカードの審査基準は18歳以上(高校生不可)で、学生や主婦、フリーターの方でも安定した収入がある方なら大丈夫です。ただし、未成年の場合は親権者の同意が必要となります。また、電話連絡が可能なことも条件の一つです。審査は提出書類、面談、電話などでの確認が中心となります。

イオンカードのキャッシング枠の審査に不安ならみずほ銀行カードローン

イオンカードのキャッシング枠の審査に受かるか不安なら銀行のカードローンに申し込んでみませんか。銀行のカードローンの中でおすすめなのは、みずほ銀行カードローンです。みずほ銀行の口座をお持ちならWeb完結申込が可能です。また限度額も最大1,000万円なのでおすすめです。

みずほ銀行の公式サイトへ

利用限度額300万円は増額した場合のみに利用できる

イオンカードのキャッシング機能の利用限度額は300万円です。しかしこの300万円という限度額は「増額審査に通ったのみ」に利用できる金額です。初回の限度額は50万円程度なので最初から300万円のキャッシング枠が利用できるわけではありません。キャッシング枠の増枠方法は次に説明します。
返済方法は「1回払い」と「リボルビング払い」から選択でき、毎月10日までの利用分を、翌月2日に指定の口座より引き落とされる形になります。海外のATMを利用した場合は、返済方法を選択できないので、「リボルビング払い」のみとなります。
1回払い(元利一括返済方法)は11日から翌10日までの利用分を利息と合わせて翌2日にまとめて支払う方法です。利息は利用日翌日から約定日(2日)までの日割り利息がかかり、利用金額(残高)×融資利率÷365日で計算する事ができます。

リボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)とは、利用残高に応じて、毎月一定額(元金+利息)を支払う方法です。例えば2013年4月11日以降、新たに借り入れした会員ですと、利用があったときの締め切り残高が1円~100,000円の場合、月々の支払い額は3,000円となります。

イオンカードのキャッシング枠を増枠する方法

「今の限度額では足りない!」という方にはキャッシング利用枠を増枠する方法があります。ただしキャッシング限度額を増額するには少なくとも半年以上のイオンカードのキャシング枠を定期的に使った「利用実績」が必要です。すんなりと増額できるわけではないので場合によっては、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの方が迅速にかつ、お得にお金を借りれる可能性があります。ここではイオンカードのキャッシング枠を増枠する方法を紹介します。

イオンカードのキャシング枠を増枠する方法は以下の3つあります。

  1. イオン会員専用サイトMy Pageから申込
  2. コールセンターに電話
  3. イオン店舗にある変更届を提出

いずれの方法でも申込はできますが一番お手軽に増額申請するなら①のMy pageから増額申請することをオススメします。インターネットから「My Page」にログインし、「カード登録内容照会・変更」をクリックした後に「増額申請」のボタンがあるのでそのボタンをクリックしたら申込に進めます。

上記でキャッシング枠を増枠するためには「利用実績」が重要だと説明しましたが、支払遅延や延滞などの事故履歴があったら増額審査に通る可能性は大幅に減ります。やはりクレジットカード会社側も利用者の信用力を見て増額するか判断するので、過去に返済が遅れるといった履歴があるとどうしても増額しにくいのです。

イオンカードキャッシングのデメリット

イオンカードのキャッシング枠を利用するときのデメリットとしては以下の2点があげられます。

  • 「銀行口座がイオン銀行でないと即日融資しにくい」
  • 「金利がやや高い」

イオンカードを使ったキャッシングは指定した口座がイオン銀行なら即日融資に対応してますそれ以外の口座だと即日融資に対応しにくいです。午前中に申しこめば問題ないのですが、15時以降などとなると審査回答や融資可能となるのが翌営業日となってしまいます。また金利は7.8%~18.0%と消費者金融と変わりはないので決して低い金利とはいえません。金利が高いのが気になる方は「イオンカードのキャッシング枠より金利が低いサービス」を利用するのをオススメします。

イオンカードのキャッシング枠よりお得?銀行のカードローンとの違い

何かと便利なイオンカードですが「キャッシング」の面でいうと銀行カードローンの方がお得かもしれません。イオンカードのキャッシング枠と銀行カードローンの大きな違いは金利です。イオンカードのキャッシング枠の金利が7.8%~18.0%に対して大手銀行カードローンの金利は平均4.0%~14.0%前後です。金利に差があるとなると当然利息にも差は出るので、返済総額でいったら銀行カードローンの方がお得と言えます。

カードローン名 金利 限度額 特徴 詳細
イオンカード 年12.0%~18.0% 300万円 増額審査は1週間以上かかる場合がある
イオン銀行の口座を持っていれば即時融資可能
三菱東京UFJ銀行 年1.8%~14.6% 500万円 三菱東京UFJ銀行の口座不要 詳細
みずほ銀行 年3.0%~14.0% 1,000万円 みずほ銀行の口座をお持ちならWeb完結申込可能 詳細
オリックス銀行 年1.7%~17.8% 800万円 全国95,000台以上のATMで手数料無料 詳細

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧