キャッシングアカデミー

クレジットカードのキャッシング枠を減額するメリット

Dollarphotoclub_57189045

クレジットカードには、ショッピング枠のほかにキャッシング枠もついているカードが多くあります。個々の返済能力によって初めに使える額が設定されています。うっかり使ってしまいそうだからそもそも減額したいという方、なくしてしまったときに使われてしまうリスクを避けたいという方に、キャッシング枠を減額する方法を紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠より便利なカードはコレ!⇒
クレジットカードよりも簡単にたくさんのお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング枠の利用限度額

クレジットカードにもキャッシング枠(利用限度額)が設定されていますが、決められたキャッシング枠以内であれば何度でも借入が可能です。キャッシング枠は、返済能力に応じて設定されるため、一般的に収入が多い人ほど限度額が高くなります。クレジットカードのキャッシング枠をショッピング枠の半分程度という会社が多いようです。

キャッシング枠を増額したいという方がいる一方、減額したいという方も少なくないようです。クレジットカードを何枚も持っている場合や借金がある場合などは、クレジットカード会社から希望するキャッシング枠を減額される場合もあります。

最大キャッシング枠はクレジットカード会社によって異なり、例えば三井住友VISAカードクラシック100万円、JCBカードや楽天カードのキャッシング枠は50万円などとなっているようです。最大キャッシング枠がそのまま利用できるわけではなく、年収、職業、現在の借り入れの有無など利用者の属性などでキャッシング枠は決定されます。

キャッシング枠を減らす理由

キャッシング枠の限度額は高ければいいというものではなく、出来るだけ必要最低限に抑えることが大切です。キャッシング枠を減額するのは、利用できる金額が多いとついつい借り入れをしすぎてしまい、返済が大変になることを理由に挙げている人もいます。

また、クレジットカードのキャッシング枠が大きいと、住宅ローンやカーローン、カードローンなど新たにローンを申し込む際に不利になることを心配して減額する人もいます

その他にも、カードの紛失やスキミニングなどカード犯罪の被害に遭遇した場合、被害額を最小限にするために、キャッシング枠を減らしたいという方もいるようです。キャッシングをあまり使用することがなければ、防犯のためにも限度額を抑えた方が無難なようです。

キャッシング枠の減額方法

キャッシング枠を減らすには直接電話で申し込む方法とインターネットから申し込む方法があります。減額の申し込みができるコールセンターの電話番号はクレジットカードの裏に記載されている場合もありますが、ホームページにも紹介されています。

クレジットカード会社によってはインターネットでの申し込みを受け付けていないところもあるようですので注意が必要です。ただ減額は増額の申し込みのように厳しい審査はないため、簡単に減額が認められます。

減額だけではなくキャッシング枠をゼロにすることも可能な会社も多くありますが、一度減らすと増額する際に審査がある点には注意が必要です。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧