キャッシングアカデミー

最終更新日:

クレジットカードのキャッシング枠利用は金利に注意!

Dollarphotoclub_61996331

クレジットカードのキャッシング枠は金利が高い

クレジットカードでもキャッシングを利用することができます。普段クレジットカードで買い物する際に利用しているのは「ショッピング枠」という枠で、そのなかに「キャッシング枠」という枠で現金を借り入れできる機能がついています。お金を借りることなので、もちろん金利はかかってくるのですが、ほとんどのクレジットカードのキャッシング枠の金利は高めに設定されており、クレジットカードのキャッシング枠は多くの消費者金融の上限金利と同じ18%になります。法律で決められている上限金利の20%に近いため高めの金利と言えます。

キャッシング枠の下限金利は15%で消費者金融や銀行カードローンと比べても10%近く高いですが、借入額が100万円未満だと18%に設定され、100万円以上だと15%に設定されることがほとんどです。クレジットカードのキャッシング限度額は80万円で高いと言われるため、100万円以上を借り入れること自体難しいのでクレジットカードのキャッシングでは上限金利である18%が適用される可能性が非常に高くなっています。

消費者金融も比較的金利が高い方であり4%~18%となっていますが、下限金利はクレジットカードのキャッシング枠よりも非常に低いため、多く借りるのであれば消費者金融のほうが金利が低くなります。

銀行カードローンは4%~15%の間に設定されることが多く、クレジットカードのキャッシング枠とは上限金利も下限金利も異なっています。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は基本18%

どこのクレジットカード会社を利用しても、キャッシング枠の金利は大して差がでません。どこのクレジットカード会社でもキャッシング枠の金利は15%~18%ですが、実際キャッシングをすると18%の金利が適用されることが多いです。
イオンカードACマスターカードのように、キャッシング枠の下限金利が7.8%、3.0%などのクレジットカードもありますが、キャッシング枠の金利がもともと18%で固定されているクレジットカードのほうが多いです。

金利で選ぶならキャッシング枠よりもカードローン

クレジットカードのキャッシング枠の金利はどこも高い

何度も書いていますが、クレジットカードのキャッシング枠はなにを選ぼうとも高く、キャッシングの金利が低くて良いクレジットカードを探すことは難しいです。

お得にキャッシングしたいと思うのであれば、金利の高いクレジットカードのキャッシング枠はおすすめできません。普段カードローンを利用していない人が、お手軽にキャッシングを利用することができることはメリットですが、無駄に利息を払ってしまうデメリットを打ち消すことはできないと思います。

キャッシング枠に不満ならカードローン

ここまででクレジットカードのキャッシング枠の金利では不満という人も多くいるでしょう。

そのような人には消費者金融や銀行カードローンがオススメです。消費者金融や銀行カードローンの金利は、クレジットカードのキャッシング枠と違い下限金利が広いので、100万円以上の大口融資では金利が15%以下に適用されやすいのです。

すぐに借り入れたい場合は、審査がはやく即日融資が可能な消費者金融がオススメです。もし、すぐに完済するのであれば、アコムのような30日間無利息サービスを利用すると金利は0円でキャッシングできます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧