キャッシングアカデミー

最終更新日:

クレジットカードのキャッシング枠を復活させる方法

Cache_14_p0028

クレジットカードでキャッシングを利用していると、「キャッシング枠」がネックになります。クレジットカードのキャッシング枠は少ない上に、延滞や使いすぎを繰り返すとキャッシング枠がなくなってしまいます。 このキャッシング枠を復活させるには地道な返済やクレジットカードの利用が必要となってきます。 このページでは、クレジットカードのキャッシング枠を復活させる方法を説明します。

キャッシング枠が利用できなくなる2つの理由

クレジットカードのキャッシング枠がなくなることには必ず理由があります。もしキャッシング枠が0円になってしまった場合には、どうして0円になってしまったのか理由を知らなくてはキャッシング枠を復活させることはできません。キャッシング枠がなくなってしまう原因は主に3つあります。

①キャッシング枠を利用限度額まで使っている

クレジットカードのキャッシング枠の利用限度額は、通常だと30万円くらいのものが多いです。使い方次第ではすぐに限度額まで達してしまうかもしれません。そうなるともちろんキャッシング枠は0円になり、これ以上お金を借りることはできなくなります。

しかし、そんな人でもクレジットカードのキャッシング枠を復活させる方法があるので「利用限度額まで使った人がキャッシングする方法」を参考にしてください。

②キャッシングの返済遅延をしている

クレジットカードのキャッシング枠を一度利用し、返済を延滞している場合にはキャッシング枠が一気に0円となりこれ以上お金を借りられなくなる可能性があります。キャッシングとは信用をもとに担保無しで取引しているので、信用がない人にはお金を貸すことができなくなります

キャッシングの返済を延滞しているがお金を借りたい人は「返済遅延をしている人がキャッシングする方法」を参考にしてください。

利用限度額まで使った人がキャッシングする方法

利用限度額まで使ってしまった人がクレジットカードのキャッシング枠を復活させるには、使った分の返済を済ます以外に方法はありません。ここで注意しておきたいのが、返済を完了したからといってまたすぐにお金を借りられるわけではありません。キャッシング枠の復活には時間がかかるので、あらかじめ余裕を持った利用を心がけたいところです。

銀行のカードローンならキャッシング返済前に借りられる

クレジットカードのキャッシング枠復活を待てないというあなたには、銀行のカードローンをおすすめします。たとえば新生銀行カードローンレイクはであれば、キャッシングの返済途中で審査が不安な方でもおまとめローンとしてお金を借りることができます。また、2種類の無利息からお得な方を選べるので返済総額を低く抑えることもできます。

レイクリコボタン

返済遅延をしている人がキャッシングする方法

一度キャッシングの返済を延滞してしまうと、クレジットカードのキャッシング枠復活どころか他の金融機関からの借り入れも厳しい状況になってしまいます。遅延してしまった時の効果的な対処法をご紹介するので参考にしてください。

返済遅延はすぐの対応が大事

キャッシングの返済遅延をしてしまうとキャッシング枠はなくなってしまうと説明しましたが、キャッシングをするには信用問題が一番大事ですので、堅実なキャッシング利用はキャッシング枠復活のためだけでなくキャッシングをする上では必須です。

返済遅延も数日程度の延滞をしてしまったけれども、すぐクレジットカード会社に連絡してすぐ返済したのであれば、キャッシング枠が0円にならない場合もあり、なったとしても復活は早いことがほとんどですので、万が一返済遅延してしまった場合には、まずは「返済遅延金」を含めて借入額全額を決められた日に決められた額しっかりと返済する必要があります。

借入額全額を返済したあと5年は審査が厳しい

借入額と返済遅延金を全て返済し終っても、まだキャッシング枠は復活しません。これは、返済遅延の期間が3か月以上のように長い間返済を滞らせてしまった場合、信用情報に延滞したという情報が5年間記録されてしまうからです。

信用情報機関に登録されている個人情報に事故情報として記録されます。信用情報機関に登録されている情報は、審査の際にはかなりウエイトの高い判断材料になりますので、その情報が記録されている間の延滞金完済後の5年間はキャッシング利用は難しいと思っておいた方が良いです。

クレジットカードでキャッシングを利用している人には、突然キャッシング枠がなくなると非常に不便になってしまいます。そんなときでも落ちついて、なぜキャッシング枠がなくなったのか原因を探りましょう。「限度額まで借りていないか?」「延滞はしていないか?」「所得証明の催促を無視していないか?」を思い返してください。
特に、延滞をしていたのであれば普通に返済をしただけでは不十分な可能性もあります。延滞してしまうと5年間は審査が厳しくなってしまいますので、それまではキャッシングは我慢する必要があります。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧