キャッシングアカデミー

キャッシング枠を増額するよりもおすすめの借り入れ方法って?

Cache_33_P0052

ちょっとお金が足りなくなった。 今月、突然お金が必要になった。 そんな時キャッシングを考えるかもしれません。 しかし、いきなり消費者金融や銀行カードローンを利用するのは心配ですよね。既存のクレジットカードであれば、一週間程度の時間はかかりますが、審査に通ればキャッシング枠を追加することが出来るので安心です。 今回は、既存のクレジットカードにキャッシング枠を増額する方法や審査方法、上限金額などについて説明していきます。

キャッシング枠増額したいけど審査はどうなるの?

既存のクレジットカードにキャッシング枠を増額する場合の審査は、各社によって違いますが、インターネット上の公式サイトから申請するか、郵送や窓口などで申請する場合があります。

キャッシング枠の増額に必要な書類

審査するにあたって、本人確認書類が必要です。運転免許証健康保険証住基カードなどを用意しましょう。WEBで申請が出来る会社は、アプリやメール送信で提出になります。郵送の場合はコピーを送付することになります。

この他に、借り入れ希望額が50万円を超える場合、確定申告書や源泉徴収票などの収入証明書が必要になりますので、申請する金額に合わせて書類を用意するようにしましょう。

キャッシング枠の増額の審査にかかる時間はどれくらい?

審査には書類を提出してから、結果が出るまでには約1週間かかります。消費者金融などの金融業者とは違い、慎重に審査する傾向があるためです。

キャッシング枠の増額の審査の方法とは?

審査は申請書類と、個人信用情報機関から申請者の個人信用情報を取り寄せて総合的に審査を行います。信用情報で何を確認するかというと、延滞などの事故歴がないかということや他社借入がないかということを確認します。

クレジットカードのキャッシング枠の上限金額

クレジットカードのキャッシング枠の上限金額は会社や申請者の状況で変わってきます。どのようにして利用上限金額が変わるのでしょうか。

総量規制の範囲内で決まる

貸金業法という法律に「総量規制」というものがあります。これは、クレジット会社や消費者金融、銀行カードローン会社などの金融業者などが対象の法律で、申込者に対して年収の1/3までしか融資をしてはいけないという法律です。そのため、キャッシング枠の最大借入限度額は年収の1/3までになり、人によって変わってくるのです。

例えば、Aさんの年収が300万円であれば、キャッシングの利用枠は100万円が最大で付与されます。

他社借り入れに注意

この総量規制は他社借入総額と合算しての金額になります。

先ほどの人の例で、年収300万円、他社借入がA社20万、B社30万で総額50万円あったとします。そうすると、Aさんは100万円までしか借入られないので、クレジット会社に申請出来る金額は残りの50万円分になります。

しかし、他社で借入をしている人は気をつけましょう。
また、他社借入件数が3社以上あると審査に通るのがかなり厳しくなるので注意が必要です。

有名カードのキャッシング枠の上限金額と審査基準

では最後に有名カード会社のキャッシング枠の上限金額と審査基準について説明します。

楽天カードの場合

楽天カードのキャッシングの上限金額は90万円になっています。支払い方法は1回払いかリボルディング払いの2つから洗選択可能です。

このカードは審査基準が他のカードよりも甘いと評判で、審査に通りやすいと言われています。審査基準としては、キャッシングサービスを途中から申請する場合には、楽天e-NAVIというサービスに登録が必要です。この他に、途中からキャッシングサービスを増額するには、楽天カードを半年以上使っていないと申請できませんので、注意してください。

JCBカードの場合

インターネットでMyJCBにログインするか電話、もしくは専用申込書で申し込みすることになります。(増枠の時も同様です)
ショッピング枠の利用限度額は500万円までです。事業資金として利用は出来ません。審査基準は他社と同様の審査になっているようです。

セゾンインターナショナルカードの場合

国内利用可能枠は300万円までで、キャッシング利用が出来るようになるとインターネット上から指定の口座に即時振込をしてくれます。

キャッシング枠を付けるにはインターネット上で申請することになります。特に審査で重要視するのはクレジットヒストリー=クレジットカード利用実績になっています。また、事前に返済のシミュレーションも出来るので安心して申請出来そうです。

クレジットカードのキャッシング枠増額よりおすすめなのは?

割引やポイントなどの特典がある上に、キャッシング枠がついている何かと便利なクレジットカード。ですが、「キャッシング」という面においては消費者金融・銀行のカードローンの方が使いやすさで優れています。では、利用しやすいキャッシングにはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは当サイト厳選の2つのカードローンをご紹介します。

ACマスターカードでキャッシング機能もクレジット機能も

「はじめてのアコム♪」でおなじみのアコム。実はアコムが提供するキャッシングサービスには世界的にもシェアの大きな「マスターカード」が提携した「ACマスターカード」というクレジットカードがあります。「ACマスターカード」は一般的なクレジット機能を携えつつ、アコムのキャッシングを利用する際にとてもスムーズに利用できます。「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する、アコムの基準を満たす人」という条件をクリアしていれば、主婦の方でも申し込むことができます。審査時間も最短30分というスピードもまた強みとなっていて、急な出費にも対応しやすいカードなのでとても便利です。カードのデザインからもアコムのだとばれにくい点も含め、転ばぬ先の杖として、いざという時に備えて申し込んでみるというのも良いでしょう。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックなら金利も低くて早くて安心

でもやっぱり、消費者金融には抵抗がある…という方に強くおススメしたいのは、三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。その名の通り、銀行のカードローンであるという安心感と、審査時間が30分というスピーディな審査が強みです。また、特筆すべきは、銀行口座の開設が必要なく、「あと少額が、今足りない!」という、借り入れを急ぐ方でも対応できるのでおすすめです。

バンクイックの公式サイトへ

ACマスターカード・三菱東京UFJ銀行のバンクイックのメリットまとめ

カードローン・クレジットカード
金利(実質年率)
利用可能ATM
特徴
ACマスターカード 年10.0%~14.6※% 提携銀行ATM
コンビニATM
最短即日融資
3秒お試し診断あり
三菱東京UFJ銀行 年1.8%~14.6% 提携銀行ATM
コンビニATM
限度額500万円
銀行口座不要

※:ショッピング利用時。キャッシング枠利用時の金利は年3.0%~18.0%。

いかがでしたか?キャッシング機能がついているだけで、いざという時の安心感に繋がりますよね。
お金はいつ必要になるか分からないので、保険として作成しておくのもいいかもしれません。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧