キャッシングアカデミー

おまとめローンをする前に知っておきたいメリット・デメリット

Dollarphotoclub_68745254

総量規制がされた後、例外的な融資としてまとめローンが行われるようになりました。 まとめローンは借り入れをまとめられて、返済が一箇所になるだけでなく金利が下がるのでとても魅力的なプランです。 一箇所になるメリットは返済負担が減ることやバラバラの返済日が1日で済むことなどが挙げられるのですが、これは実際に借りられたらの話です。 今回は、デメリットを中心にしたまとめローンの良し悪しを紹介したいと思います。

メリット:支払いの手間が省ける

まとめローンのメリットは支払いの手間が省けることです。
他社借入(複数の会社からの借入)をしている人にとっては大きなメリットです。

まとめローンは他社借入をしていた場合、それをまとめて金融会社が返済してくれます。
そうすると、債務者は返済してくれた金融会社に月々のお金を払うことになるので、返済箇所が一回になります。

冒頭で簡単に触れたバラバラの返済日が1日で済むのはこのことです。キャッシングを一本化できるうえ、返済がしやすくなるのはおまとめローンの最大の強みですね。

メリット:まとめローンは債権整理ではない

まとめローンは債権整理ではありません。

法律を使って借金を整理するのではなく、銀行系金融や消費者金融などの金融会社に借金の総額を払って貰います。
そしてその金融会社に低金利で返済していくことになります。

つまり、金融会社からの借り入れ=融資という扱いになります。
そのため信用情報に傷が付かないというメリットがあります。

デメリット:金利が低いため、審査に通るのが難しい

まとめローンの審査方法は申込内容の調査と、コンピューターのスコアリングは一見すると普通のキャッシングと同じように見えます。
しかし、「金利が低い」というために審査が厳しくなっています。

通常の借り入れよりも厳しくなる審査

審査基準は通常の借り入れと同様の項目に重点が置かれますが、その項目がより厳しく審査されます。低い金利で融資するわけですから、金融会社も確実に返済してくれる人を探しているのです。

特に注意しなくてはいけないパターンとして、過去に返済の延滞や債権整理などがある人は審査に通るのは厳しいです。
他社からの借入件数=多重債務者には特に厳しく、5件以上は即アウト、4件は微妙なラインと言われています。

このように、審査する項目が厳しいため金融機関は審査の際に慎重になります。そのため、審査に時間がかかってしまいます。また、時間がかかった割に審査に通らない人も多いのが現状です。

デメリット:まとめローンを利用すると追加の借り入れができなくなる

まとめローンは追加の借り入れが出来ません。
借金の完済が目的のため、限度額内であっても追加の融資を受けることが難しいです。

「今月は少し足りなくなったから」
「急な出費があるから」

と言った理由で借り入れることが出来なくなるということです。

契約違反で返済額の一括返済を求められる場合

確かに、融資を受けられる会社もありますが、会社によっては他社からの借り入れを受けた場合、契約違反になり借入額の返済総額を一括返済で求められる場合もあります。
そのため、追加の融資などは避けるようにしましょう。

この追加借り入れが出来ないというのがかなりデメリットになっている人も多く、まとめローンをしたことで失敗したと思う人も多数存在します。メリットが世の中には押し出されていますが、デメリットが自分にとって問題ないかを確認して検討してみてください。

借金返済にお困りの方が読むページ
⇒複数の金融会社からの借金返済にお困りの方はこちら

希望条件でキャッシングを選ぶ

借金をまとめるのにおすすめ
の消費者金融・銀行