キャッシングアカデミー

キャッシングの返済、コンビニに設置のATMで返済する方法

借入先の提携ATMで返済する方法(コンビニ編)

キャッシングの返済をする時、どこで返済するか、どうやって返済するか迷う方も少なくないと思われます。返済はコンビニに設置してあるATM、インターネット、銀行などで可能です。以下ではコンビニに設置のATMでの返済方法や手数料などについて紹介しています。

キャッシングの返済は、コンビニに設置してある借入先と提携しているATMで返済することができます。利用時間は設置場所によって異なりますが、24時間利用可能なところも多く、仕事帰りなどに気軽に立ち寄り返済ができるため、たくさんの方が利用しています。

返済の際にはATMの画面に表示される案内にそって操作するだけなので、簡単に利用できます。キャッシングカードの挿入や暗証番号などの必要事項を入力し、返済手続きをすぐに済ませることができます。ただし返済における入金単位が大きいと返済できない場合もあるため、一括返済の際には注意が必要となります。

コンビニのATMで返済する際の手数料

コンビニのATMは気軽に利用でき便利ですが、返済する際に手数料がかかることがあります。キャッシング会社や提携ATMによっては手数料無料としている場合もあるようなので、手数料を取られたくないという時は手数料無料のキャシング会社に申し込むとよいでしょう。

会社や提携ATMによって金額は異なりますが、返金が1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円かかるケースが多いようです。

会社によっては手数料無料キャンペーンを実施していることもあり、キャンペーン期間内であれば無料でATMを利用できます。

キャッシング会社別、提携ATM一覧

キャッシング会社によって提携しているコンビニATMが異なっています。キャッシング会社別に例を挙げると、アイフルではセブン-イレブンのセブン銀行、ローソンのローソンATM、ファミリーマートなどに設置されているイーネットATMを利用できます。返済のみの利用であればファミリーマートに設置されているFamiポートとローソンに設置されているLoppiも利用することができます。

レイクではセブン銀行、ローソンATM、イーネットATMでの返済が可能です。また、モビットはセブン銀行、Famiポート、Loppi、アコムはセブン銀行、ローソンATM、イーネットATMとそれぞれ提携しています。

プロミスではローソンATM、セブン銀行で返済可能となっています。ノーローンの場合は、セブン銀行、ローソンATM、イーネットATMを利用することができます。三菱東京UFJ銀行をご利用の場合は、セブン銀行、ローソンATM、イーネットATMで返済できます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧