キャッシングアカデミー

みずほ銀行カードローンの全てがわかる!最短即日キャッシングも可能

ATM利用手数料も無料でお得なみずほ銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローン

mizuho_banner_20170706

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年2.0%~14.0% 

詳細はこちら

みずほ銀行カードローンがおすすめな2つのポイント

ここではみずほ銀行カードローンの特徴について説明していきます。どのようなポイントがあって、どのような人におすすめのカードローンなのかが一発でわかります。

みずほ銀行カードローンがおすすめな2つのポイント

①みずほ銀行のキャッシュカード利用でWeb完結申込可能!

既にみずほ銀行の口座を持っている人は申し込みから借り入れまで全てネット上で完了するすることができます。来店も書類の郵送なども必要ありません。
アコムやプロミスなどの消費者金融で借りるのがちょっと不安そんな方には、大手銀行のみずほ銀行カードローンをおすすめします。
口座がなくても大丈夫!簡単に借り入れできる
みずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っている人こそ利用をおすすめしますが、口座を持っていない人でも安心して借り入れできます。

②最大利用限度額800万円、最低金利は年2.0%から

みずほ銀行カードローンと他の銀行のカードローンの一番の大きな違いはみずほ銀行カードローンは「金利」と「限度額」に違いがあります。最大利用限度額は800万円、最低金利は年2.0%で、その他の銀行カードローン・消費者金融にはない最大のメリットと言えます。

銀行名 金利 限度額 詳細
みずほ銀行 年2.0%~14.0% 最大800万円 申込
三菱東京UFJ銀行 年1.8%~14.6% 最大500万円 申込
三井住友銀行 年4.0%~14.5% 最大800万円 申込

申し込みから借り入れまでの借入方法を解説

ここではみずほ銀行カードローンで借り入れする際の流れを紹介します。

申込方法は4種類。おすすめはネット申込

  • ネット
  • 電話
  • 窓口
  • 郵送

この中でも特におすすめの申し込み方法が「ネット申込」です。理由としてはみずほ銀行カードローンには「Web完結申込」というサービスがあるからです。Web完結申込をすれば申し込みから借り入れまでが全てネット上で完了します。ただしみずほ銀行の口座を持っていることが条件になります。

必要書類を提出

本人確認書類 ※以下のいずれか1点が必要。
運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・各種保険証
・住民票
・印鑑証明書
・住民基本台帳カード
・在留カード・特別永住者証明書
収入証明書 ※以下のいずれか1点が必要。
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書

カードローンの審査時に在籍確認の電話があります

審査を行う際の在籍確認があるかどうかですが、在籍確認はあります。電話のかけ先はオリエントコーポレーション(オリコ)という信販会社です。
時間帯は指定できないですが、オリコの業務時間内(平日9時~17時前後)なので、それ以外の時間帯に申し込むと審査回答がくるのは翌営業日以降になってしまう可能性があるので申し込み時に気を付けましょう。
他の大手銀行カードローンでも審査は同様に電話での在籍確認があります。

提携ATM、またはみずほダイレクトで借り入れ

お持ちのカード、または発行されたカードでATMに行き、お金を引き出して借り入れは完了します。

またみずほダイレクトでの借り入れも可能です。みずほダイレクトとは、1つの契約でインターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキングが利用できるサービスで、ご利用になるには別途申し込みが必要です。

みずほ銀行カードローンで利用限度額の増額申請にかかる日数は最短即日

みずほ銀行カードローンで増額申請を行う場合は新たにカードローンを申し込むという形で増額申請をすることができます。通常の増額審査にかかる時間は、パソコンやスマートフォンなどインターネットを利用した申し込みの場合、最短即日となります。店頭の場合は原則翌営業日、郵送は申込書類到着後の原則翌営業日、電話では原則2~3営業日後となります。

申請方法は、

  • インターネット→みずほ銀行アプリから
  • 窓口
  • 電話→カードローン専用ダイヤル

以上の方法で申し込めます。

増額申請をもし急ぎで審査が必要でしたら、ある程度余裕を持って申請するのがおススメです。
毎月10日 返済がされるまでカードは停止されてしまいますが、すぐに返済をすることでカード利用は再開されます。

みずほ銀行のATM手数料まとめ

みずほ銀行カードローンの利用可能なATMはみずほ銀行ATMとコンビニATMです。以下が利用可能な日時と時間と利用手数料の一覧です。

ATM種類 利用可能日時 利用手数料
みずほ銀行ATM 月:7:00~24:00
(返済・振替は8:45~18:00)
火~金:終日
(返済・振替は8:45~18:00)
平日8:45~18:00までは手数料無料
平日8:00~8:45、18:00~23:00は手数料108円
平日23:00~8:00までは手数料216円
土:0:00~22:00
(返済・振替は9:00~17:00)
日:8:00~21:00
(返済・振替は9:00~17:00)
土日0:00~8:00は手数料216円、
8:00~22:00は108円
コンビニATM※ 平日:終日(返済は8:45~18:00) 平日の借入・返済
1万円以上は216円
1万円以下は108円
土:0:00~22:00
(返済は9:00~17:00)
日:8:00~24:00
(返済は9:00~17:00)
土・日の借入・返済
1万円以上は216円
1万円以下は108円

(※コンビニATMはイーネット、ローソン、セブン銀行のみとなります。また第1・4土曜日の3:00~5:00までは利用ができません。)

平日夜までにみずほ銀行のATMを利用すれば手数料無料

みずほ銀行のカードローンを利用する時に、時間と場所によっては手数料がかかってしまいます。しかし平日の8時45分時から18時までに、みずほ銀行のATMを利用して借入などすれば手数料は無料です。

返済方法は3種類。みずほ銀行の口座を持っている人は自動引き落としでの返済がおすすめ

みずほ銀行カードローンの返済方法は3種類あります。利用者の状況によって返済方法は異なるので、自分の都合が良い返済方法を選びましょう。

口座を持っているなら自動引き落とし

毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に前月の10日現在の利用残高に応じて普通預金口座から自動的に引き落とされます。例え返済日を忘れていても、返済が滞ることがない点が自動引き落としのメリットですね。

みずほ銀行ATM・コンビニATMで返済

全国のみずほ銀行ATM・コンビニATM(イーネット、ローソン、セブン銀行)で返済可能です。

みずほダイレクトで返済

みずほダイレクトを利用していれば、パソコン・スマートフォン・携帯電話・固定電話からの返済が可能です。みずほダイレクトに登録する手間があるというデメリットを除けば、みずほダイレクトでの返済は利用しやすいです。

みずほ銀行カードローンの引き落とし日は毎月10日

みずほ銀行カードローンに申し込むには同銀行の口座が必要です。自動引き落としになるため、持っていな場合はカードローンを申し込むと同時に口座を開設しなければなりません。
引き落とし日は毎月10日(銀行休業日のときは翌営業日)と決められています。引き落とし時間は当日の夜間となりますので、
遅くても夕方までには口座へ入金しておくことが必要なので気を付けましょう。
返済額についての詳細はこちらのサイトの公式サイトを下段部分にあるご返済方法を御覧ください。

みずほ銀行カードローン

mizuho_banner_20170706

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年2.0%~14.0% 

詳細はこちら

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの利用がばれないか不安な人向け3つの対処法

Cache_26

みずほ銀行カードローンで家族や勤務先にばれないための3つのポイント みずほ銀行カードローンは他人にばれずに借り入れすることができます。キャッシングをする際には、勤務先への在籍確認と郵便物の送付によって、勤務先の人や家族にばれるのではないかと考えてしまいがちですが、みずほ銀行カードローンではその心配がありません。ただし、念のため、ばれないためには申し込みに際...[続きを読む]

みずほ銀行カードローンは手数料無料でコンビニ提携ATMを利用可?

みずほ銀行カードローンの利用可能なATMとその手数料 みずほ銀行カードローンの利用可能なATMはみずほ銀行ATMとコンビニATMです。以下が利用可能な日時と時間と利用手数料の一覧です。 ATM種類 利用可能日時 利用手数料 みずほ銀行ATM 月:7:00~24:00 (返済・振替は8:45~18:00) 火~金:終日 (...[続きを読む]

みずほ銀行カードローンの在籍確認|勤務先にバレたくない人の2つの対策

Cache_05_p0118

みずほ銀行カードローンの在籍確認のタイミングは口座開設の申込後! 在籍確認はいつ、どのような内容で行われるのでしょうか。こちらで詳しく見ていきましょう。 在籍確認は申し込み後に行われる みずほ銀行カードローンの在籍確認は申し込み後に行われますが、時間の指定はできません。ですが、ある程度いつ電話が来るのか予想することはできます。 在籍確認は審査の一環と...[続きを読む]

みずほ銀行カードローン審査の流れ|申込から融資利用まで徹底解説

academyhead_ca09_20170327

みずほ銀行カードローンの流れ。審査時間はどれくらい? メガバンクが提供する安心のカードローンであるみずほ銀行カードローン。では、どのような流れで借り入れができるのでしょうか? みずほ銀行カードローンはインターネット申し込みが最短 インターネット申込は、申込後に審査が行われ、審査に通るとみずほ銀行の口座開設している人は即契約となります。普通預金口座を持っ...[続きを読む]

みずほ銀行カードローンの借り方は?審査・お金の融資がスムーズに!

Cache_42

みずほ銀行カードローンの借り方〜申込から借入までの手順〜 みずほ銀行カードローンに申し込むと、最初に審査があります。この審査に通ると契約となります。契約後の借り入れはみずほATM、コンビニATMの他、みずほダイレクトでパソコン、電話からの借り入れも可能です。 カードローン申し込みから借り入れまでの流れ ①みずほ銀行カード...[続きを読む]

みずほ銀行カードローンは土日に審査OK?ネットでの申込と利用方法

Cache_10_p0219

みずほ銀行カードローンの申込みはネットなら土日でも24時間可能 ネット申込はいつでもOK みずほ銀行カードローンのネット申込・WEB完結申込の特長は、土日でも24時間申し込みができるという点です。土日の申込については、審査結果は最短で翌営業日の回答になります。みずほ銀行に口座を持っている人は、申込審査に通ればお持ちのキャッシュカードでカードローンを利用す...[続きを読む]

みずほ銀行カードローンの金利を引き下げる方法

みずほ銀行カードローンの基準金利は利用限度額で決まっている 金利を引き下げるには利用限度額を引き上げる みずほ銀行カードローンの基準金利は、利用限度額で決まっており、利用限度額を引き上げることで金利の引き下げができます。以下みずほ銀行カードローンの金利と利用限度額の対応表です。利用限度額があがるにつれて、金利が下がるのがわかります。 利用限...[続きを読む]

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧