キャッシングアカデミー

三井住友銀行カードローンの借り方がわからない。初心者でも安心の借り入れ方法を紹介

Cache_11

給料は毎月ほとんど変わりないのに月によっては出費がかさんで家計が苦しいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんなとき、お財布の中にカードローンカードがあればほっと一安心ですよね。そこで今回は、もっと身近に使ってほしい、カードローンの申し込み方法から借り入れ方法までをご紹介します。

三井住友銀行カードローンで借りるには?

カードローンはフリーローンと呼ばれる個人向けの無担保融資です。

ローンには住宅ローンなどの目的ローンとカードローンをはじめとするフリーローンの2つのタイプがあります。

住宅ローンに代表する目的ローンは使い方が限定されており、住宅ローンなら住宅の購入やリフォーム資金にしか使うことができません。

一方、カードローンをはじめとするフリーローンは借りたお金の使い道を自由に決めることができるため、趣味や娯楽、教育費など、幅広い使い道が可能です。

カードローンは個人の信用に基づいて融資を決定するローンのため、審査には個人の信用を一番重視します

一部例外はありますが、原則として安定収入の見込めない人は作ることができません。

三井住友銀行カードローンの申し込み条件は、以下のようになっています。

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上満69歳以下であること
  • 原則として安定した収入のある人
  • 三井住友銀行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられること
  • 申し込み者が間違いなく本人であること

また、カードローンの申し込みの際には、必ず本人確認書類を提出しなければなりません。本人確認書類として提出できるのは以下のものとなっています。

・カードローン申し込み時に必要な本人確認書類

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真つきのもの)

・カードローンプラザに確認が必要な本人確認書類
各種健康保険証他

本人確認書類は必ず顔写真つきのものが必要です。
そのため、顔写真がついていない通知カードと住民基本台帳カードは利用できません。また、記載されている住所が現住所と一致しない場合も利用できません。

引っ越しなどで住所変更した場合は住所変更後の本人確認書類が必要となります。健康保険証を使う場合は、カードローンプラザ(0120-923-923)に問い合わせが必要となります。

健康保険証を利用する場合は、以下の書類に加えて、印章式の印鑑も必要です。

  • 健康保険証の場合必要になる追加書類(本人名義かつ領収日から6カ月以内のもの)
  • 1.公共料金領収証書
    2.国税・地方税の領収証書
    3.社会保険料の領収証書
    4.印鑑登録証明書(実印押印有)
    6.戸籍謄本・抄本(戸籍附票写添付)
    7.住民票の写し
    8.その他の官公庁発行書類
    ※携帯電話の領収書は使用不可

また、50万円を超える融資には、以下の年収が確認できる書類が必要となります。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書

三井住友銀行カードローンは、様々な方法で申込むことが可能です。

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)・パソコン、スマートフォン・モバイル・ローン契約機(ACM)・電話・郵送・窓口から自分に合った申し込み方法を探しましょう。

カードローン申し込みから融資までの大体の流れは以下のようになります。

  • カードローン申し込みから借り入れまでの流れ

1.カードローンの申し込み
2.電話やメールによる本人確認
3.本人確認書類の提出
4.収入証明書の提出(50万円を超える場合)
5.審査
6.勤務先への在籍確認
7.契約
8.融資開始

三井住友銀行カードローンで借りるメリット

カードローン会社にも色々ありますが、自分に一番ぴったりのカードローン会社がどこかわからないという人も多いですよね。

カードローンを選ぶ際注目したいのは以下の4つの項目です。

  • 審査までの時間
  • 金利の安さ
  • 借りやすさ&返しやすさ
  • 手続きが簡単

まずは審査までの時間です。急な出費で困ってなるべく早くお金を用意したいという時に審査に何日もかかってしまっては予定に間に合わないこともあります。

なるべく早く借りたいときは審査がスピーディーだと嬉しいですね。カードローンのメリットのひとつは融資実行までの時間がスピーディーであることです。

次に注目したいのは金利の安さです。カードローンでお金を借りた場合、毎月借りた金額を元に利息を支払う必要があります。金利が安ければ返済金額も安くなり、利用しやすいメリットも多くなります。

また、借りやすさ、返しやすさも大きな注目点です。いざ借りたいと思ったときに家や職場の近くで借りることができなければ不便に感じることも多いでしょう。利便性を追求するなら近くに使えるATMがあるというのは大きなポイントとなります。

最後に手続きの簡単さをみてみましょう。銀行関係は書類の作成が面倒、手続きが大変そうと感じている人も多いのではないでしょうか。

特に融資を受けるとなると何回も来店したり、打ち合わせが必要だったりするイメージがあるかもしれません。

三井住友銀行カードローンにはこの4つをすべて満たすメリットがあります。

  • メリット1:即日審査・融資可能
  • ・口座不要
    ・最短30分で審査、カード即日発行可能
    ・最高800万円まで融資可能

    三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座がない場合でも作ることができます
    さらに、審査の時間は最短30分とスピーディーで即日カード発行も可能となっています。

    また、最高800万円までの融資が可能となるので、他にローンの利用がある場合はローンを1本化してまとめることもできます。
    ただし、審査結果の連絡は9:00~21:00までとなっており、申し込み時間帯により連絡が翌日以降になる場合もあります。

  • メリット2:金利年4.0%~14.5%
  • 三井住友銀行カードローンの一番のメリットは金利の安さにあると言えます。
    消費者金融系のカードローンでは金利28%が多い中、三井住友銀行カードローンでは年4%から14.5%となっており、最高でも14.5%の低金利です。

    金利は借りる金額によって変わりますが、利息計算は以下のようになります。

    ・利息=毎日の最初の残高×年利率÷365日×(初回借入日の翌日、または前回返済日の翌日から返済当日までの利用日数)
    ・毎日の最初の残高について付利単位は100円となる。年365日の日割りで計算する。

    例えば2万円を年利14.5%で1週間借りた場合の金利は以下の通りです。

    20,000円×14.5%÷365日×7日=55円

    この場合1週間の利息は55円となります。給料日まであとちょっと足りない、というときでも気軽に活用できますね。

  • メリット3:近くのATMでいつでも借り入れ&返済可能
  • 三井住友銀行カードローンでは三井住友銀行本支店のATMのほか、コンビニATM・ゆうちょATM・提携金融機関ATMでも利用可能となっています。

    さらに、三井住友銀行本支店ATMとコンビニATM(イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行)ではATM手数料無料、時間外手数料無料で利用することができます。

    提携金融機関のATMを利用する場合は所定のATM手数料と時間外手数料が必要なので覚えておきましょう。

  • メリット4:口座をすでに持っている場合契約までの手続きがwebで完結
  • 三井住友銀行カードローンは口座を持っていない人でも作ることができますが、すでに口座を持っている場合はさらに簡単に手続きが可能となります。

    契約までの手続きがwebで完結し、本人確認書類も来店も必要ありません。手元のキャッシュカードですぐに借り入れが可能となります。

    ただし、50万円を超える申し込みの場合は本人の年収が確認できる書類が必要となります。

三井住友銀行に口座があると借り方はWebで完結できる!

三井住友銀行にすでに口座があり、インターネットバンキングまたはモバイルバンキング(SMBCダイレクト)の利用がある場合、審査結果の連絡後すぐに手持ちのキャッシュカードでカードローンの利用が可能です。

インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)にログインして、メニューからカードローンを選び必要事項を入力します。

そうすると、カードローン口座に返済用預金口座が自動的に登録され、入力した情報をもとに審査が行われます。
審査結果は最短30分で電話かメールアドレスに届くので、その間自宅でゆっくり待つことができます。

ただし、審査結果の連絡は9時から21時までとなっており、申し込みの時間によっては翌日以降の連絡になることもあるので注意しましょう。

この場合、利用できるキャッシュカードは申し込み代表口座のキャッシュカードのみとなっています。

カードローン専用カードを申し込みたい場合は、三井住友銀行ローン契約機(ACM)に行って作成するか、郵送で送ってもらうこともできます。

郵送の場合は届くまで時間がかかるので、急いでいる場合はローン契約機(ACM)を利用すると便利です。

【方法別】三井住友銀行カードローンの借り方

三井住友銀行カードローンの便利な借り方〜ATM編〜

三井住友銀行本支店内、またはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)店舗に設置されているローン契約機(ACM)は、審査結果がその場で確認することができ、その日のうちに契約手続きとローン専用カード発行が可能です。

ローン契約機ではカードローンの申し込み・ローン専用カードの受け取り・契約限度額の変更をすることができます。

  • ローン契約機(ACM)で申し込みから借り入れするまで

1.本人情報入力
2.本人確認書類の読込(顔写真つきのもの)
3.申込書に必要事項を記入
4.オペレーターによる契約案内の確認
5.審査
6.在籍確認
7.審査結果お知らせ
8.カード暗証番号の確認と契約書類・カードの発行
9.ATMで借り入れ可能

三井住友銀行カードローンの便利な借り方〜インターネット編〜

インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト)の契約者に限り、振込・振替時の出金口座としてカードローン(CL)を利用することができます

ただし、カードローン口座のみ契約の場合はインターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト)を契約することはできません。

  • インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)で申し込む場合

1.ログイン
2.メニューからカードローンをクリック
2.必要事項を入力
3.審査
4.審査結果連絡
5.ATMで借入、もしくはインターネットバンキング(SMBCダイレクト)の出金口座に「カードローン(CL)」の表示がでたら借り入れ可能
6.カードローン口座に返済用預金口座が自動登録
7.インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)のサービス利用口座にカードローン口座が利用登録

  • モバイルから申し込む場合(口座がない場合)

インターネット対応の携帯電話で「 http://923923.jp 」にアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力後送信します。

ローン受け取り方法を「郵送」もしくは「ローン契約機(ACM)から選択することが可能です。急ぐ場合は「ローン契約機(ACM)」を選択しましょう。

モバイルの場合、一部端末では使えないこともあるので注意しましょう。

三井住友銀行カードローンの自動融資という借り方

手持ちの普通預金口座をカードローンの返済用預金口座とした場合、返済用預金口座が残高不足によって公共料金・各種クレジットカード利用代金・クレジットカード年会費・自各種自動払いサービスの引き落としができなかった場合は、便利な自動融資機能を利用することが可能です。

自動融資機能とは不足金額が自動的にカードローン口座から入金されるシステムのことで、このサービスを利用したい場合は三井住友銀行本支店の窓口、もしくはローン契約機(ACM)での手続きが必要となります。

自動融資(バックアップ)の対象となる口座振替や時間については三井住友銀行の任意となるので、不安な場合は事前確認しておきましょう。なお、国際キャッシュカードサービスとジェイデビットサービス利用時の返済用預金口座の残高不足は自動融資(バックアップ)対象外となっています。

自動融資(バックアップ)の対象外のもの

  • カードローンの返済
  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払い可能残高を超える預金の引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動振替するなどの預金間の振替
  • 投信自動積立による自動引き落とし

三井住友銀行カードローンの借り入れできるATMは色々なところにある!

三井住友銀行カードローンで利用できるATMは以下のものになります。

  • 三井住友銀行ATM
  • 全国の三井住友銀行のATMで借り入れ・返済が可能です。手数料はかかりません。

    利用可能なサービス:借り入れ・返済・残高照会
    ATM時間外利用手数料:無料

  • E-net(イーネット)のATM
  • 利用可能なコンビニはファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス・スリーエフ・生活彩家・デイリーヤマザキ・ミニストップ・コミュニティ・ストア・ニューデイズ・セーブオン・ポプラ・セイコーマート・アンスリーなどがあり、その他スーパー、専門店、ショッピングセンター、病院関連、レジャー・飲食店など幅広い場所に設置されています。

    利用可能なサービス:借り入れ・返済・残高照会
    ATM利用手数料:無料
    ATM時間外利用手数料:無料

  • ローソンATM(ローソン)
  • 利用可能なサービス:借り入れ・返済・残高照会
    ATM利用手数料:無料
    ATM時間外利用手数料:無料

  • セブン銀行ATM(セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズ)
  • 利用可能なサービス:借り入れ・返済・残高照会
    ATM利用手数料:無料
    ATM時間外利用手数料:無料

  • ゆうちょ銀行
  • 利用可能なサービス:ローン専用カードでの借り入れ・返済・残高照会
    ATM利用手数料:無料
    ATM時間外利用手数料:無料

  • 提携金融機関でのATM
  • 利用可能なサービス:ローン専用カードでの借り入れ・返済・残高照会
    ATM利用手数料:有料
    ATM時間外利用手数料:有料

借り方がいろいろ選べる三井住友銀行カードローンで自分にぴったりの借り方をみつけてくださいね。

三井住友銀行カードローン

smbc-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年4.0%~14.5% 

三井住友銀行に申し込み

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧