キャッシングアカデミー

お金を借りたいけど審査が心配な方へ、通過の秘訣を公開します。

Cache_36_P0145

キャッシング、カードローンを申し込む上で避けて通れないのが審査です。初めて金融機関を利用しようとする方や、既に他に借り入れがある方は審査に受かるか不安ですよね。この記事では、安心して審査に臨めるようにみなさんの疑問点を解決し、合格するためのポイントをお伝えしていきます。

何を審査されているのかをまず知る

当然のことですが、金融機関はお金を貸した方から、利息付きで返してもらうことで経営が成り立ちます。

そのため、きちんと返してくれるか分からない方にお金を貸すのは大きなリスクとなります。

よって審査では、希望借り入れ金額に対するその方の収入・勤務先(属性)や、過去にローンの返済が滞った経歴(信用情報の傷)がないかを調べ、お金を貸しても問題ない人物かどうかが判断されます。

審査のときに重要な項目・気をつけるべき項目

最重要視されることは返済能力があるかどうかです。下記の項目を総合的に見て返済能力を判断されることになります。
自分の返済能力について、確認してみましょう。

  • 個人情報(年齢・職業・年収・雇用形態・勤続年数・収入形態・居住形態など)
  • 支払状況(商品を分割で購入した際の支払状況や、クレジットカード・ローンの利用履歴など)
  • 金融機関の利用履歴(過去と現在で借り入れがあるか、他社に借り入れの申し込みをしているかなど)
  • 金融事故の有無(返済の遅延を繰り返したり、完済できずに自己破産した履歴など)
  • 情報の整合性(申告内容が正しいか、勤め先の在籍確認が取れるかなど)

審査に落ちる原因と通過のための対処法

  • ブラックリスト(金融事故)が登録されている

この場合、ほぼ確実に借りることができません。

過去の借り入れで返済の延滞が多かった、完済できずに自己破産や債務整理を行ったなどの金融事故が信用情報機関に登録されてしまうと、掲載が消えるまでに完済から約5年はかかります。

お金を借りたままであれば、ブラックリストはいつまでも消えません。金銭面でのトラブルを完全に断ち切り、健全な生活をコツコツと続けていくことが解決への道筋です。

滞納しているローンなどがあればまずは完済してしまいましょう。

  • 返済能力が低いとみなされた

目安として過去6ヶ月以内に3社以上借り入れの申し込みをしている・収入と比較して借り入れ希望金額が高すぎるといった場合、返済能力が低いとみなされて審査に落ちる可能性が高くなります。

「返せないのにお金をかき集めようとしているのではないか」と疑われる可能性が高くなるからです。

そこで、申し込みは2社ほどに絞り、借り入れ希望額も10万円~20万円ほどに留めるようにしましょう。

「たった10万円か」とがっかりされるかもしれませんが、利用開始後に滞りなく返済を続けていれば、限度額を引き上げもらえる場合があります。焦らず少しずつ信用を得ていくことが大切です。

  • 収入、居住が安定していない

会社勤めでも勤続年数が1年に満たない人は、毎月安定した収入がないと判断されてしまい、審査に落ちる可能性が高くなります。

また収入が多ければ良いというわけではなく、例えば各地を転々として仕事をしている方より、収入は決して多くなくても一つの会社に正社員として長く勤めている方のほうが審査で有利になるのが一般的です。

また雇用形態がパート・派遣社員だからといって必ずしも不利というわけではなく、勤続年数が長く収入が安定していれば審査に通る可能性は十分ありますので諦めずに申し込んでみましょう。

  • クレジットヒストリーが全くない

クレジットヒストリーとは、信用情報機関に掲載される履歴全てのことです。

【クレジットヒストリーが原因で審査に落ちる可能性ができてしまう例】

■クレジットカードを一度も作ったことのない方やローンを利用したことがない方
→利用履歴がないので「きちんと返済する人間かどうか」を見極めることができません。

■30代〜40代でクレジットヒストリーがない方
→過去にブラックリスト入りをしたと疑われ、審査に落ちやすくなってしまいます。ブラックリスト入りから5年が経過するとクレジットヒストリーが消去され、一度もローンなどを利用したことのない人と区別がつかなくなるからです。

もし審査が不通過で、原因がこのクレジットヒストリーだと考えられる場合には、商品を分割購入して滞りなく支払いを完了させるなどして、クレジットヒストリーを積み上げることで解決します。

そこで最も分割払いが組みやすいとされているのが、スマホ本体の分割払い購入です。もちろんクレジットヒストリーのためにわざわざスマホを買う必要はありませんが、購入予定があれば検討してみることをお勧めします。

あくまで目安ですが、この履歴が半年~1年以上あれば、カードローンに申し込みをしてもクレジットヒストリーが原因で審査に落ちる可能性はグッと減るでしょう。

  • 虚偽の申告をしている、または確認が取れない

これは、審査ですぐに分かってしまう上に詐欺罪に該当することなので、絶対に借りることができません。一つ残らず正しい情報を申告しましょう。

また、会社勤めであっても本人がその会社に在籍しているのか確認が取れないと、ほぼ確実に審査に落ちてしまいます。勤務先の電話番号は確実につながる電話番号を知らせておきましょう。

特に大企業に勤めている場合、代表の電話番号などを勤務先情報として申請すると、受付の人につながって個人情報の観点から取り次いでもらえなかったり、正しい部署を案内されず、在籍確認に至らないことも考えられます。

できる限り自分がいる部署直通の電話番号を申請し、自分が在籍していることを証明してくれる人が電話に出てくれるタイミングに電話してもらうようにしましょう。

金融機関から勤め先に電話がかけられることに不安な人は多いと思いますが、事前に電話で個人名を名乗ってもらえるようにお願いしたり、かけてもらう時間帯などの要望を伝えておくことで不安は解消されるでしょう。

(ただし、嘘の人名、会社名を名乗るといった対応は、どの金融機関でも行っていませんのでご注意を)

どこなら審査を通過しやすい?

金融機関はどこもそれぞれの審査基準を設けています。「審査通過率」を調べてみると、消費者金融カードローンでは40%台のところも多く見られますが、銀行カードローンでは15~20%台のところが多いです。

金利など借り入れの条件より「とにかく審査に通過したい」という方は、消費者金融に申し込むと良いでしょう。

審査に通りやすい銀行・通りにくい銀行の差はあるのか

銀行によって審査基準が異なり、公表されていないので、審査に通りやすい・通りにくいを判断するのは難しいです。

しかし、銀行カードローンでは審査を受け持つ「保証会社」とそれぞれ提携していることが、少しでも審査の差を探るためのカギとなります。

例えば、アコムは、三菱東京UFJ銀行カードローン・ソニー銀行カードローンの保証会社になっています。

つまりこれらは銀行カードローンでありながら、審査通過率の最も高いアコムの審査を受けることができます。
(もちろんアコム自体に申し込むのと同じ審査基準だということではありませんが)

また、オリックス銀行カードローンはめずらしく2つの保証会社を利用しています。

オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社という2社が審査に当たり、「どちらかの」審査を通過すればいいのです。

「1つの申し込みで2社の審査を受けられる」とも言えるので、審査に不安のある方にはお勧めです。

審査が甘いところ・審査なしのところは存在するのか

残念ながら、正規の金融機関では「審査が甘い、なし」といったことは絶対にありません。

それぞれに一定の基準がありますので、特に金融事故を起こした方、借り入れ件数(借り入れ総額)が多すぎる方に特別甘いといった金融機関はないと考えましょう。

もしあるとしたら、それは高い確率で闇金です。

闇金業者は、問題があってどこからもお金を借りることができない方をターゲットにし、「審査なし」「審査が甘い」という誘い文句で積極的に貸付を行っています。

闇金でお金を借りてしまうと違法な手数料、金利が発生してさらに苦しい状況に追い込まれます。

また職場に電話をされたり、家族に知らされるなど、周囲にも迷惑をかける恐れが大きいので、絶対に利用してはいけません。

過去に使用したところと再契約するときにも審査はある?

再契約の場合、新規契約のときと同じように申し込むことになりますので、審査も再び行われます。

前回の借り入れを一度も滞りなく完済しており、勤務先・収入・他の金融機関からの借り入れなどに変わりがなければ審査に対してあまり心配は要らないでしょう。

また、カードローンの場合は契約解除しない限り、再び借り入れができます。完済したあとまた借りる可能性がある方は、契約解除せずにカードを持ち続けておくべきでしょう。

あなたは審査通過できるか?条件別に判断します

年収200万円の場合、借りられるところと限度額は?

年収200万円ですと、住宅ローン、自動車ローンなどの金額が大きいローンだと審査に通るのはなかなか厳しいでしょうが、カードローンであれば消費者金融・銀行ともに審査に通る可能性は十分あります。

先にも触れましたが、希望借り入れ限度額を10万円~20万円ほどの少ない金額で申請するのがコツです。

キャッシング、カードローンを申し込む上で避けて通れないのが審査です。初めて金融機関を利用しようとする方や、既に他に借り入れがある方は審査に受かるか不安ですよね。この記事では、安心して審査に臨めるようにみなさんの疑問点を解決し、合格するためのポイントをお伝えしていきます。

キャッシング利用時にかかる利息を金融機関・状況ごとに徹底比較

Cache_04

キャッシングに伴う利息は、利用する金融機関や借りる金額によって異なります。 借入先を決める際、利息の存在は大きなチェックポイントとなることでしょう。 どの金融機関だと利息が低いのか、そもそも利息はどのように決められるのかなど、具体的に解説していきます。

金融機関を利息で比較

まずは借入先を決めるため、いくつかの金融機関を利用限度額別に比較してみましょう。

どこで借りるといくら利息がかかるのか。具体例を紹介。

お金を借り入れできる金融機関には、銀行カードローンと消費者金融の主に2つがあります。

銀行カードローンの利息は利用限度額別に設定されているのですが、消費者金融はそうされていないことがほとんどです。

そこで、まずはいくつかの消費者金融の実質年利を見てましょう。

アイフル アコム プロミス モビット
実質年利 4.5%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%

この利率の幅は、利用者の信用度によって決められます。

信用度は信用情報(金融機関を利用した際に残る金融履歴や返済能力に関わる個人情報のこと)と属性(年収・勤務先など)に基づいて測られるので、個人差が生じます。

次に、いくつかの銀行カードローンの利率を見てみましょう。

利用限度額 みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 利用限度額 オリックス銀行カードローン
10万円以上100万円未満 14.0% 100万円未満 12.0%~18.0%
100万円以上200万円未満 12.0% 100万円以上150万円以下 6.0%~14.8%
200万円以上300万円未満 9.0% 150万円超300万円以下 5.0%~12.8%
300万円以上400万円未満 7.0% 300万円超500万円以下 4.5%~8.8%
400万円以上500万円未満 6.0% 500万円超700万円以下 3.5%~5.8%
500万円以上600万円未満 5.0% 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%
600万円以上800万円未満 4.5%
800万円以上1000万円以下 4.0%

こちらの表と、先ほどの消費者金融の表を見比べますと、全体としては銀行カードローンの方が利息は低いということが見て取れるかと思います。

ただし、100万円未満の借入の場合、オリックス銀行とプロミスでしたら、プロミスのほうが利率は低くなる可能性があります。

30万円借りるといくら利息がかかるのかを比較

今度はより具体的に利息をシミュレーションしてみましょう。

30万円借りて12か月で返済する場合、銀行カードローンの三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)(年利=14.6%)ではこのようになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 27,020 23,370 3,650 276,630
2 27,020 23,655 3,365 252,975
3 27,020 23,943 3,077 229,032
4 27,020 24,234 2,786 204,798
5 27,020 24,529 2,491 180,269
6 27,020 24,827 2,193 155,442
7 27,020 25,129 1,891 130,313
8 27,020 25,435 1,585 104,878
9 27,020 25,744 1,276 79,134
10 27,020 26,058 962 53,076
11 27,020 26,375 645 25,701
12 27,025 26,701 324 0
累計 324,245 300,000 24,245 0

 

同様の条件だと、消費者金融のプロミス(年利=17.8%)ではこのようになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 27,020 23,370 3,650 276,630
2 27,020 23,655 3,365 252,975
3 27,020 23,943 3,077 229,032
4 27,020 24,234 2,786 204,798
5 27,020 24,529 2,491 180,269
6 27,020 24,827 2,193 155,442
7 27,020 25,129 1,891 130,313
8 27,020 25,435 1,585 104,878
9 27,020 25,744 1,276 79,134
10 27,020 26,058 962 53,076
11 27,020 26,375 645 25,701
12 27,025 26,701 324 0
累計 324,245 300,000 24,245 0

これだけ見ると、やはり金利の低い銀行カードローンの方が優れて見えます。

しかし、消費者金融の中には、無利息期間サービスというものを採用しているところがあります(詳細は後述3-1に記載)。

プロミスもこのキャンペーンを実施しており、初回利用時翌日から30日間は利息が課されないので、これを適用させた場合のシミュレーションをしてみましょう。

借入額は30万円、最初の1か月(無利息)で5万円を返済し終えて、残り25万円を11か月(年利=17.8%)で返済すると、このようになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 50,000 50,000 0 250,000
2 24,799 21,091 3,708 228,909
3 24,799 21,404 3,395 207,505
4 24,799 21,722 3,077 185,783
5 24,799 22,044 2,755 163,739
6 24,799 22,371 2,428 141,368
7 24,799 22,703 2,096 118,665
8 24,799 23,039 1,760 95,626
9 24,799 23,381 1,418 72,245
10 24,799 23,728 1,071 48,517
11 24,799 24,080 719 24,437
12 24,799 24,437 362 0
累計 322,789 250,000 22,789 0

この場合ですと、銀行カードローンより累計返済額が安くなります。

無利息期間を利用することにより、消費者金融でも銀行カードローンより利息がオトクになることがあるのです。

返済額や返済期間によって、利用する金融機関・プランを決めると良いでしょう。

利息とはどのようなものか。いくらかかるのか。

借りたお金を返済する際、元金に加えて何%か返済額に上乗せされます。これが利息というものです。

この利息はどれくらいかかるのか、どうやって額を決められるのかを知っておけば、オトクな借り入れをすることができることでしょう。

利息が決まる仕組みとはどのようなものか。

利息が決まるポイントは2つあります。

  • 1つ目は利用者の信用度です。
  • 大見出し1でも触れたように、金融機関は融資審査の際に信用情報・属性を参考にします。

    もし安定した収入・勤務先で、今までの金融履歴にも問題がなければ、その人は低金利でお金を貸してもらえるでしょう。

    真逆に、収入が少なく、過去に利用した金融機関で延滞履歴があるなどの場合、返済能力が低いと見なされ金利が高くなるのです。

  • 2つ目は利用限度額です。
  • 利用限度額というのは、「貴方には最高でこの額まで貸し出しますよ」という金額のことをいいます。

    先に触れたように信用度・属性が高いほど返済能力が高いと判断されるので、利用限度額を高めに設定することが可能となり、そして利用限度額が大きいほど金利が低くなるのです。

    特に銀行カードローンでは利用限度額ごとに利率が定められています。

    大見出し1に掲載した表を見ていただくと、みずほ銀行カードローンやオリックス銀行でも、利用限度額が100万円未満のときと500万円のときでは、10%前後の違いがあります。

    つまり、利息が決まる仕組みは「返済能力が高い方ほど低金利でお金を借りられる」という原則に基づいているのです。

    金利が違うとどこまで差が出るのか。

    では低金利と高金利だとどれだけ支払額が変わるのでしょうか。

    まずは大見出し1の例を見直してみましょう。

    30万円を12か月で返済する際の、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)とプロミスの比較です。

    金融機関名 利率 総返済額 利息分
    バンクイック 14.6% 324,245 24,245
    プロミス 17.8% 329,701 29,701

    このように、利率が3.2%違うだけで、完済までに5000円近く利息に差が生まれるのです。

    利息(金利)シミュレーションとはどのようなものか。

    大手金融機関の多くでは、HPに利息や合計返済額を計算してくれる返済シミュレーションページが設けてあります。

    借入額や利率、返済期間の数値を入力するだけですぐに計算してくれます。

    銀行カードローンなら三菱東京UFJ銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローンで、消費者金融ならアイフルやアコム、プロミス、モビットで、返済シミュレーションを行うことが可能です。

    疑問・お悩みを解決します。Q&A

    ここまでご覧いただき、利息が一体どういうものなのか知っていただけたかと思います。

    しかし、合計返済額を左右するものと知ると、疑問は他にも生まれることでしょう。

    一定にかかると思われる利息にも、思わぬポイント、落とし穴があるのです。

    利息は必ずかかるもの?かからない方法はないのか。

    残念ながら利息は原則必ずかかるものです。
    しかし、金融機関の中には無利息期間サービスを実施しているものもあるのです。

    無利息期間サービスとは、初めてその金融機関を利用する人は、一定期間(主に30日間)利息が課されないサービスのことをいいます。

    特に多いのが消費者金融で、例えばアイフルやアコム、プロミスはこの無利息期間サービスを行っています。

    無利息期間が適用されるのは①契約日翌日からの場合と、②初回利用時翌日(=最初にお金を借り入れした時の翌日)からの場合に分かれます。

    アイフル・アコムは①、プロミスは②に該当します。

    つまり「まだ借り入れる予定はないけれど、契約だけはしておこう」という方にはプロミスがオススメです。

    もし返済を延滞すると、利息はどうなる?

    仮に返済を延滞すると、遅延損害金というものが発生します。利息制限法により、遅延損害金の利率は20%までに制限されています。

    実際のところ、金融機関によって利率は異なり、通常の利息と変わらないところもあれば上限の20%に設定しているところもあります。

    いくつか例に出して確認してみましょう。

    金融機関名 消費者金融 銀行カードローン
    プロミス モビット バンクイック みずほ銀行カードローン
    遅延損害金利率 20.0% 20.0% 借入時と変更なし 19.9%

    延滞してしまっては、せっかく低金利で借り入れしていても、結局高い利息払わなければいけなくなってしまいます。

    そうならないためにも、余裕と責任を持った借入・返済プランを練るようにしましょう。

    キャッシングに伴う利息は、利用する金融機関や借りる金額によって異なります。 借入先を決める際、利息の存在は大きなチェックポイントとなることでしょう。 どの金融機関だと利息が低いのか、そもそも利息はどのように決められるのかなど、具体的に解説していきます。

    無利息キャッシングを徹底比較・解説。お得に借りるには?

    Cache_23

    「無利息キャッシング」は、無利息でお金を借りることができるお得なサービスです。 しかし一口に「無利息キャッシング」といっても、金融機関によってその内容はさまざまです。 今回は金融機関ごとの「無利息キャッシング」の内容を比較し、本当にお得に利用するための方法について紹介していきます。

    無利息キャッシングをするには

    無利息キャッシングとはどんなサービスなのか、概要について解説します。

    どの金融機関で無利息キャッシングできるのか

    無利息キャッシングを行っているのは、主に消費者金融です。

    銀行で無利息キャッシングを行っているところはほとんどありませんので、利用したい場合はプロミス、アイフル、アコムなどの消費者金融に申し込むことになります。

    いつから無利息キャッシングは始まるのか

    キャッシングを行うまでの流れとして、まずは「申込み」を行い、その後金融機関による「審査」があり、その審査を通過することで「契約」に至ります。

    そして契約後に「借り入れ」を行うことになります。

    無利息キャッシングの開始日は金融機関によって異なります。

    金融機関 無利息期間の開始日 無利息期間
    プロミス 借り入れ日の翌日 30日
    アイフル 契約日の翌日
    アコム

    アイフル、アコムのように「契約日の翌日」を開始日とする場合は「先に契約だけ済ませておいて、必要なタイミングで後から借り入れよう」と考えていると、

    契約日と借り入れ日の日数の差分だけ返済期間を損することになりますので、注意が必要です。

    利用の方法と注意点とは

    無利息キャッシングを利用する上で注意しなければならない点は、無利息キャッシングを利用できるのは基本的に「初回借り入れ時」に限られるということです。

    プロミス、アイフル、アコムについても、無利息キャッシングができるのは「初回借り入れ時」のみですので、使うタイミングをよく考えてから利用しましょう。

    また、注意しなければならないのは、無利息期間内に完済できなければ返済しきれなかった残高に利息が発生する点です。

    無利息だからといって借りすぎてしまうと、期間内に完済できずに高い金利に苦しむことになるかもしれませんので、十分に注意してください。

    金融機関ごとに違う無利息キャッシング

    金融機関ごとの無利息キャッシングの違いについて詳しく見ていきましょう。

    無利息キャッシング以外にそれぞれ違う点とは

    それでは、プロミス、アイフル、アコムついて、それぞれ違う点を解説します。
    おもに、以下の点についての比較を行います。

    申込み方法
    融資までのスピード
    金利および借入可能額

    まず申込み方法についてですが、それぞれ以下のように申込み方法が異なります。

    金融機関 申し込み方法 特徴
    プロミス ・来店して申し込み(店頭窓口、自動契約機、三井住友銀行ローン契約機)
    ・WEB申込み
    ・電話による申込み
    ・郵送による申込み
    ・WEB、電話、郵送により来店無しで契約可能
    ・土日祝も契約可能
    アイフル ・来店して申込み(店頭窓口、自動契約機)
    ・WEB申込み
    ・電話による申込み
    ・WEB、電話により来店無しで契約可能
    ・土日祝も契約可能
    アコム ・来店して申込み(店頭窓口、自動契約機)
    ・WEB申込み
    ・電話による申込み
    ・WEB、電話により来店無しで契約可能
    ・土日祝も契約可能

    このようにプロミス、アイフル、アコムでは様々な申込み方法があります。中でもWEB申し込みは、いつでも都合の良いときに申し込みができるのでお勧めです。

    次に融資までのスピードですが、それぞれ以下のようになっています。

    金融機関 融資までの時間
    プロミス 最短で1時間
    アイフル 最短で即日
    アコム 最短で1時間

    融資までのスピードに関してはどの消費者金融も即日融資ができますが、なかでもプロミスとアコムは融資まで最短で1時間と非常にスピーディなのが特徴です。

    そして、金利と借入限度額についてです。

    金融機関 金利 借入限度額
    プロミス 4.5%~17.8% 500万円
    アイフル 4.5%~18.0% 500万円
    アコム 3.0%~18.0% 800万円

    借り入れ限度額については、アコムが最も大きくなっています。また、金利の上限値に注目すると、プロミスが17.8%と最も低くなっています。

    10万円程度の少額の借入の場合、金利の上限値が適用されることが多いため、少額の借入を考える方にとってはプロミスの金利の低さがメリットとなるでしょう。

    無利息キャッシングを利用する場合でも、無利息期間内に完済できないと利息が発生しますので、金利の違いにも目を向けておきましょう。

    無利息キャッシングを選ぶタイミングとプラン

    無利息キャッシングを利用しても、無利息期間内に完済できなければ金利が発生してしまいます。

    ですので、無利息期間内で完済できるような額を借り入れることをお勧めします。

    プロミス、アイフル、アコムの無利息期間は全て30日間に設定されています。

    例えば会社員の方は月の間のどのタイミングでお金を借り入れても、無利息期間中に次の給料日が来ます。

    次の給料でどのくらいの金額を返済できるかを考えてから借り入れを行うと、無利息キャッシングを最大限に活かせるでしょう。

    また、前述のとおり無利息キャッシングを利用できるのは「初回借り入れ時」に限られます。

    1,2万円などの少額の借り入れでは無利息キャッシングを利用するメリットがあまりありません。

    よってそれなりにまとまった金額を借り入れるときに無利息キャッシングを利用するのが、1度きりの機会を有効に活用するコツと言えるでしょう。

    どの金融機関にすれば最もお得なのか

    プロミス、アイフル、アコムの無利息キャッシングについて比較を行いましたが、その中ではプロミスが最もお得といえるでしょう。

    <プロミスを選ぶメリット>

    ①無利息期間が「借入日」の翌日から開始なので、利用しやすい
    ②申込みから融資まで最短で1時間とスピーディ
    ③金利の上限値がアイフル、アコムよりも低いため、無利息期間内に完済できない場合でもお得

    このように多くのメリットがあります。

    ここが分からない。無利息キャッシングQ&A

    無利息キャッシングについて、大体のイメージがつかめたのではないでしょうか。

    しかし、まだ不安な点や疑問などがあるでしょうから、続いては誰もが感じる疑問とその答えについて解説していきます。

    無利息期間が過ぎるとどうなるのか

    無利息期間内に借りたお金を完済できない場合、残高に利息が発生してしまいます。

    しかし、無利息期間内にお金を完済できない場合でも無利息キャッシングはメリットがあります。

    なぜなら、無利息期間がある分、トータルで支払う利息を少なくすることができるからです。

    例えば、10万円を金利18%で借りたとして、月々2万円ずつを返済したとします。

    その場合、無利息期間無しでは合計で約5,000円の利息が発生しますが、30日の無利息期間を利用すると利息は約3,000円で済み、約2,000円もお得になります。

    一度完済すれば無利息期間の日数経過は止まるのか

    「給料日の1週間前に無利息キャッシングでお金を借りて、1週間後の給料日に完済して残りの無利息期間を次の機会に持ちこしできたら便利だな」というように考える方もいるでしょう。

    しかし、残念ながら完済しても無利息期間の日数は止まりません。

    ただし、プロミス・アイフル・アコムでは「30日間の無利息期間中であれば、何度借り入れ・返済を行っても無利息」ですので、30日間の無利息期間を上手に活用しましょう。

    無利息vs.低金利 お得なのはどっち?

    前述の通り、無利息期間内に完済できなくても、無利息期間がある分だけ利息はお得になります。

    しかし、無利息期間があるとはいえ消費者金融の金利の上限値は約18%で、それに対して銀行カードローンの金利は低くなっています。

    例えば「三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)」では金利の上限値は14.6%です。

    無利息期間内に返済できない場合、無利息キャッシングを利用するのと、低金利のカードローンを利用するのではどちらがお得なのでしょうか。

    10万円を金利18%で借りて30日間の無利息期間を利用した場合と、10万円を金利14.6%で借りた場合のトータルで支払う利息を比較してみましょう。
     

    返済期間2年 返済期間1年 返済期間6ヶ月 返済期間3ヶ月 返済期間1ヶ月
    金利18%(無利息期間30日) 18,046円 8,390円 3,758円 1,493円 0円
    金利14.6% 15,911円 8,083円 4,301円 2,443円 1,216円

    このように、返済期間が6か月以内であれば消費者金融の無利息キャッシングのほうが支払う利息が低くなります。

    つまり返済期間が短ければ短いほど無利息キャッシングの最終的な利息が低くなり、お得といえます。

    逆に返済期間が長くなると、低金利のカードローンの方が利息が低くなり、お得になります。

    ただし返済期間が長くなると、借り入れや返済時にATMを利用することによる手数料もバカになりません。

    自社のATMを利用したり、金融機関によっては提携のATMを利用したりすることで利用料が無料になります。

    しかし、近くに無料で利用できるATMがない場合は、手数料を支払ってコンビニなどの提携ATMを利用することになるでしょう。

    金融機関 無料のATM コンビニ(提携)ATMの1回あたり手数料
    プロミス 自社ATM 1万円以下の借入/返済:108円
    1万円超の借入/返済:216円
    アイフル 自社ATM
    アコム 自社ATM

    例えば1回あたり216円の手数料がかかるとして、それを完済までに24回(2年)利用したとすると、返済だけでも約5000円も支払う必要があります。

    金利、手数料をトータルで考えると、「無利息キャッシングを利用して、なるべく早く完済する」のが最もお得といえます。

    「無利息キャッシング」は、無利息でお金を借りることができるお得なサービスです。 しかし一口に「無利息キャッシング」といっても、金融機関によってその内容はさまざまです。 今回は金融機関ごとの「無利息キャッシング」の内容を比較し、本当にお得に利用するための方法について紹介していきます。

    銀行カードローン、消費者金融・クレジットカードのキャッシングを徹底比較

    Cache_27

    お金を借りる選択肢として、様々なカードローンやキャッシングがありますが、どれを選べばいいかとなると、使い慣れた人でも迷ってしまいますよね。
    それぞれのメリット、デメリットについて、ご存知でしょうか。 細かく比較し、徹底的に検証していきましょう。

    カードローンとクレジットカード、それぞれのキャッシングの特徴は?

    クレジットカードを持っていても、キャッシング枠を使ったことがない人は多いのではないでしょうか。

    いざ必要になった時に慌てず使えるよう、カードローンと比べてどんな特徴があるか、把握しておきましょう。

    カードローンとクレジットカードの一番大きな違いは何なのか

    カードローンはお金を借りることに特化していますが、クレジットカードのキャッシングは、ショッピング枠と並列に用意されたサービスです。

    最大の違いは、その利便性と言えるでしょう

    カードローンは借金のために契約する必要がありますが、クレジットカードは広く一般的に使われています。

    突然お金が必要になった時でも、クレジットカードのキャッシング枠を使い、面倒な契約無しですぐにお金を借りることができます。

    カードローンとクレジットカード、どちらか多く借りられているか

    借り入れに特化したカードローンの方が、より高い限度額になっていることがほとんどです。

    クレジットカードの限度額は、ショッピング枠とキャッシング枠の合計額を表していますので、クレジット機能を使うと思ったより借りられないこともあります。

    例えば、限度額20万円のクレジットカードを持っているとしましょう。
    この場合、ショッピングに15万円使ってしまうと、5万円までしかキャッシングできなくなってしまうのです。

    カードローンとクレジットカードの比較早見表

    様々な金融機関で、多くの借り入れプランが展開されています。

    例えばアコムでは、カードローン付きクレジットカードの「ACマスターカード」がありますが、クレジットの限度額よりカードローンの限度額の方が高く設定されています。

    その他の大手カードローンと合わせてご紹介いたしますので、ご覧ください。

    プラン名 金利 最大限度額
    三菱東京UFJ銀行カードローン
    バンクイック
    年1.8%~14.6% 500万円
    アコムACマスターカード
    カードローン
    年3.00%~18.00% 800万円
    アコムACマスターカード 年10.00%~14.6% 300万円

    カードローンとクレジットカードの借り入れ方法・返済方法の特徴は?

    「手軽で便利」であることがカードローンの最大の特徴の一つですが、クレジットカードのキャッシングの場合はどうなのでしょうか。
    借り入れ方法、返済方法についてまとめました。

    カードローンとクレジットカードのキャッシング機能、それぞれの借り入れ方法とは

    カードローンとクレジットカードのキャッシング機能、2つの借り入れ方法はほとんど違いはありません。

    簡単にその手順をご紹介しましょう。

    • ①提携しているATMでローンカード、クレジットカードなどを入れる。
    • ②画面の指示に従い「お借入」「ご融資」などのボタンを押す。
    • ③お金を受け取る。

    気軽に現金を借りられるのが、カードローンやキャッシング機能の特徴です。
    是非、計画的に利用しましょう。

    カードローンとクレジットカードのキャッシング機能、それぞれの返済方法とは

    借入方法と同様、返済手続きに関しても、ほとんど違いがありません。

    各金融機関ごとに決められた返済期日に従い、以下のような方法で返済ができます。

    • 口座振替
    • ATMでの振込
    • 店頭窓口
    • ネットバンキング

    ただしカードローンは分割払いが一般的であるのに対し、クレジットカードのキャッシングは一括払いが基本です。

    最近は分割払いに対応しているキャッシングも多く、例えば前述のアコムACマスターカードは、分割のリボルビング払いをすることもできます。

    カードローンとクレジットカード、どちらでキャッシングすべきか

    ここまでの記事を読んでくださった方は、「結局どちらでキャッシングすると良いのだろう?」と気になっていらっしゃるのではないでしょうか。

    それぞれの違いを具体的に比較しつつ、検証していきましょう。

    金利にどのくらい違いがあるのか

    一般的に、カードローンの方が金利は低く設定されています

    金利は限度額に反比例して下がっていきますので、最大限度額の大きいカードローンの方が金利が低くなるのは当然ですよね。

    どのくらいの違いがあるか、三菱東京UFJ銀行のバンクイックを例に見てみましょう。

    プラン名 金利 最大限度額
    三菱東京UFJ銀行カードローン
    バンクイック
    年1.8%~14.6% 500万円
    アコムACマスターカード
    カードローン
    年3.00%~18.00% 800万円
    アコムACマスターカード 年10.00%~14.6% 300万円

    それぞれのメリット・デメリット

    カードローンにもクレジットカードのキャッシングにも、メリットとデメリットは当然それぞれ存在します。
    ここでは簡単に、いくつかの例を挙げてみましょう。

    メリット デメリット
    カードローン ・最大限度額が高く、金利が低い傾向がある
    ・分割払いが基本で返済計画を立てやすい
    ・契約するまでの敷居が高い
    ・お金を借りる以外の利点・得点がない
    クレジットカード ・ポイントシステムや保険など、カードの付帯サービスが多い
    ・クレジットカードは持っている人が多く、キャッシングの敷居が低い
    ・ショッピング枠を使うとキャッシング枠も減る
    ・最大限度額が低く、金利が高めの傾向がある

    状況別 キャッシングとクレジットカードのどちらがおすすめ?

    それぞれ独自の強みについて、ご理解いただけたことでしょう。
    いくつか状況別のお勧め例を、ピックアップしました。

    ◎散財しすぎてしまい、給料日までお金が持たない
     ⇒ 短期間だけ借り入れしたいなら、クレジットカードのキャッシングがお勧め。
    クレジットカードのキャッシングは一括返済が基本なので、利息の支払い総額を減らしやすく、短期間の借り入れに向いています。

    ◎新しい車やバイクがどうしても欲しい
     ⇒ 高額の融資を受けたいなら、カードローンがお勧め。
    カードローンのプランは基本的に最大限度額が高いものが多く、例え審査で希望額の申請が通らずとも、高額の融資を受けやすいでしょう。

    ◎急な入院でお金が必要! しかしカードローンもクレジットカードも未契約
     ⇒ 急いで資金が必要なら、カードローンがお勧め。
    クレジットカードより、カードローンの方が審査が早い傾向があります。

    特に前章でご紹介した「三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック」は、即日融資をセールスポイントに掲げており、テレビ窓口では最短40分で融資を受けられます。

    ◎せっかく契約するのだから、色々な場面で使いたい
     ⇒ 多彩な特典を希望するなら、クレジットカードのキャッシングがお勧め。
    お金を借りる以外にも特典が欲しい場合は、クレジットカードに申し込みましょう。

    保険などの付帯サービスがあり、ショッピング枠も使えるのは嬉しいですよね。

    クレジットカードを持っていなければキャッシング枠での借り入れはできないのか

    通常、キャッシング枠を利用するには、クレジットカードを持っていなければなりません。

    ですがアコムのACマスターカードは、ローンカードでありながらキャッシング枠が使えるので、非常にお得に使えます。

    銀行カードローンと消費者金融キャッシングの特徴とは

    クレジットカードのキャッシングについて検証しましたが、では、銀行カードローンと消費者金融キャッシングについてはどうでしょうか。
    それぞれの特徴について、項目別にご紹介します。

    銀行カードローンと消費者金融キャッシングの違い・特徴とは?

    銀行カードローンは審査が厳しいのでは、そう考えている方は多いと思います。
    果たしてそれは本当なのでしょうか。

    ここでは二つの特徴について押さえておきましょう

    • 銀行カードローン
    •  最大限度額が高く、金利が低め。
       契約時の審査が厳しめ。
       銀行口座に長く貯金を入れていると、ある程度審査に有利になる。

    • 消費者金融キャッシング
    •  最大限度額が低く、金利が高め。
       契約時の審査が優しめ。
       無利息期間を設けているプランが多い。

    いくつか例として、大手金融機関のプランをご紹介していきます。

    プラン名 金利 最大限度額
    三菱東京UFJ銀行カードローン
    バンクイック
    年1.8%~14.6% 500万円
    みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 800万円
    プロミス 年4.5%~17.8% 500万円

    消費者金融よりも銀行の方が安心なのか

    消費者金融に対して不安なイメージを持ってはいませんか?

    そういったイメージの多くは、漫画やドラマなどからきたものだと思いますが、あれはあくまでフィクションであり、闇金と呼ばれる違法業者です。

    消費者金融はクリーンな業者ですので、銀行と同じく、安心して利用することができます

    カードローンとキャッシングを詳しく比較

    銀行カードローンと消費者金融やクレジットカードのキャッシング、それぞれの特徴を解説してきました。

    そこで、お得に使うにはどちらが相応しいか、具体的なメリット、デメリットにはどんなものがあるのか、まとめていきましょう。

    金利が低いカードローンの方が得なのか

    銀行カードローンの方が金利が低くお得、それは基本的には間違いありません。

    しかし、以下のようにクレジットカードや消費者金融のキャッシングの方が、よりお得に使えるケースもあります。
    状況に応じて使い分けると良いでしょう。

    ・ごく短期間で返済できる見込みがある
    消費者金融キャッシングの中には、無利息期間を設けているプランもあります。

    その期間内に返済できれば、利息は完全にゼロになるので、銀行カードローンより消費者金融を利用した方がお得になるケースもあります。

    ・既にキャッシング枠のあるクレジットカードを持っている
    カードローンがどんなに早い審査、融資を掲げていても、多少の時間はかかります。

    審査の手間や時間を惜しむなら、既に持っているクレジットカードのキャッシングを利用した方が楽に使うことができるでしょう。

    それぞれのメリット・デメリットとは

    ここまでいくつかの章でご紹介してきましたが、改めてそれぞれのメリット・デメリットを比較してみます。

    ・銀行カードローン

    • メリット
    • ・最大限度額が高く、金利が低い傾向がある
      ・分割払いが基本で、返済計画を立てやすい
      ・銀行口座に預金があれば、審査に多少有利になる

    • デメリット
    • ・無利息期間を設けている銀行カードローンは余りない
      ・審査が厳しめ
      ・お金を借りる以外の特典はない

    ・消費者金融やクレジットカードのキャッシング

    • メリット
    • ・消費者金融では無利息期間を設けているところが多い
      ・審査がやさしめ
      ・クレジットカードはポイントや保険など、付帯サービスが多く、敷居も低い

    • デメリット
    • ・ショッピング枠を使うとキャッシング枠も減る
      ・最大限度額が低く、金利が高めの傾向がある
      ・クレジットカードの審査は時間がかかる

    金利・限度額・便利度などを比較すると?

    銀行カードローン、消費者金融キャッシング、クレジットカードのキャッシングのそれぞれの項目を、わかりやすく一つの表にまとめました。

    種類 金利 最大限度額 審査速度 その他の特典
    銀行カードローン
    ※無利息期間も余りない
    消費者金融
    キャッシング

    ※無利息期間がある
    クレジットカードのキャッシング
    ※ポイント、保険、ショッピング枠など

    お金を借りる選択肢として、様々なカードローンやキャッシングがありますが、どれを選べばいいかとなると、使い慣れた人でも迷ってしまいますよね。
    それぞれのメリット、デメリットについて、ご存知でしょうか。 細かく比較し、徹底的に検証していきましょう。

    初めてだけど安心してお金を借りたい!絶対迷わない金融機関選び

    Cache_36_P0145

    「急な出費ができてしまったけれど、どうしても手持ちのお金では足りない」 カードローンを利用したことがない方なら当然、お金を借りることに大きな抵抗やがあるものです。 カードローンは決して怖いものではありません。しかし、利用するためにはきちんと商品の内容を理解し、しっかりと計画を立てた上で利用することが重要です。

    どこで借りたらいいのか。まずは金融機関選びから

    お金を借りることを決めたら、まず具体的にどこで借り入れるかを決めなければなりませんね。カードローンは大きく分けて消費者金融のカードローンと銀行カードローンの2種類があり、どちらもメリット・デメリットがあります。

    まずは自分がお金を借りるに当たり、どのようなことを優先させたいのかを考えて金融機関を選んでいきましょう。

    初めてでも分かりやすく手続きができる会社を紹介します

    カードローンを利用するのは初めてだから、「手続きの分かりやすさを優先したい」という方には消費者金融カードローンをおすすめします。

    どの消費者金融も商品はほぼカードローンに特化されているため、プランが明瞭で借りやすい仕組みになっています。大手消費者金融なら審査もスピーディで即日融資に対応しているところも数多くあります。

    できるだけ金利を安く借りたい場合

    カードローンを利用してみたいけれど、手続きの分かりやすさよりも「金利の低さを優先したい」という方には銀行カードローンがおすすめです。

    消費者金融と比べると審査は厳しいと言われており、時間がかかる場合が多いのですが、安い金利でお金を借りることができます。

    消費者金融・銀行を特徴別で徹底比較

    カードローンの借り入れ先として消費者金融と銀行があること、それぞれの大まかな特徴を挙げました。

    しかし、同じカードローンなのに消費者金融・銀行と分類されているのはなぜなのでしょうか?両者の間にはどのような違いがあるのでしょうか?より具体的に比較してみましょう。

    大手消費者金融(プロミス・アコム・アイフルなど)それぞれの特徴とおすすめ

    消費者金融とは、貸金業法に則ってお金を貸している貸金業者を指します。先に少し触れたように、お金を借りたい方が利用しやすいような様々なサービスが提供されています。

    一昔前のイメージも手伝って、非常に高い金利が適用されているのではないか、また万一延滞したような時に厳しい取り立てなどがあったりするのではないかと思われる方がいたりしますが、現在では全くそのようなことはありません。

    特にメガバンクの傘下に入っていたり、テレビCMなどを流しているような大手消費者金融なら、安心して融資を受けられます。そんな大手消費者金融それぞれの特徴やおすすめポイントを比較してみましょう。

    プロミス アコム アイフル
    金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
    借入限度額 500万円以内 800万円以内 500万円以内
    審査時間 最短30分 最短30分 最短30分
    融資までの時間 即日融資可 最短1時間 即日融資可
    借り入れ可能者 20歳以上69歳以下の安定した収入のある方 20歳以上の安定した収入と返済能力のある方 20歳以上69歳以下の定期的な収入と返済能力のある方
    土日融資
    特徴 借入の振込指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は土日祝も24時間即日振込可能 借入の振込指定口座が楽天銀行の場合、0:10~23:50の受付なら土日祝も1分程度で振込可能 女性専用ローンや女性専用ダイヤルあり

    消費者金融のカードローンでは、金融機関によって金利に大きな違いは見られません。また審査にかかる時間や融資までにかかる時間もあまり違いがありません。しかし金利・融資までのスピード以外に3社の特徴が見られます。

  • プロミス
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行に預金口座をお持ちの方にはぜひおすすめしたいのがプロミスです。

    土日祝も含み24時間振込みサービスを行っているからです。ネットからの手続きのあと即時入金される便利さに加え、この振込み手数料はプロミスが負担するので無料で利用できるという嬉しいメリットもあります。

  • アコム
  • 電話で相談しながら申し込みを進めたい方におすすめです。何といっても初めて申し込みの方の問い合わせフリーダイヤルが24時間受け付けなのです。

    都合が良いときにいつでも相談・申し込みができるので、忙しい方の強い味方ですね。

  • アイフル
  • 家族に内密に借り入れしたい方にはアイフルの「配達時間えらべーる」というサービスがおすすめです。これは自宅にローンカードを郵送してもらう時間帯を指定できるというものです。

    自動契約機が近くにない方や忙しくてカードを取りにいけない方は自宅への郵送になりますが、配達時間帯を選べることで他に家族が居ないときに届けてもらうことができます。

    消費者金融では借りたくない…銀行で借りるのは難しいのか

    大手消費者金融の商品内容についての比較を見てみました。しかし銀行カードローンと比べて高い金利が気になる・やはり銀行の方が安心してお金を借りられるといった意見もあると思います。

    先に少し触れましたが、銀行カードローンは上限金利が15%前後になっている場合が多く、消費者金融と比較すると数%も金利が低くなっています。

    ただ、金利の低さゆえに、返済されない事態(いわゆる貸し倒れ)のリスクを消費者金融より小さくしなければなりません。その結果、審査が厳しく、融資までに審査する時間が長くなるという点が、消費者金融と比べると一般的なデメリットになります。

    そこで、

    1 融資までを急いでいない
    2 安定した収入や長い勤務歴がある(=属性が高い)
    3 過去にクレジットカードの利用分や商品の分割払いをきちんと返済してきた実績がある(=高い信用情報がある)

    の3点を満たしている方はまず銀行カードローンに申し込んでみることをおすすめします。

    クレジットカードでお金を借りられるのか

    カードローンでのキャッシングについて見てきましたが、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるという方法もあるのではないかと思われた方もいるでしょう。

    クレジットカードを普段のショッピングなどで利用している方はかなり多いと思います。そして最初からキャッシング枠が付帯している場合も多いので、わざわざ新たにカードローンに申し込みをしなくてもお金を借りることはできます。

    しかし、クレジットカードでキャッシングをした場合の金利は非常に高くなっています。

    例えば、30万円をイオン銀行のカードローンで借りる場合と、同じく30万円をイオンカード(クレジットカード)でキャッシングをする場合を比べてみると、カードローンで借りる場合の適用金利は上限でも年利13.8%です。しかし、イオンカードでキャッシングをする場合には金利は18.0%に跳ね上がります。同じイオンのサービスにも関わらず、かなり大きな違いがあることが分かりますね。

    そこで、ショッピングはクレジットカード・お金を借りるにはカードローン、と使い分けるのが上手なやりくりになるでしょう。

    キャッシング審査の流れを申し込みから借り入れまでを確認

    自分の目的に合わせて、消費者金融か銀行かどちらのカードローンを利用するかを決めたなら、いよいよ次は申し込みです。

    申し込みはカードローンを利用するための最初の手続きであって、かなり重要な部分ですので、計画的に進めていかなければなりません。

    お金を借りるまでの手順と準備するもの

    利用するカードローン商品を決めたら申し込みの準備に入ります。申し込みに当たって、準備しておかなければならないものは金融機関によって異なってきますが、必要な書類などは申し込みをする段階できちんと用意しておきたいものです。

    <おすすめの手順>

    • 1 必要書類を用意する
    • 申し込みをするにあたって事前に準備しておくべき書類が複数あります。ケースによって必要書類の数が異なるので下記で確認してみましょう。

    • 2 各金融機関の公式サイトにある簡易診断を受ける
    • カードローンの審査は落ちてしまうと信用情報機関に記録が残ってしまい、その後の申し込みに悪影響を与えてしまうこともあります。簡易審査は絶対ではありませんが、借り入れの一つの目安として利用してみると良いでしょう。

    • 3 申し込みを始める
    • 金融機関によっていろいろな申し込み方法がありますが、最近はスマートフォン1台でネット申し込みができるようになっています。

      申し込みする時間帯を選ばないことや手続きが手軽にできること、融資までにかかる時間が短く済むこと、とメリットが多数あります。

      特別な事情がない限りは、便利なネットからの申し込みをおすすめします。

    <準備するもの>

  • 通常の場合
  • ・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)のみ

  • 指定の本人確認書類を持っていない場合
  • ・金融機関が指定する本人確認書類(住民票や健康保険証、マイナンバーカードなど)

  • 1社での借入金額が消費者金融で50万円、銀行で200万円を超えた場合
  • ・本人確認書類
    ・収入証明書(源泉徴収書や確定申告書など)

    借りるときには仕事先の電話番号など教えなければいけないのか。仕事先に電話が来る?

    カードローン申し込み時に仕事先の電話番号を申告するのは必須で、申告した仕事先に申し込み者が本当に務めているのか確認をするため仕事先に電話がかけられます。これを在籍確認と言います。

    仕事先に電話連絡がくる、と聞くと借り入れをすることを周囲に知られてしまうのではないかと不安になりますが、事前にお願いしておけば、カードローンを申し込んだとは分からないように個人名で電話する配慮はしてもらえますので心配は要りません。そして、電話がかかってきた時に本人が席を外していても、電話に出た方から確認が取れれば終了となります。

    この在籍確認は電話連絡が一般的です。しかし例えば銀行のカードローンなどでは、申し込み者がその銀行に持っている口座が給与受け取り口座に指定されていれば、それを在籍確認の代わりにする場合もあります。

    また、審査状況しだいでは、勤務先の社会保険証や社員証の写しなどを提出することで在籍確認の代わりとする金融機関などもあります。

    仕事中に勤務先に連絡が来る在籍確認は、申し込み手続きの中で最も煩わしく、不安なものだと言えます。仕事先への電話連絡がどうしても不安だという方は、書類で代用ができるかどうか担当者に相談してみることをおすすめします。

    初めての借り入れQ&A|悩み・不安はこれで解消

    カードローン商品の内容をしっかり把握し、お金を借り入れた後の返済計画まで立てるほど周到に準備していても、いざとなると「これはどうだろう?」という疑問点はたくさん出てくるものです。初めてカードローンを利用するのですから疑問が出てくるのは当然ですね。

    家にバレずにお金を借りられるのか。請求書や督促の書類は必ず自宅に届く?

    家族にバレることなくお金を借りたい、と思うことも当然あるでしょう。ネットや自動契約機、提携ATM を利用することで、カードローンは誰にも知られないように申し込みから借り入れまでが済みます。請求書・利用明細書などもネットで確認するように設定すれば書類が届くことはなくなります。

    ただし、返済が滞ったり利用者本人と連絡が取れなくなるなど、金融機関がやむを得ないと判断した時には自宅に電話連絡をすることもあります。また請求書や督促書類が自宅に届けられることももちろんあります。

    家族にお金を借りていることを絶対に知られたくないというのであれば、必ず返済日を守らなくてはいけません。また万一遅れそうな時には必ずこちらから先に金融機関へ連絡を入れ、返済の約束をきちんとすることで、こういった郵送物が届くリスクを最小限にできます。

    銀行・消費者金融は敵ではなく味方です。「困ったときにはすぐに報告・相談」を心がけましょう。

    1万円だけでも借りられる?まとまった額を借り入れなければいけないのか。

    カードローンの初回の借り入れ金額は、消費者金融・銀行ともに1000円から借りられるのが一般的です。

    例えば、借り入れ限度額が50万円に設定されたからと言って、必要のないお金を何万円も借りる必要は全くありません。借り入れた分には当然利息が発生するのですから、必要最小限の額だけを借りるのが上手な家計のやりくりにつながります。

    「急な出費ができてしまったけれど、どうしても手持ちのお金では足りない」 カードローンを利用したことがない方なら当然、お金を借りることに大きな抵抗やがあるものです。 カードローンは決して怖いものではありません。しかし、利用するためにはきちんと商品の内容を理解し、しっかりと計画を立てた上で利用することが重要です。

    在籍確認なしでお金を借りたい!おすすめの消費者金融2つを比較

    Cache_05_p0118

    金融機関でお金を借りる際には、個人情報漏えいがないように、細心の注意が払われます。そのため、自分が借り入れを行ったことを周囲に知られることは、基本的にはありません。しかし、在籍確認のために勤務先に電話をされるときには、職場の方にバレてしまいそうで少し怖いですよね。今回は、在籍確認とはどのようなものか、在籍確認なしでお金を借りることができるのかどうかを解説していきます。

    そもそも在籍確認とは?在籍確認の有無をチェック

    在籍確認とは、カードローン・キャッシングの申し込み者に返済能力があるのか、勤務先について嘘の申告をしていないかを確かめるために、勤務先に電話をかけて在籍の有無を確認するものです。

    まずは在籍確認の特徴について、学んでいきましょう。

    お金を借りるときには必須か

    在籍確認は、申し込み者に返済能力があるかを判断する重要な審査項目ですので、お金を借りる際には必ず行われます。本人が在籍確認の際に職場にいなくても、代わりに電話に出た方から在籍していることが確認できれば良いので、「○○は席を外しております。」などと対応されれば問題ありません。

    在籍確認は、本当に勤務しているかを確認するためだけに行うため、確認が取れればその後かかってくることはありません。本人が電話に出た際も「この電話で在籍が確認できましたので、審査を進めさせていただきます」などとあっさり終わります。

    プライバシーを守りたい場合はなにをすればよいのか

    プライバシーを守るため、「△△(消費者金融名)ですが」などと会社名で電話をかけることはなく、「□□(個人名)ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」というかけ方をします。

    周囲にばれないように配慮はされていますが、個人名でかけてくる=消費者金融の借り入れだと知っている勘の鋭い方は、もしかしたら気づいてしまうかもしれません。

    また、銀行の場合は「○○銀行ですが」と名乗るのを基本としていることが多いため、銀行名で電話がかかってくるのを避けたい場合は、個人名でかけてくれるように事前に相談する必要があります。

    在籍確認はいつ行われるのか

    在籍確認は、借り入れの申し込み後、審査の一環として行われます。そのため、この在籍確認が完了しなければ審査は終わらず、お金を借りることができません。

    気を付けなければならないのは、即日融資が可能な金融機関に申し込んだ場合でも在籍確認は行われるということです。

    そのため、就業時間後の、職場に誰もいないような時間に申し込みを行った場合、在籍確認ができずに審査の結果が翌日以降に持ち越されます。なるべく早くお金を借りたいという方は、就業時間内に在籍確認が行われるよう、早めに申し込みを済ませておきましょう。

    自動契約機で申し込んでも在籍確認はあるのか

    近年では、自分の都合が良いときに借り入れ契約を行うことができる自動契約機が日本全国に普及しています。自動契約機の多くは土日祝日も営業しており、即日融資が可能ですが、ここでもやはり在籍確認は行われます。

    さらに、自動契約機で申し込みを行うと、審査完了まで契約機のボックスから出られないので、自分が職場にいないときに在籍確認の電話がかかってくることは基本的に避けられません。

    クレジットカードのキャッシング枠で借り入れた場合も在籍確認はあるのか

    クレジットカードを発行する際の在籍確認は消費者金融・銀行のカードローンと違い、必ず電話されるとは決まっていません。それぞれのカード会社・審査状況によってバラバラです。

    つまり、現在手元にキャッシング枠が付いているクレジットカードを持っている場合に、キャッシング機能を使ったからといって在籍確認の電話がくる、ということはほぼありえません。あくまで申し込み時点で行われるのが在籍確認だからです。

    どんな勤務先にも在籍確認はくるのか

    正職員だけではなく、派遣社員やアルバイトの方の職場にも在籍確認はあるのでしょうか。また、カードローン利用中に勤務先が変わった場合は、再び在籍確認をするのでしょうか。

    派遣・アルバイトの在籍確認はどうなっているのか

    派遣やアルバイトなどのいわゆる非正規職員でも、在籍確認は例外なく行われます。派遣先やアルバイト先に普段は電話がかかってこない勤務先の場合、周りに不審がられるかもしれませんが、申し込み時の在籍確認電話は基本的に避けて通ることができませんので、まずはかかってくるものだと割り切りましょう。

    勤務先変更の手続きをしたら、新しい勤務先にも在籍確認があるのか

    借り入れ金額が多く、返済が長期間に渡る場合は、返済期間中に転職などで勤務先が変わることがあるかもしれません。そういう場合、新しい勤務先にも在籍確認の電話があるのでしょうか。

    申し込み時の申請内容から変更があった場合には報告するのが義務ですから、手続きを怠らないようにしましょう。金融機関によりますが、勤務先変更の手続きをしても、ほとんどの場合は再度の在籍確認は行われません。

    ただし、借り入れ限度額を増枠したい場合に、勤務先が最初と変わっていれば、新しい勤務先に電話される可能性があります。

    勤務先への在籍確認の電話は避けられないのか?

    繰り返しになりますが、在籍確認は基本的に勤務先に電話をするという方法で行われます。普段は勤務先に電話がかかってこないという方にとっては、借り入れをすることが職場に知られてしまうのではないかと不安になりますよね。そこで勤務先への電話は、絶対に避けられないのかを解説していきます。

    電話以外の方法で在籍確認してもらうことは可能か

    職場への電話は絶対に避けられないのかというと、実はそうでもありません。消費者金融機関のカードローンでは、職場への電話の代わりに、書類を提出することで在籍確認ができる場合があります。

    そこで先ほどから、在籍確認のために「基本的には」電話がある、という言い方をしてきました。

    ただし、消費者金融に申し込めば絶対に電話での在籍確認がなくなるというわけではありません。書類での在籍確認は、「勤務先に個人名で電話がくると、個人情報保護の観点から取り次いでもらえない」、「工場勤務のため、誰も電話にでることができない」、「普段は外部から電話がこない職場なので、どうしても避けたい」など、特殊な事情があるときにお願いできる例外的なものだと考えておきましょう。

    書類提出で代用できるのか

    在籍確認を電話ではなく、書類の提出で行ってくれるかどうかは、借り入れを申し込んだ金融機関に電話をして、担当者に直接相談をする必要があります。

    その際、消費者金融は審査にかかる日数が少ないことをウリにしていることが多いため、申し込み後すぐに電話をしないと、すでに在籍確認に進んでしまっていることがあります。

    そこで、在籍確認の電話を避けるお願いをするには、電話での申し込みをして事情を話すか、ネットでの申し込みのあとすぐに電話連絡をすると良いでしょう。

    では、電話での在籍確認を書類で代用する場合、どのような書類を用意すればよいのでしょうか。当然ですが、勤務していることを確認できるものでなければいけませんので、勤務先と本人名が記載されている書類が必要です。

    【在籍確認に必要な書類一覧】

    • 顔写真入りの社員証のコピー
    • 収入証明書
    • 給与明細書
    • 雇用契約書

    特に、顔写真入りの社員証と、直近1ヶ月の給与明細書などの提出を求められるケースが多いです。派遣で働いているため、社員証を持っていないなどの事情がある場合でも、状況に合わせた最適な提案を担当者にしてもらえるので、まずは相談をしてみましょう。

    電話連絡なしにできる可能性のある消費者金融まとめ

    以下では、電話連絡なしにできる可能性のある消費者金融を紹介します。

    • モビット:「web完結申し込み」で、電話連絡なしにする
    • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていて、返済に利用すること
    • 本人確認書類として、運転免許証かパスポートの写しを提出すること
    • 収入を証明する書類として、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書の写しのいずれかを提出すること
    • 勤務先を確認する書類として、健康保険証と直近1ヶ月分の給与明細書の写しを提出すること
    • プロミス・アイフル:個別に審査し、場合によっては認める
    • それぞれの審査状況によって社会保険証・社員証・源泉徴収票などの書類の提出に代えられる可能性あり(電話問い合わせにて確認)

    この3社の中でも「モビットのWEB完結」だけが「電話連絡なし(書類で代用可)」と明示しています。どうしても勤務先への電話を避けたい場合には、まずモビットへの申し込みを考えると良いですね。

    ただし「審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります」とされており、モビットでも例外はあることには注意しておきましょう。

    金融機関でお金を借りる際には、個人情報漏えいがないように、細心の注意が払われます。そのため、自分が借り入れを行ったことを周囲に知られることは、基本的にはありません。しかし、在籍確認のために勤務先に電話をされるときには、職場の方にバレてしまいそうで少し怖いですよね。今回は、在籍確認とはどのようなものか、在籍確認なしでお金を借りることができるのかどうかを解説していきます。

    キャッシング申し込みの審査に通らない人が押さえるべきポイント4つ

    Cache_06

    気軽にお金を借りることができる消費者金融やカードローンですが、必ず審査を通過する必要があります。 そのため、「審査にとおるのか」と不安になる人も多いでしょう。 そこで今回は、キャッシング申込みの審査や流れについて、疑問に持ちやすいポイントも徹底解説します。ぜひ確認してください。

    消費者金融・カードローンへの申し込み

    それではまずはキャッシングの申し込みから審査までの流れについてカンタンに見ていきましょう。

    申し込みの審査基準・流れとは

    金融機関ごとに多少の違いはありますが、審査の流れは次のようになります。

    • 金融機関へキャッシングの申込み
    • 金融機関では、はじめに申込者の信用情報を審査します。
      信用情報機関や社内データベースに照らし合わせて、申込者の金融機関の利用履歴を調べて、遅延や延滞などの金融事故がないかを調査されます。

    • 属性(申込者の年収・勤務先など)を審査
    • 金融機関の担当者が申込者から提出された情報をもとに属性を審査されます。
      この際、申込者が申告した勤務先に本当に在籍をしているかを職場に電話をして確認をする「在籍確認」も行われます。

    • 融資の可否と融資可能額の決定
    • 金融機関の基準に則って融資の可否と融資可能額を決定し、申込者へ通達します。

    審査項目や基準について、各金融機関は情報を公開していないため詳細な内容は分かりませんが、代表的な審査項目は以下のようになります。

    項目 内容
    本人に関する情報 年収
    年齢
    性別
    独身か既婚か
    子供の有無
    同居家族の有無
    保険の種類
    学歴
    など
    仕事や勤務先に関する情報 勤務先名
    勤務先種類
    業種
    社員数
    勤続年数
    雇用形態
    役職
    収入形態
    など
    借入情報(現在の状況・借入後の希望) 他者からの借入件数
    借入金額
    希望の借入金額
    借入金の用途
    借入情報(過去の利用履歴) ローンやクレジットカードの利用履歴
    遅延や延滞の有無

    消費者金融とカードローンでは審査に違いがあるのか

    先に触れたとおり、各金融機関での審査項目や基準は公開されていないため、具体的にどのような違いがあるかを比較することは困難です。

    しかし、申込み時に申請する項目がどの金融機関でも大きな違いがないことから、審査項目にも大きな違いがないことが推測できます。

    審査は「申込者が貸したお金をきちんと返してくれるか」を判断するために行うものですので、審査項目に大きな違いがないことは容易に想像できますよね。

    一方、審査の厳しさについてですが、一般的に銀行カードローンの方が消費者金融よりも審査通過が難しいと言われています。
    これは、銀行カードローンと消費者金融の金利を比較すると銀行カードローンの金利の方が基本的に低いため、当然ですね。

    クレジットカードのキャッシング枠利用より、消費者金融やカードローンの方がお得な理由とは

    クレジットカードをお持ちの方であれば、クレジットカードに「キャッシング枠」が設けられていることはご存じでしょう。
    また、クレジットカードの「キャッシング枠」を利用すればいつでも好きにお金を借りることができるので便利ですが、
    クレジットカードの「キャッシング枠」と消費者金融やカードローンとの違いは以外とわからない方が多いのでないでしょうか。

    一言で言ってしまうと、「キャッシング枠」の金利は高く(基本的に金利18%)、そして返済は一括返済が基本です。

    キャッシングと消費者金融やカードローンの違い

    クレジットカードの
    キャッシング枠
    消費者金融やカードローン
    • 緊急で、一時的な現金が必要な人向け
    • 借入額が少額
    • 一括返済が基本
    • 借り入れを複数回繰り返す人向け
    • 急ぎで現金が必要な人
    • 利息を抑えたい人
    • 分割払いが可能

    上記表にまとめたとおり、クレジットカードのキャッシング枠は「緊急時の奥の手」といった使い方が基本です。

    継続的に借入を行う場合は、利息や柔軟な返済が可能な点で有利な消費者金融やカードローンで借り入れることをオススメします。

    審査についての疑問に答えます

    審査は不透明な部分が多く、申込みをする人にとっては不安が大きいですよね。
    ここでは、不安を解消するために、審査にまつわる疑問を解決していきます。

    キャッシングの審査に通るために必要な収入とは

    特に収入が低い方にとっては、どれくらいの収入があれば審査を通過できるか不安ですよね。
    収入は審査において大きな要素の一つですが、年収が50万円~100万円ほどあれば審査を通過できる可能性はあります。

    つまり収入は大きな要素でありながら、あくまで審査項目の一つです。
    たとえ収入が低くても、勤続年数が長く収入が安定していたり、信用情報が良好だったり、それ以外の項目で問題がなければ審査を通過できる可能性は十分にあります。

    ただし収入が低い場合、借入限度額はあまり多くは望めません。
    収入に見合っていない限度額を申込み時に希望すると、その分審査がシビアになり通過が難しくなることが考えられますので、自身の収入に見合った額で申し込みをして、まずは審査に通過することを優先しましょう

    借りたお金を毎月キチンと返済し、余裕があれば繰り上げ返済を行うことで金融機関からの信用度が上がっていき、限度額増額のチャンスはいくらでも生まれます。

    消費者金融・カードローンやクレジットカードに申し込むと信用情報として残り、審査に通りにくくなる?

    消費者金融やカードローン、クレジットカードに申し込むと、その情報は信用情報機関に記録されます。
    その際に気を付けなければならないのは、「多重申込み」です。

    お金に困っていてすぐに現金が欲しいとき、審査に通過できるかどうか自信がないとつい色々な金融機関に申し込みをしたくなるでしょう。

    しかし、短期間で色々なところに申込みをしているのは信用情報からすぐに分かります。

    そのため、金融機関からは「手当り次第に申込みをしているなんて、よっぽどお金に困っているに違いない。お金を貸しても返済されないかもしれない」と判断されてしまい、審査通過が難しくなります

    そこで、申込みの際には審査通過の可能性が高いと思われる1つか2つの金融機関に絞って申し込みをするのをオススメします。

    申込みの記録は信用情報機関に半年間ほど残ります。もし審査に落ちてしまった場合は、記録が消えるのを待ってから申し込みをするほうが良いでしょう。

    金融事故を起こした人は、キャッシングの審査に通ることができるのか

    金融事故とは、つまり借りたお金の返済を遅延・滞納してしまったり、債務整理を行なったりすることです。
    そしてこれらの情報もやはり信用情報機関に記録されます。

    融事故の記録が信用情報機関にあるのを「ブラックリストに載る」ともいいますが、その場合、キャッシングの審査を通過するのはほぼ不可能と考えてよいでしょう。

    金融事故があってもお金を貸してくれるところは闇金の可能性が非常に高いです。
    闇金で借りてしまうと、法外な金利や悪質な取り立てにより人生がメチャクチャになってしまう危険性がありますので、絶対に利用しないようにしましょう。

    債務整理の場合には約7年、遅延や延滞の場合は約5年記録が完済(自己破産の場合は債務免除)の後もその信用情報が残ります。
    遅延や延滞を行っている場合、まずは速やかに返済しましょう

    初めての借り入れなら、大手消費者金融がおすすめ

    一概にどこの消費者金融が安全というのはありませんが、特に初心者の方には大手消費者金融の「プロミス」か「アコム」で借り入れすることをおすすめします。プロミスなら最短3分で申し込みが完了し、アコムは審査回答が最短30分で完了します。今日中に借りれるので、初めての人でも利用しやすいのが特徴です。
    また、安全に利用するためにも、返済期日や返済方法等はしっかり確認しておきましょう。

    審査最短30分のプロミス

    promise-banner

    おすすめ度5,0

    審査時間
    最短30分 
    融資時間
    最短即日 
    限度額(極度額)
    最大500万円 
    実質年率
    年4.5%~17.8% 

    最短3分申込完了のプロミス

    • 項目の少ないカンタン入力
    • Webなら最短1時間で借りることが可能

    30日間金利0円

    acom-banner-pc-20170217

    おすすめ度4.5

    審査時間
    最短30分 
    融資時間
    最短即日 
    限度額(極度額)
    最大800万円 
    実質年率
    年3.0%~18.0% 

    審査最短30分のアコム

    • 最短で今日中にお金を借りることが可能
    • 最大30日間の無利息期間

    銀行カードローンならバンクイック

    これからカードローンでお金をかりたいと考えている方におすすめなのは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックです。
    バンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能なためおすすめです。
    長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

    三菱東京UFJ銀行カードローン

    mufg-banner-20170430

    おすすめ度5.0

    審査時間
    翌日以降 
    融資時間
    翌日以降 
    限度額(極度額)
    最大500万円 
    実質年率
    年1.8%~14.6% 

    ※商品名は「バンクイック」です。

    三菱東京UFJ銀行に申込

    楽天カードのキャッシングがおすすめ

    楽天カードでキャッシングの申込はできるのか

    楽天カードでキャッシングの申込は可能です。
    すでに楽天カードを持っている方はもちろん、新規で楽天カードに申し込み、カード発行と同時にキャッシングを利用することもできます。

    楽天銀行カードキャッシングの審査基準

    クレジットカードのキャッシングは貸金業法に基づいて、利用可能枠は年収の3分の1を超える借入で総量規制がかかります。

    主な審査基準として3つ挙げられます。
    それが
    1.他の金融会社からの借入がどれくらいの額あるのか
    2.個人に継続的な収入があるのか
    3.貸し倒れリスクがないか
    これらの3つです。

    これらの点を追加申し込みの場合は信用情報を再度開示して行っていきます。

    気軽にお金を借りることができる消費者金融やカードローンですが、必ず審査を通過する必要があります。 そのため、「審査にとおるのか」と不安になる人も多いでしょう。 そこで今回は、キャッシング申込みの審査や流れについて、疑問に持ちやすいポイントも徹底解説します。ぜひ確認してください。

    キャッシングの申し込み方法は5通り!申込方法の特徴から徹底比較

    Cache_06

    冠婚葬祭など急な出費に対応するために現金が必要になった場合、ATMから現金を借り入れるキャッシングが便利です。 しかし利用方法が複数存在し、申し込み時の流れや特徴が分かりづらいですよね。 ここでは、その不安を取り除くためそれぞれの方法の申し込みについてお伝えします。ぜひ参考にしてください。

    消費者金融・カードローンでのキャッシング申し込み方法を紹介

    まずは、消費者金融や銀行のカードローンの申し込み方法をご紹介します。
    申し込み方法は複数あり、自身の都合に応じて最適なものを選べるようになっていますので、どの方法が自身に合っているのかを確認してみてください。

    申し込み方法にはどのような種類・違いがあるのか

    カードローンに申し込む方法は主に5種類あります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

    • ①Web申し込み
      パソコンやスマホからインターネットを利用して申し込む方法です。
      インターネットを利用できる環境であれば、パソコンやスマホで申し込みから契約までの手続きを完結させることができます
      スマホは特に外出先でも申し込みが可能ですので、急にお金が必要になった時にもすぐに申し込むことができます
    • ②電話申し込み
      外出先でキャッシングの申し込みをしたい場合におすすめなのが、電話での申し込みです。電話が使えればどこからでも申し込みが可能ですから、外出先で忘れないうちに申し込んでおくこともできます。
      24時間365日受付をしている金融機関もありますので、忙しい方でも利用することができます
    • ③店頭窓口
      実際に金融機関の店舗に行って、窓口で申し込みを行うものです。スタッフと対面して契約を進めるため、疑問点が生じたらその都度質問することができます。
      しかし、家族や会社の人など誰かに見られるのが嫌だという方は、お店に入るところを見られたり、店舗内で知り合いに出会ったりする可能性も否定できませんので、あまりおすすめできません。
    • ④無人契約機
      主に消費者金融が全国に設置している無人契約機は、誰にも会わずにATMのような機械を利用して申し込みができます。
      画面に表示される指示に従うだけで、申し込み・審査・契約・カード発行までの手続きの全てを契約機の中で行うことができます。無人契約機の中に専用の電話がついており、わからないことがあればそこからオペレーターに質問することも可能です。しかし、審査中も原則契約機から出ることができないため、時間を持て余してしまいます。
    • ⑤郵送
      じっくり考えて申し込みたいという方は、書類の記入も証明書の用意も自身のペースで行える郵送がおすすめです。
      まず電話で連絡し、申込書類を自宅に郵送してもらってから、必要な証明書などとともに申込書を返送することで申し込めます。
      ただし契約書類とキャッシングに必要なカードは自宅に郵送されるため、家族に内緒で借り入れを行いたい方にはおすすめできません。
      また、自宅の場所によっては審査が終了してカードが届くまでに日数を要することもありますので、急いでいるのであれば郵送は利用しないほうが良いでしょう。

    どの申し込み方法ならば最短で借り入れできるのか

    キャッシングを利用する際は、なるべく早く現金を手にしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。できれば最短で借り入れる方法で申し込みたいですよね。
    先ほどご紹介した5つの申し込み方法の中で最短で借り入れができるのは、Web申し込みです。
    申し込みから契約までをWebで完結させて、カードを店頭や無人契約機で受け取ることで、早く借り入れを行えます。

    無人契約機での申し込みも最短で借り入れができると謳っていますが、審査の間契約機の中で待たなければならず、時間の無駄になってしまいます。
    Webで申し込みをして審査が完了してから、カードの受け取りのみを契約機で行う方が所要時間は短く済みます。そのため、無人契約機で申し込みを行うよりも、Webを利用して申し込んだ方が時間を節約できておすすめです。

    プロミス

    promise-banner

    おすすめ度5.0

    審査時間
    最短30分 
    融資時間
    最短即日 
    限度額(極度額)
    最大500万円 
    実質年率
    年4.5%~17.8% 

    プロミスに申し込み

    • 項目の少ないカンタン入力
    • Webなら最短1時間で借りることが可能

    消費者金融・カードローンでのキャッシング申し込みの疑問を解決

    消費者金融や銀行のカードローンを初めて申し込むときは、わからないことだらけで不安ですよね。申し込む前の疑問をここで解決しておきましょう。

    インターネットだけで申し込みが完了するのか。電話などで話さなくても問題ない?

    インターネットを利用したWeb申し込みでは、必要事項の記載を行うほかに、本人確認書類など必要書類の提出もWeb上で行う必要があります。
    スマホのカメラで書類の撮影をしたり、スキャナーで読み取ったデータを提出したりすることで、インターネットのみで申し込みを完了させることができます
    特に電話で話をする必要はありませんが、疑問点があった場合には電話で質問をすれば、オペレーターの方から回答を得ることができます。
    Webで申し込みをして、分からない点のみを電話で確認するという方法が一番スムーズに申し込めます

    どの申し込み方法でも、申し込み後に電話がかかってくるのか。どのような電話なのか

    どの申し込み方法を利用しても、基本的には金融機関から本人・勤務先に電話がかかってきます
    本人への電話は申し込みの意思と内容の確認のためにかけられます。
    勤務先への電話は「在籍確認」と呼ばれるもので、申し込み時に記載した勤務先に本当に勤めているのか、虚偽の記載をしていないかを確認するためのものです。
    本人が勤め先にいて電話を受けるか、他の方が「ただ今席を外しております」など在籍が確認できる返答をすれば、在籍確認は終了です。
    金融機関も「カードローンの申し込みの件でお電話しました」などとキャッシングの申し込みをしたことを明かしませんので、会社にキャッシングがバレてしまうことはありません

    「申し込みをすると信用情報機関に載る」というのは、どういうことか

    どの金融機関でもキャッシングの申し込みをすると、信用情報機関に「申し込み・審査の可否・審査通過であればその融資限度額・キャッシングをすればその利用記録」が掲載され、どの金融機関からでも閲覧できるようになります。
    つまり、「いつどこに申し込んだ人なのか」「いくら借り入れ中の人なのか」など全てがキャッシングに申し込む際には審査の対象になります。

    「キャッシングに申し込むと信用情報に傷がついて、将来住宅ローンなどを組めなくなる」といった悪い噂を耳にすることがありますが、キャッシングを利用しただけでは信用情報に傷はつきません
    信用情報に傷がつくのは、借りたお金の返済が遅れる返済をせずに踏み倒すなどのいわゆる事故履歴があった場合のみです。

    ただし、先に触れたようにキャッシングをすると借り入れ内容が信用情報に記録されるため、あまりに高額な借り入れを複数の金融機関から行っている場合などは、将来住宅ローンなどを利用する際に不利になる可能性も否定できませんが、収入に対し返済可能な範囲の借り入れ額で、実際にきちんと返済を行っていれば、基本的には問題ないでしょう。

    キャッシング後に返済方法を変更する方法とは

    申し込み時には振り込みを希望していたけれど、面倒なので口座からの引き落としにしたいというように、申し込み後に返済方法を変更したい場合は、依頼書や申込書を別途提出すれば新たに自動支払いの登録がされます。

    例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックの場合、キャッシングカード発行時にもらえる「自動支払依頼書」に必要事項を記載して提出すれば、毎月返済額を自動で引き落としてくれます。
    また、オリックス銀行のカードローンは、ATM返済や振込返済の方は「預金口座振替依頼書」を提出することで、口座振替に切り替えることができます。
    金融機関のホームページやカード発行時に受け取る案内冊子に、返済方法の変更について記載されていますので、申し込み後に返済方法を変更することは難しいことではありません

    バンクイックの公式サイトへ

    クレジットカードのキャッシング枠の申し込み方法を紹介

    次に、クレジットカードのキャッシング枠を申し込む方法についてご紹介します。

    カード発行後のキャッシング枠申し込みはどうすればいいのか?

    既に持っているクレジットカードに新たにキャッシング枠をつけたくなった場合には、インターネットや郵送、店頭窓口など、カードローンの申し込みと同じような方法で申し込むことができます。
    申し込みをして審査があり、審査に通過すれば借り入れができるという流れはカードローンとほぼ同じです。

    キャッシング枠の申し込みからどれくらいの期間で借り入れが可能になるのか?

    クレジットカードのキャッシング枠を申し込む場合、一般的には金融機関のカードローンよりも借り入れまでに日数を要します
    審査が完了して借り入れができるまで、多くの場合1週間程度かかりますので、なるべく早く現金を手にしたい場合は、クレジットカードのキャッシング枠に申し込むのはおすすめできません。

    クレジットカードのキャッシング枠についての疑問を解決

    クレジットカードにキャッシング枠をつけると、通常のショッピング利用の他に現金の借り入れを行えるため、便利になりますよね。
    しかし、新たに申し込むとなると様々な疑問が生じます。
    ここでは、クレジットカードのキャッシング枠についての疑問を解決しておきましょう。

    キャッシング枠の有無でクレジットカード発行の審査通過率は変わるのか?

    ショッピングで利用するためだけにクレジットカードを発行する場合よりも、キャッシング枠を付けたときのほうが、審査は厳しくなると言われています。

    あまり知られていませんが、クレジットカードでショッピングしたものは、返済が終わるまで実は正式にその人のものではなく、「カード会社から借りている」状態なのです。

    これに対してキャッシング枠で現金を手に入れた場合は、使ってしまえばものは残らないので、カード会社としてはキャッシング枠を付ける方のリスクが大きいので、比例して審査も厳しくなっているのです。

    キャッシング枠増額の申し込み方法とは

    一度申し込んだキャッシング枠を増額したい場合は、インターネットや郵送、電話などで増額を申し込むことができます。

    増額を申し込むと審査が行われ、無事に通ればキャッシング枠が増額されます。

    返済能力があるかどうか、年収などをもとにきちんと審査されますので、審査には数日かかることが多いです。

    キャッシング後の返済方法を変更する(選ぶ)方法とは

    キャッシングの返済方法の変更は、ホームページや郵送、電話などで行うことができます。
    返済方法はショッピング枠と同じように、1回払いやリボ払いなどを選択することができます。

    初めてのキャッシング申込なら、大手消費者金融がおすすめ

    一概にどこの消費者金融が安全というのはありませんが、特に初心者の方には大手消費者金融の「プロミス」か「アコム」で借り入れすることをおすすめします。プロミスなら最短3分で申し込みが完了し、アコムは審査回答が最短30分で完了します。今日中に借りれるので、初めての人でも利用しやすいのが特徴です。
    また、安全に利用するためにも、返済期日や返済方法等はしっかり確認しておきましょう。

    審査最短30分のプロミス

    promise-banner

    おすすめ度5,0

    審査時間
    最短30分 
    融資時間
    最短即日 
    限度額(極度額)
    最大500万円 
    実質年率
    年4.5%~17.8% 

    最短3分申込完了のプロミス

    • 項目の少ないカンタン入力
    • Webなら最短1時間で借りることが可能

    30日間金利0円

    acom-banner-pc-20170217

    おすすめ度4.5

    審査時間
    最短30分 
    融資時間
    最短即日 
    限度額(極度額)
    最大800万円 
    実質年率
    年3.0%~18.0% 

    審査最短30分のアコム

    • 最短で今日中にお金を借りることが可能
    • 最大30日間の無利息期間

    銀行カードローンならバンクイック

    これからカードローンでお金をかりたいと考えている方におすすめなのは三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。
    バンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能なためおすすめです。
    長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

    三菱東京UFJ銀行カードローン

    mufg-banner-20170430

    おすすめ度5.0

    審査時間
    翌日以降 
    融資時間
    翌日以降 
    限度額(極度額)
    最大500万円 
    実質年率
    年1.8%~14.6% 

    ※商品名は「バンクイック」です。

    三菱東京UFJ銀行に申込

    冠婚葬祭など急な出費に対応するために現金が必要になった場合、ATMから現金を借り入れるキャッシングが便利です。 しかし利用方法が複数存在し、申し込み時の流れや特徴が分かりづらいですよね。 ここでは、その不安を取り除くためそれぞれの方法の申し込みについてお伝えします。ぜひ参考にしてください。

    キャッシングの申し込みブラックとは?2つのデメリットと対処法

    Cache_01_r0034

    キャッシングにおいて、延滞や自己破産といった事故履歴がなくとも、申し込みの仕方によって審査に通らなくなる「申し込みブラック」というものがあることをご存知でしょうか。 知らなかった方やこれから金融機関に申し込みをしようと考えていた方は当記事を読んで申し込みブラックの詳細と対処法を確認しましょう。

    申し込みブラックとは

    申し込みブラックとは、その名の通り、キャッシングの申し込みの時点でブラックのような扱いとなり、審査に通らなくなってしまう状態のことを言います。
    審査に通してもらえなくなる理由や、申し込みブラックの条件などを見ていきましょう。

    そもそも「申し込みブラック」とはどんなもの?

    例えば、1ヶ月の間で5社の金融機関にクレジットカードの申し込みをしたとします。
    複数機関へ申し込みをしていることについて、それぞれの金融機関は「この申込者はよほど金策に困っている」、「もしかしたら複数社から借りたお金を不正利用するかもしれない」、「どちらにせよ踏み倒しされる可能性がある」と考えます。

    返済してもらえない可能性のある申込者にはやはりお金は貸しづらいものです。
    結果として、5社全部に審査落ちしてしまうこともありうるでしょう。
    このように、短期間で複数の金融機関に申し込みをすることで審査に通らなくなることを「申し込みブラック」といいます。

    どのような条件・判断で申し込みブラックになってしまうのか

    「短期間」で「複数」の金融機関への申し込みといっても、どれくらいがボーダーラインなのかピンと来ないことでしょう。
    この線引きも実際のところは金融機関のみぞ知るところなのですが、一般的に「1ヶ月以内」「3社以上」に申し込みをするとアウトだと言われています。
    例えば、1月7日に1社目に申し込みをしたとします。
    「もしかしたら審査に通らないかもしれない」「数打てばどこかは審査に通るだろう」と考え、1月14日、1月21日に2社目、3社目と申し込みをしてしまうと、どれも審査に通らない可能性が非常に高くなってしまうというわけです。

    申し込みブラックになった時の2つのデメリット

    金融会社から申し込みブラックと判断されるといくつかデメリットが発生します。
    ここでは申し込みブラックのデメリットについて紹介します。

    ①審査に通りにくくなる

    最大のデメリットは審査に通らなくなることです。これはキャッシングだけでなくクレジットカードや自動車・住宅ローンなどにも影響があります。審査をした段階で信用情報機関にデータが残り、他のローンやクレジットカードを申し込んだ時に参照され、審査に通りにくくなってしまうのです。

    ②3~6ヶ月キャッシングに申し込めなくなる

    キャッシングの申込履歴は3ヶ月~6ヶ月残ります。一度ブラックと判定されると、その間は端末の自動審査ではじかれてしまって融資を受けるのが難しくなってしまいます。申込履歴は最長6ヶ月でリセットされ、そこで申し込みブラックの記録も削除されます。では、どうしたら申し込みブラックになるのを避けられるのでしょうか?その答えはとても簡単です。

    申し込みブラックになってしまったら?

    申し込みブラックは、金融事故履歴などによる「ブラックリスト」とは異なります
    通称が申し込み「ブラック」というだけですので、事故履歴として記録が残るわけではありません
    しかし、金融機関が申し込みブラックと見なすポイントはあるわけで、やはりキャッシングに影響を及ぼすのです

    そのため、無闇に申し込みをたくさんするのではなくしっかりと選んで申し込む必要があります。
    しかし、どの金融機関がいいかわからない場合が多いと思いますのでお勧めを紹介しておきます。

    それは三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。
    バンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能なためおすすめです。

    長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

    三菱東京UFJ銀行カードローン

    mufg-banner-20170430

    おすすめ度5.0

    審査時間
    翌日以降 
    融資時間
    翌日以降 
    限度額(極度額)
    最大500万円 
    実質年率
    年1.8%~14.6% 

    ※商品名は「バンクイック」です。

    三菱東京UFJ銀行に申込

    申し込みブラックになるとどうなるのか

    金融機関は申し込みを受けると、その申込者の信用情報を得るために、信用情報機関に照会します
    信用情報とは、その人物の属性、金融履歴などが載っているもので、融資の際は主にこの信用情報を審査します。

    信用情報機関とは、信用情報をすべて保管している機関のことを言い、日本にはCIC(指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)という3機関が存在します。

    さて、金融機関が信用情報を照会するとどうなるかといいますと、信用情報に照会情報(いつ、どこの金融機関が照会した、という記録)が残ってしまうのです。

    これによって他の金融機関は、申込者がすでに別の金融機関に申し込みをしていることを知ることができるのです。

    複数の金融機関からの照会情報、つまり申し込みブラックである記録が残ってしまうと、審査の最初の段階ではじかれてしまう可能性が高くなります

    キャッシングできなくなるのか

    申し込みブラックに明確な規定はないので、3、4社の申し込みをしていても審査に通る金融機関はあるかもしれません。

    しかし、「もしかしたら通るかもしれない」と考えて複数申し込みをし、結果的にすべて審査に通らなかった場合を考えてみましょう。

    審査に通らなかった理由は「勤務先や年収といった属性が基準に達していなかったから」もしくは「申し込みブラックと見なされたから」となります。

    後者が理由である場合、6ヶ月経たなければ申し込みブラックは解除されません。

    また、一度申し込みをして審査に通らなかった金融機関には、その金融機関が保持している照会情報が元になり、「一度審査に通らなかった」という事実のせいで審査に悪影響を及ぼします

    年収の大幅な上昇など個人の属性がよほど高まらない限り、何度挑戦しても審査に落とされることが多いと考えておきましょう。

    ちなみにこの状態を、申し込みブラックの中でも「社内ブラック」と分けて呼ぶことがあります。

    つまり、むやみやたらに申し込みをしてしまうと、申し込みブラックでなかったら審査に通っていたかもしれない金融機関への、今後の借入の可能性をもつぶしてしまうのです。

    ですので、1ヶ月中に2社の審査に落ちてしまったら、申し込みブラックにならないよう、おとなしく6ヶ月待つのが賢明でしょう。

    申し込みブラックでもキャッシングする方法はないのか

    残念ながら、申し込みブラックになってしまったらキャッシングはできる可能性はかなり低くなると思った方がよいでしょう。

    中小消費者金融なら審査に通してくれるところもあるかもしれませんが、たいていは難しく、万が一ヤミ金だったらと考えるとリスクが大きいです。

    キャッシングできなくならないよう、事前に申し込みブラックにならないようにすることが肝心なのです。

    申し込みブラックになった場合の対処法

    申し込みブラックになってしまったら、信用情報に事故履歴がなくとも審査に通らなくなってしまい、キャッシングができなくなってしまいます。

    2章でも少し触れましたが、そうならないようにする申し込みブラックの解除方法と回避方法をご紹介します。

    どうすれば申し込みブラックは解除されるのか

    申し込みブラックを解除する方法はただ1つ、「6ヶ月間申し込みをしないこと」です。
    信用情報機関が保有する照会情報は、6ヶ月で消滅します。

    この6ヶ月間は申し込みをすべきではありませんが、金融機関のHPにある簡易審査システムで、匿名かつ数秒で審査可能です。

    ですので、申し込みブラックが解除された後に、どの金融機関ならば審査に通ることが可能なのか、簡易審査システムで事前に確認しておくとよいでしょう。

    申し込みブラックになった場合にとるべきたった1つの対策

      • 1ヶ月以内に3社以上申し込まない

    たとえ審査に落ちたとしても、1ヶ月に2社までであれば申し込みブラックになりません。2社の審査に落ちた時点で申し込むのを止めて、申込履歴がリセットされるのを待ちましょう。

    アイフルの公式サイトへ

    申し込みブラックになった場合にするべき2つのこと

      • 申し込みブラックの記録は最長6ヶ月で削除される

    申し込みブラックの記録・履歴は6ヶ月ほどで消費者金融や銀行カードローンが保有する信用情報機関から削除されます。申し込みブラックになってしまった場合は、新しく申し込みを行わず、6ヶ月期間を空けましょう。

      • 記録が削除されているか確認する

    6ヶ月後、記録が削除されているかを確認するには、申し込みをした金融会社が加盟している指定信用情報機関に問い合わせてみてください。そこで本人開示手続きをすると、確認することができます。申し込みブラックになった方は、6ヶ月以上の期間を空けて信用情報が削除された後、キャッシングやカードローンを利用しましょう。

    そもそも申し込みブラックにならないためにはどうしたらいいのか

    申し込みブラックにならないようにする方法もシンプルに1つ、「複数申し込みをしないこと」です。

    例えば1月10日に金融機関A、1月15日に金融機関Bに申し込みをし、両方審査に通らなかったとします。

    次に申し込みをしたら3社目、おそらく申し込みブラックと判定されてしまうでしょう。
    ですので、いったん6ヶ月間空けることで、金融機関Aと金融機関Bの照会情報が消えるのを待ちます。

    照会情報が消えたら、金融機関Aと金融機関B以外の金融機関に申し込んでみましょう。

    申し込みブラックになりたくない。同時申し込みは大丈夫?

    結論からいうと、同時申し込みは審査に不利になりやすい傾向にあります。

    信用情報の影響

    貸金業法改正の影響で、全ての信用情報は個人信用情報機関から調べなくてはいけません。実はキャッシングの申込みをするだけで、信用情報機関に登録されてしまうのです。
    しかもリアルタイムに更新されるため、申込みをした会社は申込履歴から申請者が他社にも申込みをしていることが分かります。審査担当者は信用情報を見て「本当に返済出来るのか」「お金に相当困ってるのではないか」と判断します。なので金融会社から「返済能力が見込めない」「この申込者は相当お金に困っている」と判断されたらその時点で審査に通りにくなってしまいます。

    総量規制を超えてしまう可能性

    他社申し込みの人たちは貸金業法で定められている総量規制という貸付をする法律に触れる可能性があります。この法律は融資する額が申込者の収入の1/3を超えてはいけないという法律です。審査側の消費者金融などは法令違反をしたくないために、同時申し込みを敬遠する傾向にあります。

    2社以上申し込む場合の借入額の目安

    もっとも注意するべきなのは、借入総額が年収の3分の1以下にすることが必須です。

    借入総額が1/3を超えないようにする

    総量規制は借入総額で年収の1/3以内にしましょう。他社借入をする場合は、借入会社数で等分することをオススメします。
    例えば、年収300万円の人は100万円まで借り入れることができます。

    • 2社の場合→各社50万円ずつ
    • 3社の場合→各社約33万円ずつ
    • 4社の場合→各社25万円ずつ

    といった感じです。
    しかし1ヶ月以内に4社以上申し込むと、ほぼ審査に通りません。これについては後述しますが、とにかく複数申し込みする場合は借入総額が総量規制に引っかからない金額を申請してください。

    初めての方におすすめのキャッシング

    どの金融機関に申し込もうか迷っている方にお勧め金融機関を紹介します。
    先ほども記載しましたが、銀行カードローンの場合は、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックがお勧めです。

    バンクイックの公式サイトへ

    消費者金融系ならプロミスかアコムがおすすめです。
    プロミスなら最短3分で申し込みが完了し、アコムは審査回答が最短30分で完了します。
    今日中に借りれるので、初めての人でも利用しやすいのが特徴です。

    プロミス

    promise-banner

    おすすめ度5.0

    審査時間
    最短30分 
    融資時間
    最短即日 
    限度額(極度額)
    最大500万円 
    実質年率
    年4.5%~17.8% 

    プロミスに申し込み

    • 項目の少ないカンタン入力
    • Webなら最短1時間で借りることが可能

    30日間金利0円

    acom-banner-pc-20170217

    おすすめ度4.5

    審査時間
    最短30分 
    融資時間
    最短即日 
    限度額(極度額)
    最大800万円 
    実質年率
    年3.0%~18.0% 

    審査最短30分のアコム

    • 最短で今日中にお金を借りることが可能
    • 最大30日間の無利息期間

    キャッシングにおいて、延滞や自己破産といった事故履歴がなくとも、申し込みの仕方によって審査に通らなくなる「申し込みブラック」というものがあることをご存知でしょうか。 知らなかった方やこれから金融機関に申し込みをしようと考えていた方は当記事を読んで申し込みブラックの詳細と対処法を確認しましょう。

    希望条件でキャッシングを選ぶ

    消費者金融のキャッシング・
    銀行のカードローン一覧