キャッシングアカデミー

キャッシング申し込み時に必要なものを詳しく解説

Cache_06

お金が必要になったときにキャッシングはとてもありがたいものです。 しかし、キャッシングへ申し込むときにどんなものが必要か、分かりにくいですよね。 今回は、申し込み時に必要なものについて詳しく解説します。 これで困ることなく申し込みができるでしょう。

キャッシングを申し込む際に必要なもの

どの申し込み方法でも必要なものは同じなのか

金融機関によってさまざまな申し込み方法があり、例えば来店して申し込みをしたり、WEBや電話や郵送による申し込みが可能なところもあります。
申し込み方法はさまざまですが、必要な書類は申し込み方法によって変わることはなく、同じです。

本人確認書類・収入証明書として使える書類

各金融機関により、本人確認書類や収入証明書として使用できる書類は細かく異なります。
また、必要な書類の種類によっては提出しなければならない数が異なるケースもありますので、それらをキチンと把握した上で書類を用意する必要があります。

本人確認資料の場合は「運転免許証」、収入証明書の場合は「源泉徴収票」があればどの金融機関でも問題ありませんが、それらを持っていない場合には注意してください。

主なキャッシング、カードローンで使用できる本人確認書類を以下にまとめたものが以下の表になります。

各金融機関で使える本人確認書類まとめ

金融機関 本人確認書類
プロミス ・運転免許証
・パスポート
・健康保険証+1点(住民票等)
(外国籍の方)
・上記に加えて
在留カード or 特別永住者証明書
アイフル ・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・公的証明書類
(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)
・特別永住者証明書
・在留カード
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
アコム ・運転免許証
・マイナンバーカード
(顔写真の無い本人確認資料の場合、
併せて以下のうちどれかが必要)
・住民票
・公共料金の領収書
・納税証明書
モビット ・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
三菱東京UFJ銀行
カードローン
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
みずほ銀行
カードローン
・運転免許証
・運転経歴証明書
・パスポート
・健康保険証
・印鑑証明書
・住民票
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書
三井住友銀行
カードローン
・マイナンバーカード
・パスポート
・住民基本台帳カード
オリックス銀行
カードローン
・運転免許証
・運転経歴証明書
・健康保険証
・マイナンバーカード
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書

以上のように、顔写真の入っていない本人確認書類の場合、追加の書類が必要になることがありますので、特に注意してください

次に、収入証明書として使用可能な書類をまとめた表が以下のものになります。

各金融機関で使える収入証明書まとめ

金融機関 収入証明書
プロミス ・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書
(2ヵ月分+1年分の賞与明細書)
アイフル ・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書(2ヵ月分)
・確定申告書
・所得証明書
・納税通知書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・年金証書、年金通知書
アコム ・源泉徴収票
・給与明細書
(住民税の記載がない場合は2ヵ月分の
用意が必要。
併せて、1年分の賞与明細書も必要)
・市民税
・県民税額決定通知書
・所得証明書
モビット ・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書
(2ヵ月分+1年分の賞与明細書)
三菱東京UFJ銀行
カードローン
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・納税証明書
・確定申告書
みずほ銀行
カードローン
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
三井住友銀行
カードローン
・年収を確認できる資料
オリックス銀行
カードローン
・源泉徴収票
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書
・確定申告書

この表からもわかる通り、比較的アイフルではいろんな書類で代用することができるので書類を集めやすく便利です。

アイフル

aiful-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

アイフルに申し込み

各種申し込み方よる必要書類に違いはあるのか

キャッシングに関わる申し込みには、新規の申し込み以外にもキャッシング枠の増額やカード再発行などがあります。
それでは、それらの新規申し込み以外の申し込みの場合、必要書類に違いはあるでしょうか。

カード再発行の場合

まず、カード再発行の場合には「本人確認資料」は必要になりますが、「収入証明書」は提出する必要はありません

キャッシング枠増額申し込みの場合

まず、金融機関によってキャッシング枠の増額申し込みを受け付けているところと、そうでないところがありますので、念頭においてください。
キャッシング枠の増額申し込みを受け付けていない金融機関の場合は、基本的に金融機関側から増額の誘いが来るのを待つ必要があります。

キャッシング枠の増額申し込みを受け付けている金融機関の場合、増額時にも新規申し込みの時と同じように審査が行われますので、新規申し込みと同様に資料を準備しましょう。

しかし、キャッシング枠の増額申し込み時に気を付けてほしいのは「収入証明書」です。
「収入証明書」は基本的に借入額が50万を超える場合に提出する必要があります

新規申し込み時に50万を超えていないと「収入証明書」の提出は必要ありませんが、増額により50万円を超えることで提出が必要になるケースがありますので、その点に注意してください。

収入証明書は絶対に必要なのか

先にも少し触れたとおり、収入証明書は基本的に借入限度額が50万円を超える場合に金融機関に提出する必要があるものです。

ですので、収入が低い方や、自営業で収入が安定していない方など、収入証明書を提出することに不安がある方は、借入額限度額が50万円を超えないようにすることで収入証明書を提出する必要がなくなりますので、覚えておくと便利でしょう。

ただしこれは「絶対」というわけではなく、50万以下の限度額でも収入証明書の提出を求められる可能性はゼロではありませんので、あくまで基本・基準として考えておくと良いでしょう。

必要書類についての疑問を解決

本人確認書類の住所と現住所が違う際の対処法

本人確認資料の住所と現住所が違う場合、現住所が記載されている書類を合わせて提出する必要があります。

現住所の確認として提出可能な書類としては、公共料金の領収書などです。

公共料金とはつまり電気、ガス、水道、固定電話、NHKなどの料金ですね。

運転免許の住所欄の書き換えなどを行う時間が無い場合は、公共料金の領収書などをあわせて提出することでも申し込みができることを覚えておきましょう。

審査に通りやすい書類はあるのか

各金融機関の審査に関する情報はほとんど公開されていないため、あくまでも「理論的に考えるとそうなるはずだ」という推測しかできませんが、審査において重要視される書類は存在すると考えられます。
「本人確認資料」においては運転免許証、「収入証明書」においては源泉徴収票です。
それは、運転免許証と源泉徴収票がどの金融機関においても提出書類の代表として取り扱われているということからも分かるでしょう。

なぜそれらの書類が重要かというと、運転免許証は「最も本人確認がしやすい資料である(偽装の可能性が少ない)」であり、源泉徴収票は「税務署から発行される正式な書類である」ためです。

つまり、運転免許証は顔写真付きの証明書であることに加え、公的な認識番号が付与されていて変わることがないため、信頼性が非常に高く、個人を特定するのに信頼性が高い資料だと見なされているのです。

また、源泉徴収票も税務署から発行されている公的な書類であるため、会社など一つの組織が発行している給与明細書などよりも、信頼性が高いと見なされているのです。

必要書類が提出できない場合はどうなるのか

では、各金融機関が提出可能な書類にあげている書類を用意できない場合、どうすれば良いでしょうか。
1つの方法としては、問い合わせを行い、手持ちの書類でも申し込みができないか確認することです。
場合によっては複数の書類をあわせて提出することなどで、申し込みが認められることがあるかもしれません。

また、別の方法としては、自分の持っている書類にて申し込みが可能な金融機関を選択することです。

先に表に示した通り金融機関によって提出可能な書類は異なりますので、先の表を参考に申し込み可能な金融機関を探しても良いでしょう。

「収入証明書」の場合は、基本的に借入額が50万円を超えない場合には提出する必要はありませんので、借入希望額を抑えることで、先に触れたように書類の提出自体をなしとすることも基本的には可能です。

書類を出さないで済むケースはあるのか

新規申し込みの場合は、大手の金融機関では「本人確認資料」や、借入額によっては「収入証明書」の提出が必ず必要になります。
お金を貸す側から見れば、申し込み者がキチンとお金を返してくれるかを審査するために、審査の材料となる書類が必要なのは当然のことです。

しかし、中には「提出書類不要!」「審査不要!」などとうたっている金融機関があります。
そのような金融機関はいわゆるヤミ金の可能性が非常に高いので、利用しないようにしましょう。

マイナンバーを提出しなければならないのか

マイナンバー制度の開始に伴い、金融機関の一部ではマイナンバーカードを本人確認資料の一つとして認めています。
しかし、どの金融機関もマイナンバーの提出が必須だというところはありません

マイナンバーの取り扱いは金融機関にとっても慎重に行う必要があるもので、例えばプロミスでは現時点(2017年7月)ではマイナンバーカードを提出資料として扱っていませんが、源泉徴収票にマイナンバーが記載されている場合にはマイナンバーを見えないように加工してから提出するように要求しているほどです。
もし金融機関への申し込み時にマイナンバーやそれに関するパスワードなどの聞き取りを行ってきた場合、その金融機関はマイナンバーの悪用を考えているヤミ金である危険性が高いので、絶対に教えないようにしましょう

プロミスの公式サイトへ

書類以外で必要なものは?

必要な書類をそろえたとして、キャッシングの申し込みに必要なものは他にあるでしょうか。
カードローンの申し込み時には、基本的にこれまでに挙げた書類以外に必要なものはありません
必要な書類を集めたら、すぐに申し込みをして大丈夫です。

その中でも三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能なためおすすめです。
長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

お金が必要になったときにキャッシングはとてもありがたいものです。 しかし、キャッシングへ申し込むときにどんなものが必要か、分かりにくいですよね。 今回は、申し込み時に必要なものについて詳しく解説します。 これで困ることなく申し込みができるでしょう。

キャッシングに申し込んでから借り入れまでの流れとは

Cache_06

消費者金融や銀行などの金融機関が提供するカードローンを利用し、ATMなどからお金を借り入れるキャッシングは、緊急で現金が必要になったときに便利です。ここでは、キャッシングの申し込みから借り入れを行うまでの流れや、審査に必要な書類など、キャッシングを利用するための基本知識について解説します。

どのような流れで申し込み~借り入れまで進むのか

まずは、キャッシングに申し込んでから借り入れるまで、どのような流れで進むのかを見ていきましょう。金融機関やプランによって、申し込み方法などが若干違うことがありますが、基本的な流れはどこでも一緒です。

①プラン選び

まずは、どの金融機関のどのプランに申し込むかを選びましょう。キャッシングを行っている金融機関は、銀行や消費者金融などがメインです。
金融機関やプランを選ぶ際には、金利や限度額をきちんと確認し、月にいくら返済していつまでに完済するというイメージを持つようにしましょう。

②申し込み

どの金融機関のキャッシングに申し込むか決まったら、自身に合った方法で申し込みをします。申し込み方法は金融機関によりますが、近年ではパソコンやスマホから手軽にできるインターネットでの申し込みが主流になっています。
契約時に来店や無人契約機を利用する場合も、あらかじめインターネットで申し込みをしておいた方が、審査中の待ち時間を省略することができるのでお勧めです。

また、申し込み時にネットで記載する情報は以下のようなものです。

  • ①連絡先
    自宅の電話番号や携帯電話の番号、自宅の住所などです。
  • ②勤務先
    勤務先の電話番号や住所などの基本情報のほかに、勤続年数や職種、役職、年収などを記載します。
  • ③住居
    現在住んでいる家が、持ち家か賃貸かを記載します。家賃の金額を記載することもあります。
  • ④家族構成
    既婚・未婚のどちらなのか、また既婚であれば家族構成について記載します。
  • ⑤他社利用
    現在他社からの借り入れを行っているかどうか、行っているのであれば借り入れている金額・件数を記載します。ここで嘘をついても後の審査でバレてしまいますので、他社からの借り入れを行っている場合は正直に記載しましょう。
  • ⑥希望限度額
    融資を受けたい額を記載します。場合によっては使用目的を問われることもあります。あまり大きな額を希望するのは審査時の心象が良くないので、必要最低限の金額にしておきましょう。

③審査

申し込んできた人が融資をしてもお金をきちんと返してくれるのかどうか、貸し出しの有無や限度額を設定するのが、申し込み後に行われる審査です。
審査についての細かい基準などは、基本的にどこの金融機関でも公開されていませんので、「これをすれば絶対に通る」というセオリーは存在しません

しかし、お金を貸す金融機関の立場になって考えてみると、どういう人にお金を貸したくないかは分かると思います。
例えば、過去に借金を踏み倒したことがある人には、お金を貸したいと思いませんよね。

また、月収がそれほど高くないのに高額の融資を受けようとする人も、本当に返してくれるのか疑問に感じるはずです。
貸す側の立場になって考えた結果をもとに申し込みを行うことで、審査に通りやすくなるでしょう。

消費者金融の場合は独自に審査が行われますが、銀行の場合は銀行とその提携先の保証会社が審査を行うことが多いです。

また、審査では申し込み時に記載された内容以外に、信用情報機関への照会があります。
これは、過去にキャッシングやクレジットカードの利用で延滞を起こしていないかなど、過去の借り入れの状況を確認することで融資に値する人物なのかを判断するものです。

④借り入れ

審査の結果、お金を貸してもちゃんと返してくれる人だと判断されれば、融資を受けることができます。
限度額の範囲内で借り入れや返済を行えるようになったということです。審査後に送付されるキャッシング専用のカードを使って、ATMからお金を借り入れましょう。

では以下にこれらの項目をさらに詳しく見ていきましょう。

どの金融機関・プランを選べば良いのか

まずはキャッシングを行う金融機関やプランを選択しましょう。主な借入先としては、銀行と消費者金融が挙げられます。
ここでは、銀行と消費者金融の違いを比較するために、おすすめの銀行や消費者金融のキャッシングプランをご紹介します。

銀行カードローンのキャッシングプラン

銀行名 三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 オリックス銀行
金利 年1.8~14.6% 年4.0~14.5% 年1.7~17.8%
利用限度額 500万円 800万円 800万円
年齢条件 満20歳以上65歳未満 満20歳以上69歳以下 満20歳以上69歳未満
収入条件 安定した収入がある 安定した収入がある 安定した収入がある
保証会社 アコム(株) SMBCコンシューマーファイナンス(株) オリックス・クレジット(株)または新生フィナンシャル(株)
その他の条件 国内在住、パート・アルバイト可 その他条件の記載なし 国内在住、専業主婦(主夫)と学生は不可

借り入れが可能かどうかの審査は銀行だけでなく、保証会社によっても行われますので、過去にその保証会社からお金を借りていて、遅延や踏み倒しなどの行為をしている場合は、審査には不利になります。
そうでない場合は、特に保証会社によって借入先を選ぶ必要はないでしょう。

また、学生や主婦、アルバイトやパートの方などは、借入れが難しいという噂話を聞くことがありますが、「安定かつ継続した収入」があれば問題がない場合が多いです。

表1の銀行の中では、三菱東京UFJ銀行がパートやアルバイトの方の利用も可能としています。
一方、オリックス銀行はホームページ上で専業主婦と学生は申し込み不可と明記していますので、注意が必要です。

自身が正社員ではなく、審査に不安があるという方は、「専業主婦・学生可」「アルバイト・パートもOK」などと明記している銀行を選ぶと良いでしょう。

おすすめは、比較的金利が低く、アルバイトやパートも利用可能な三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。
長期的な返済が必要な場合でも、金利が低ければ支払う利息が少なく済み、総返済額を少なく抑えることができます

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

消費者金融のキャッシングプラン

消費者金融名 プロミス アイフル アコム モビット
金利 年4.5~17.8% 年4.5~18.0% 年3.0~18.0% 年3.0~18.0%
利用限度額 500万円 500万円 800万円 800万円
年齢制限 20歳以上、69歳以下 満20歳以上、69歳以下 20歳以上 満20歳以上、69歳以下
収入制限 安定した収入がある 定期的な収入と返済能力を有する 定期的な収入と返済能力を有する 安定した定期収入がある
その他 主婦、学生、パート、アルバイトでも申込可能 主婦(専業除く)、学生、パート、アルバイトでも申込可能 主婦、学生、パート、アルバイトでも申込可能 アルバイト、パートでも申込可能

上の表と比べるとわかりますが、消費者金融のキャッシングは一般的に銀行よりも金利が高い傾向があります

そのため、返済が長期にわたるほど支払う利息が高くなり、総返済額が増えてしまいます。
返済が長期になるとわかっている場合は、消費者金融を利用するのは控えるべきです。

しかし、消費者金融の多くは「30日間利息が0円」などのサービスを提供しており、給料直前にお金を借りて給料日後に返せるなど、短期間で返せる見込みのある場合には支払う利息を節約することができます。

また、安定した収入を得ていれば、学生や主婦、アルバイトやパートでも申し込みが可能としているところも多いため、正社員ではないけれどお金を借りたいという場合にもおすすめです。

申し込みの条件として「当社基準を満たす方」という一文を明記している会社が多く、基準については公開されていないため、
アルバイトや主婦でも確実に借り入れが行えるというわけではありませんが、正社員でなくても比較的融資を受けやすい傾向にあります。

自身のスペックで審査に通るか不安な方や、短期間での返済が可能な場合は、銀行よりも消費者金融の方がおすすめです。

中でもプロミスアイフルアコム30日間金利が0円になるサービスを行っていますので、短期間の借り入れ時にお得です。

審査の流れとは

申し込み後に行われる審査では、提出した書類を確認するほかに、勤務先に電話をかけて本当にその会社で働いているのかを確認する在籍確認が行われます。

在籍確認が取れなければ、審査が進まないことがほとんどです。在籍確認は、本人が電話に出なければいけないというものではなく、例えば外回りで不在にしている場合などに職場の方が電話に出て、「現在席を外しております」などと在籍していることが確認できれば問題ありません

どのタイミングで借り入れできるのか

借入れは、審査が終了して通過したことがわかり、キャッシング専用のカードが手元に届き次第行うことができます
審査が終了してからカードが手元に届くまでは数日かかりますので、余裕を持った申し込みをしましょう。

消費者金融であれば、カードを即日で発効してくれることもありますので、今すぐにお金が必要だというときは、消費者金融を利用するのがおすすめです。

申し込み~借り入れまでの流れを総まとめ

ここで申し込みから借り入れまでの流れをまとめておきます。

  • ①プラン選び:どの金融機関を利用するか決める
  • ②申し込み:必要書類を用意して申し込みをする
  • ③審査:金融機関や保証会社による審査が行われ、在籍確認を受ける
  • ④借り入れ:キャッシングカードが届き次第、ATMなどで借り入れを行う

どの金融機関も大まかな流れは一緒ですので、キャッシングを利用する場合の参考にしてください。

用意しなければならない必要書類

キャッシングを利用するためには、申し込み時に必要事項を記載するだけではなく、用意しなければならない書類が存在します。

何を用意すればいいのか

申し込み時に本人かどうかを確認するための書類と、審査時に勤務先や収入などを確認するための書類が必要になります。

使える書類は基本的にはどこの金融機関も変わりませんので、以下に書かれているものを用意すれば問題ありません。

1. 本人確認書類

本人確認書類は、氏名や住所、生年月日などの基本情報が一致しているか確かめられる公的書類を使用します。ほとんどの金融機関では、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード

以上のいずれか1点が必要になります。
もし、上記の本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、現住所がわかる書類を追加で提出する必要があります。
現住所がわかる書類は、

  • 税金の領収書または請求書
  • 公共料金の領収書または請求書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

以上のいずれかになります。

2. 収入証明書類

収入がいくらであるかを正確に申告しなければ、キャッシングを利用することはできません。
多くの金融機関で50万円以上の借り入れを希望する場合には、収入証明書類の提出が必要になります。

用意しなければいけない書類は大体どこの金融機関も変わりませんが、多少の違いがありますので、表1および2でご紹介した銀行や消費者金融について確認してみましょう。

銀行名 三菱東京
UFJ銀行
三井住友銀行 オリックス銀行
源泉徴収票
住民税決定通知書
納税証明書
確定申告書
給料明細書

上記のいずれか1点が必要となります。

消費者金融名 プロミス アイフル アコム モビット
源泉徴収票
住民税決定通知書
または
税額通知書
確定申告書
給与明細書
所得証明書

上表のいずれか1点を提出する必要があります。
所得証明の書類は、直近1~2カ月といった最新のものを提出してください。

どのタイミングで提出するのか

本人確認書類や収入証明書類は、申し込み時に提出します。インターネットを利用する場合は、該当する書類をスキャナやカメラなどで画像化し、送信します。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

消費者金融や銀行などの金融機関が提供するカードローンを利用し、ATMなどからお金を借り入れるキャッシングは、緊急で現金が必要になったときに便利です。ここでは、キャッシングの申し込みから借り入れを行うまでの流れや、審査に必要な書類など、キャッシングを利用するための基本知識について解説します。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧