キャッシングアカデミー

キャッシング一括返済はこんなにお得!分割、リボよりおすすめの理由

Cache_20_p0084

キャッシングする際リボや分割するよりも一括返済したほうがお得であると言われています。 キャッシングの返済方法は大きく分けて3つあります。 一括に返済する方法、分割して一回の支払額は控えめに返済する方法(分割払い)、 毎月の返済額を固定して返済する方法(リボ払い)の3つです。 このページでは一括返済について、メリット・デメリット、他の返済方法との比較、 一括返済のお得な利用方法を紹介しております。

キャッシングでリボ払いを続けると一括返済に比べて損をします

クレジットカードでキャッシングをした際、毎月分割で支払いを行うリボ払いに設定している人も多いと思います。
月々の支払額が少ない分お財布には優しいですが、実は一括払いに比べて多くのお金を支払っていることになります。

例えば、400,000円を借り、月々50,000円払い、金利18.0%という条件で借り入れた時の一括返済と金額とリボの返済とでは約18,000円もの差があるため、リボに比べ一括返済がお得です。

キャッシングの一括返済は一回の返済で残高をすべて返済すること

キャッシングの一括返済とは、一回の返済で残高をすべて返済することを指します。分割返済と違うところは、返済が終わるまでの期間が短いので支払う利息が少ないのでお得なところです。ただ、返済額が大きい場合、そもそも一回で支払う額が大きくなり、月の生活が大変になる可能性が高いです。
逆に、分割返済やリボ払いであれば一回に支払う額は小さいので、毎月安定した収入さえあれば返済は可能ですが、利息が多くかかるという点があります。

キャッシングの一括返済の2つのメリット

一括返済のメリットは大きく2つあります。「支払う利息が減る」と「完済の記録で審査に有利」です。この2つについて詳細を説明します。

1.一括返済をすると分割返済と比べ利息が大幅に節約できる

一括返済は、上記の通り支払った以降の利息がかかりません。分割返済と比べると、一括返済をした後の利息分だけお得になるというメリットが有ります。

2.一括返済とだと完済記録がつくので今後のキャッシングの審査に有利

キャッシング利用者が借入や返済を記録した情報を信用情報と言い、この信用情報はCICやJISSなどの信用情報機関に保管されます。キャッシング会社は申込者の審査するときに、原則として信用情報機関から信用情報を調べます。
延滞などの記録が残っていると、審査担当者はこの人に貸しても良いのだろうか…と不安に思う可能性があります
逆に、キャッシングを完済したという記録は実績として残りますので、審査担当者からすると、お金を貸しても返済してくれるという印象を持つため、今後の審査に有利になる可能性があります。

キャッシングの一括返済と分割返済の利息を比較

キャッシングの一括返済と分割返済の利息を比較してみました。まず、利息の計算式について簡単に説明します。実際、利息は毎日かかり、1日にかかる利息の計算式は以下のようになります。
借入残高×利率÷365 = 1日にかかる利息
例えば10日間、40万円を利率18.0%で借りていたとしたら
400,000円×18.0%÷365×10日間 = 1,972円
になります。10日間で1,972円もかかるので、1日でも早く返済しないと利息は膨らんでいくことがわかりますね。
以下に、400,000円を借りた場合で、月々50,000円払い、金利18.0%という条件で借りた時の、3ヶ月目の時点で臨時収入があり一括返済をした場合、8ヶ月支払いの分割払いをした場合、月々50,000円のリボ払い※1で完済した場合の、返済総額のシミュレーションを載せました。

返済月数 一括返済 分割払い※2 リボ払い※3
1ヶ月目 50,000円 53,433円 50,000円
2ヶ月目 50,000円 53,433円 50,000円
3ヶ月目 311,340円 53,433円 50,000円
4ヶ月目 53,433円 50,000円
5ヶ月目 53,433円 50,000円
6ヶ月目 53,433円 50,000円
7ヶ月目 53,433円 50,000円
8ヶ月目 53,433円 50,000円
9ヶ月目 29,387円
合計支払額 411,340円 427,466円 429,387円

※1 リボ払いは「元利定額リボルビング」という毎月利息も含めた額を定額で返済する契約の計算を掲載
※2 分割期間は8か月仮定
※3 毎月の支払いは50,000円仮定

以上の通り、やはり一括返済が支払う金額は一番少ないです。見た目、このケースですと大きな差は無いように見えますが、実際一括返済と分割払いおよびリボ払いの間には2倍以上の利息累計額の差があります。わかりやすいようにグラフにしてみました。
累計利息
このグラフを見る通り、早い段階で一括払いできるうちに一括払いをしたほうが良いということがわかります。

金利の計算方法の詳細はこちらをご覧ください

キャッシングの一括払いのおすすめの方法

一括払いが優秀なことがわかりましたが、そもそもそんなまとまったお金を持っているタイミングが来ることは珍しいです。300,000円などを一括返済するのは独身の方ならまだしも、家庭を築いている方などでは厳しいものがあります。ということで、今回紹介する方法は、キャッシングの利息を少しでも減らすための一括払いの方法です。

キャッシングと自分のお金を組み合わせて一括払いする

例えば、300,000円の借入残高があるとします。これを自力で300,000円用立てて返済するのはとても厳しいですね。そこで、200,000円をキャッシング会社から借りて、100,000円を自力で用意して300,000円全額返済します。100,000円なら確かに用意するのは大変だと思いますが、それでも300,000円全額を自力で用意するよりは現実的ですね。そこで、一括払いで完済するのにおすすめのキャッシング・カードローンがあります。

組み合わせにおすすめなキャッシング・カードローン

組み合わせて返済したところ、結局同じ金利がかかって返済総額が1円も減らなかったのでは、一括返済した意味がありません。そこで、今回おすすめするのは初めての方は30日間無利息で借りられるキャッシング・カードローンです。ここで紹介するキャッシング・カードローンは30日間無利息で借入が可能なので、一括払いと組み合わせれば利息を大幅に節約できます。

キャッシング・銀行カードローン 実質年率 限度額 詳細
アコム 年3.0%~18.0% 最大800万円 詳細
アイフル 年4.5%~18.0% 最大500万円 詳細
プロミス 年4.5%~17.8% 最大500万円 詳細

キャッシングする際リボや分割するよりも一括返済したほうがお得であると言われています。 キャッシングの返済方法は大きく分けて3つあります。 一括に返済する方法、分割して一回の支払額は控えめに返済する方法(分割払い)、 毎月の返済額を固定して返済する方法(リボ払い)の3つです。 このページでは一括返済について、メリット・デメリット、他の返済方法との比較、 一括返済のお得な利用方法を紹介しております。

信用金庫のカードローンの審査は厳しい?カードローンで選ぶなら銀行がおすすめ

Cache_06_p0138

信用金庫のカードローンは審査に通過するのが厳しいのでしょうか。審査に通るかは申込者の年収や支払い履歴、借入状況などで決めます。信用金庫のカードローンを利用する人の多くは、「既に利用している信用金庫だから申し込む」「担当者を知っているから安心」などの理由で利用する人が多いです。そのため、信用金庫のカードローンが審査に通りやすいわけではありません。場合によっては消費者金融や銀行の方がお得にお金を借りられるかもしれません。 ここでは、信用金庫と銀行と消費者金融の審査基準を比較しています。自分の年収や勤続年数によっては銀行や消費者金融がおすすめかもしれません。

条件が良いのは銀行や消費者金融。信用金庫との審査基準を比較

信用金庫のカードローン、銀行のカードローン、消費者金融のキャッシングの3つの金融機関の審査基準を紹介します。
銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングが信用金庫よりも安心や信頼できないものかというとそんなことはありません。大手銀行カードローンならそもそも口座保有者が多いので信頼できますし、消費者金融も今となっては日本人の8~9人に1人が利用しているので安心できます

金融機関
限度額
保証・担保
おすすめ
信用金庫 平均100万 必要 ×
三菱東京UFJ銀行 500万 不要 詳細
アイフル 500万※1 不要 詳細
みずほ銀行 800万 不要 詳細

※1消費者金融は法律により年収の1/3までしか借りられません。(総量規制と言います)

上記の表の基準を見ればわかりますが、信用金庫よりも銀行や消費者金融のほうが、条件としては良いです。
信用金庫は担保や保証の準備が必要だったり、借りられる対象地域が限定されるので申込ための条件が厳しいです。また、銀行や消費者金融よりも借入限度額が低いのでおすすめできません。

また、上記の表の信用金庫の「保証・担保」の欄に”必要”と書かれていますが、実際に家を担保にする必要はありません。こちらは信金ギャランティ株式会社やしんきん保証基金などの保証会社に申し込みます。そこでの保証料金がかかるので注意しましょう。
万が一、返済が困難になった場合は、保証会社が請求する形になり、その後の返済は保証会社にしていきます。

信用金庫のカードローンの審査は甘い?厳しい?

信用金庫のローンの審査は厳しいわけではありませんが、かといって審査に通りやすいわけでもありません。
信用金庫のローンに申し込む人の多くは、審査の通過しやすさよりも「以前から利用している信用金庫だから安心」・「担当者が信頼できる」などの安心や信頼で選ぶのが多いと思います。金利もそれほど高くないので、借りやすさの面で条件は良いのですが、信用金庫のローンには次のようなデメリットがあります。

バンクイックの公式サイトへ

信金ローンの審査基準とデメリット

信用金庫のローンの審査基準(審査条件)を大まかにまとめると以下のようになります。

  • 1,安定継続した収入のある方(パート、アルバイトの方もお申込みいただけます)
  • 2,年齢が満20歳以上65歳未満で、公的健康保険に加入している方
  • 3,しんきん保証基金の保証が得られる方
  • 4,信用金庫の借入可能地域にいること

この中でも特に3,4の審査条件である「しんきん保証基金の保証が得られる方」と「信用金庫の借入可能地域にいること」が、信用金庫での借り入れを難しくしています。また、年収や、勤続年数、過去の借入歴も大きな判断材料になります。

信用金庫信用金庫の営業区域内に住んでいることなどが条件なので、当然以外の区域で申し込むことはできません。もちろん居住区の信用金庫には100%申し込みできますが。
信用金庫のローンを利用するためにはまず「会員」になる必要があります。それだけでも少しネックですが、信用金庫の大きな特徴は「来店して手続きしなければならない」ことです。申し込み自体はネット上でできますが、用紙の記入などのため最終的に来店する必要があるのです。
さらに信用金庫でお金を借りるためには、新たに指定された口座を開設する必要があります。しかし口座を開設しておけば、全国の信金ATMが手数料無料で利用できるというメリットもあります。

信用金庫ローンのメリット・デメリットまとめ

信用金庫ローンのメリット・デメリットを下の表にまとめました。手続き、保証などの手間を考えると、信用金庫のローンを利用することは必ずしも賢い選択とは言いにくいです。

メリット デメリット
・安心・信頼感がある
・低金利
・ATM手数料無料
・手続きが面倒(会員登録)
・申し込みが窓口のみ
・保証が必要
・口座を開設する手間
・信金を利用できる地域が限られている

こうみると消費者金融・銀行を利用したほうがお得にお金を借りれるかもしれません。審査が不安な方にもおすすめです。審査時間は「最短30分」であり、借り入れも「来店不要」でできます。次に信金と銀行と消費者金融の審査基準を比較してみましょう。

信用金庫の審査期間は約1週間。銀行なら最短即日

信用金庫のカードローンの審査期間は早くても2~3営業日、長いと1週間以上もかかることがあります。申し込みは基本的に窓口での対応になるので、決済などの忙しい時期はある程度の数日は見ておいたほうが良いでしょう。
このように銀行のカードローンや消費者金融と違って即日融資などは望めません。
また、審査で必要な書類を揃える為に会社や市役所で書類をもらわないといけないので、ここでも時間がかかってしまいます。

審査での必要書類は

  • 本人が確認できる書類(免許証や保険証)
  • 収入証明書(源泉徴収や確定申告)
  • 印鑑証明(市役所でもらいます)

書類はすぐに準備できるものもあれば、時間がかかるものもあるので早めに準備しましょう。

信用金庫のカードローンよりおすすめの銀行のカードローン・消費者金融

信用金庫のカードローンよりもおすすめの銀行のカードローン・消費者金融は、バンクイック、みずほ銀行カードローン、アイフルの3つです。
バンクイックとみずほ銀行カードローンは、パートやアルバイトでも安定した収入があれば借入は可能ですし、アイフルは最短30分で審査可能で、他の人にばれないような配慮がなされています。

メガバンクの安心感!三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック

バンクイックこと三菱東京UFJ銀行カードローンのおすすめポイントはなんといっても「テレビ窓口」です。平日はもちろん、土曜・祝日も18時まで利用できます。信用金庫と違って口座がなくても利用できるのがポイントですね。
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

  • 最短3秒で融資可能かわかる「お試し診断」
  • 土日にも対応!テレビ窓口
  • 安心のネームバリュー

最大限度額800万円!みずほ銀行カードローン

消費者金融で借りるのが少し不安なら、銀行のカードローンであるみずほ銀行カードローンおすすめです。また、みずほ銀行の口座を持っていれば、来店不要のWeb完結でお金を借りることができます。

みずほ銀行カードローン

mizuho_banner_20170706

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年2.0%~14.0% 

みずほ銀行に申し込み

  • 限度額最大800万円
  • 全国ATM設置台数が多い

最短1時間でお金が借りられるアイフル

全国どこでも最短1時間でお金を借りられるので、信用金庫のカードローンよりも便利です。カードの発行もスムーズでプライバシーもばっちり配慮されており、使い勝手に高い評価を得ているのも納得ですね。

  • 最短1時間で借り入れ可能
  • 1秒で融資可能かがわかる「1秒診断」
  • 誰にもばれない無人契約機あり
  • カードの郵送時間帯を指定できる

アイフル

aiful-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

アイフルに申し込み

信用金庫のカードローンは審査に通過するのが厳しいのでしょうか。審査に通るかは申込者の年収や支払い履歴、借入状況などで決めます。信用金庫のカードローンを利用する人の多くは、「既に利用している信用金庫だから申し込む」「担当者を知っているから安心」などの理由で利用する人が多いです。そのため、信用金庫のカードローンが審査に通りやすいわけではありません。場合によっては消費者金融や銀行の方がお得にお金を借りられるかもしれません。 ここでは、信用金庫と銀行と消費者金融の審査基準を比較しています。自分の年収や勤続年数によっては銀行や消費者金融がおすすめかもしれません。

10万円借りたい時の為に知る!お金を簡単借入できるおすすめの方法

Cache_09_p0208

このページでは、「今すぐ10万円借りるにはどうすればいいか」について詳しく解説していきます。今では気軽にお金を借りられるようになりましたが、実際に借りるとなると、「どうやって借りるんだろう?」というように方法や手段がわからないと思います。「無職や主婦でも借りられる?」、「10万借りた時の利子はいくら?」など様々な疑問にお答えします。

今すぐ10万借りるならおすすめはどこ?

今すぐに10万円のキャッシングをしたい場合、消費者金融は借り入れまでのスピードが銀行カードローンに比べて早いです。
また、利息も銀行のカードローンと消費者金融では、わずかに300円程度の差です。ですので、今すぐ10万円借りたいのであればアイフルやアコムなどの消費者金融の利用がおすすめです。
各消費者金融・銀行のカードローンの「審査時間」と「おすすめ借入方法」を以下の表にまとめました。

10万円借りるのにおすすめのキャッシング一覧

キャッシング おすすめ借入方法 特徴 詳細
アイフル ネットで申し込み後、契約機でカード発行 借りられるか1秒診断可能 詳細
アコム ネットで申し込み後、むじんくんでカード発行 契約後、最短5分でカード発行 詳細
プロミス ネットで申し込み後、契約機でカード発行 最短3分のカンタン申込発行 詳細
モビット Web完結申込後に口座振り込み 最短10秒で簡易審査結果表示 詳細


今日中に10万円借りるなら最短1時間で借りられるアイフルがおすすめ

アイフルが今日中に10万円借りたい人にオススメの理由は2つあります。

1つは申し込み方法が簡単で、即日融資に向いているからです。インターネットからの申し込みなら氏名や年収など最低限必要な情報だけを記載すればいいので、最短で2分で申し込みが完了します。また、連絡先は自宅・携帯電話を選べるようになっているので、確実に携帯電話の番号を入れられます。そのため、「申し込み情報の不備」が起こる可能性が他の消費者金融よりも低いです。

2つ目はスマホ・PCで申し込みを済ませて、お近くのアイフル店舗にある自動契約機でカードを発行すれば最短1時間でお金を借りられるからです。「どこの消費者金融に申し込んでも一緒でしょ…」なんて考えているなら、まずアイフルに申し込むことをおすすめします。

アイフル

aiful-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

最短1時間で借り入れ可能

  1. 最短1時間でお金を借りられる
  2. 借りられるか3つの項目入力で1秒診断できる
  3. 自動契約機でばれずにカード発行

10万円借りれる銀行のカードローン

銀行のカードローンでも10万円借りることはもちろん可能です。銀行で借り入れのメリットとして、他の消費者金融に比べて金利が低く、借り入れの上限金額が高いという点があります。一方で、審査や申し込みの手続きが複雑で難しく、すぐに借りるのは困難です。

銀行のカードローン おすすめ借入方法 特徴 詳細
三菱東京UFJ銀行 ネット申込→テレビ窓口でカード発行 三菱東京UFJ銀行の口座が無くても申込可能 詳細
新生銀行カードローンレイク 自動契約機で申込後、カード発行 選べる2種類の無利息期間有り 詳細
みずほ銀行 Web完結申込→口座振込 借入限度額は最大800万円 詳細

ネットからの申し込みなら1時間以内に10万円借りられる

10万円を借りるということは、そう難しいことではないです。というのも、借り入れの金額は高額なほどその審査はもちろん厳しくなります。10万ほどのキャッシングであれば、審査も比較的楽に済ますことができます。どこの消費者金融や銀行でも手軽に借りられる金額ですし、審査の時間もそれほどかかりません。

インターネットやスマートフォンが広く普及した今、それらを利用して融資の申し込みをするのが一般的な方法となっています。自宅のパソコンはもちろん、移動中に携帯やスマートフォンを使って申し込みをすることで、迅速にお金を借りることができます。
ネットで申し込みをして最終的にお金を受け取るまでは、1時間で全て完了します。各キャッシング会社の公式サイトでは、簡単な質問に答えるだけで融資可能かどうか判定してくれる「お試し審査」が利用できます。このお試し審査を利用することで、申込みした後にキャッシングに断られ別のキャッシング業者に再度申込みするといった手間や時間を費やさずに済みます。
すぐにお金を借りるにはまずは申込画面で申し込みをし、電話やメールで審査結果を確認するだけです

10万円を借りるなら最低でも年収が30万円以上必要

消費者金融は大前提として年収の3分の1以上は借りられません。ここでは、消費者金融からお金を借りるときに注意することをまとめています。

10万円を借りるなら最低でも年収が30万円以上必要

無職や専業主婦の方は、少額でも本当に借りられるか不安を抱いていると思います。完全に無職で収入が0の場合、借入できる可能性は極めて低いです。
しかしパート、アルバイト、主婦の場合は、キャッシングが十分に可能です

消費者金融の会社では、基本的に年収の3分の1までの金額を借り入れることができます。10万借りたいときの最低条件は年収が30万円以上あることです。

つまり、フリーターの方でもアルバイトやパートなどである程度の安定した収入があれば、お金を借りることが出来るのです。また主婦の場合、配偶者の収入によっては審査に通る可能性もあります。

総量規制

申し込みで嘘の申告は絶対にNG

即日融資の審査で絶対にやってはいけないことは、申し込みの際に嘘をつくことです
少しでも審査に通りやすくしようと、ウソの申請をしたくなる気持ちはよくわかります。しかしその嘘は確実にばれると考えてください。
そうなると、消費者金融会社から申し込みブラックと判断されて、取り急ぎの借り入れどころか今後一切お金を借りることができなくなってしまいます。ですので、申し込みの際には虚偽の情報を申告するのは絶対にやめましょう。

10万円を借りたときの利子・利息まとめ

お金を借りるときにやはり気になるのは、返済時の利子・利息です。お金を借りた時の利息はキャッシング会社の設定している金利によって変化します。金利が高くなるまたは、借入額が大きければ大きいほどその利息も高額になります。

各キャッシング・銀行のカードローンで10万円を6カ月間で返済する場合

キャッシング・銀行のカードローン 金利 利息 毎月の返済額
アイフル 年18.0% 5,312円 17,552円
アコム 年18.0% 5,312円 17,552円
プロミス 年17.8% 5,254円 17,542円
モビット 年18.0% 5,312円 17,552円
新生銀行カードローンレイク 年18.0% 5,312円 17,552円
三菱東京UFJ銀行 年14.6% 4,297円 17,383円
みずほ銀行 年14.0% 4,119円 17,353円

たとえばアイフルで10万円借りた場合、最終的にその利息は5,312円つまり105,312円返すことになります。一方三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、同じく10万円借りるとその利息は4,297円です。金利は18.0%と14.6%で、利息に大きな差があるように思われますが、その差額は1,000円前後とさほど大きな金額ではありません。

30日間無利息期間を賢く利用する

また一定期間に返済すれば利息0円でキャッシングできる消費者金融もあります。すぐに返済できる見込みがある方、給料日前で今すぐにお金が必要という方はこれらのキャッシング業者を強くおすすめします。
たとえば初めてプロミスを利用する場合30日間は無利息で借りることが出来ます(メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要)。融資完了までの時間も最短1時間とスピーディーです。
プロミスリコ

このページでは、「今すぐ10万円借りるにはどうすればいいか」について詳しく解説していきます。今では気軽にお金を借りられるようになりましたが、実際に借りるとなると、「どうやって借りるんだろう?」というように方法や手段がわからないと思います。「無職や主婦でも借りられる?」、「10万借りた時の利子はいくら?」など様々な疑問にお答えします。

希望条件でキャッシングを選ぶ

キャッシングにおすすめの
銀行・消費者金融一覧