キャッシングアカデミー

10~50万円を無利息でキャッシングしたいなら無利息サービスを利用

Cache_23

無利息でキャッシングしたいならプロミスがおすすめ!メールアドレスとWEB明細の利用登録をすれば、初回借入日から最大30日間無利息で借り入れできます。30日以内にお金を返せるなら借りた金額だけ返済すればいいので便利です。

無利息でお金を借りるならプロミス

プロミスを初めて利用する方で、メールアドレスとWEB明細利用の登録をした場合、30日間利息がかからずに借りた額だけを返せばよい無利息サービスを利用できます。急な出費で利用したとはいえ、借りた額に加えて利息を払っていくのはなるべく控えたいですよね。以下の表に、10万円借りた時にかかる利息を比べてみましたので他社との違いを参考にしてください。プロミスの場合、10万円借りたとしても月々の返済は4,000円から可能なので、生活に余裕を持った返済ができます。(お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)

プロミス

promise-banner
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

公式サイトで詳細を見る

  • 30日間は借りる額だけ返せばよい無利息サービスをおこなっているので、他社と比べて利息がお得に借りれます。(メールアドレス登録とWEB明細利用の登録が必要)
  • 主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

10万円を借りた場合を例に実際にどのくらい差があるのか計算してみました。

銀行・消費者金融
1ヶ月目の金利
2ヶ月目の金利
合計
詳細
プロミス 無料 1,463円 1,463円 詳細
アコム 無料 1,479円 1,479円 詳細
オリックス銀行 1,463円 1,463円 2,926円 詳細
icon

プロミスなら、1か月で返せば利息は0円、2か月かかったとしても2,000円以下の金利で返せます。

初めての利用ならアコムでも無利息でキャッシングできます

消費者金融系キャッシングで、アコムはプロミスと同様に初めて借りる人ならばは30日間無利息。無利息期間を利用して短期的にお得に借りることができます。例えば、給料日までちょうど3週間くらいの時や一度プロミスで借りたが、もう一度無利息サービスを利用したいなと思っている方におすすめ。6ヶ月以上返済できるアテがないなど、あまりに長期の借入になる場合には、その他の銀行系カードローン等の方が金利メリットは大きくなりますので、ここは一応注意が必要です。

手軽に借りるなら初めてなら30日間無利息で借りられるアコムとプロミスがおすすめ!。来店不要で即日融資可能。14時までに必要書類を提出すれば即日融資可能!

アコム

acom-banner-pc-20170217
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大800万円 
実質年率
年3.0%~18.0% 

公式サイトで詳細を見る

  • 24時間いつでも自動契約機で出金できます。
  • 初めてなら30日間無利息で借りることが出来ます。
  • 振込キャッシングは、楽天銀行に口座があれば24時間最短1分で口座にお金が振り込まれます。

アコムのおすすめポイント

大手消費者金融のアコムは、生年月日・性別と独身か既婚か、現在の借入状況を入力すると借入可能かすぐに分かる3秒診断をおこなっています。特に給料日がそれなりに近く生活費や資金が足りなくてお急ぎの利用者は、初めてが無利息なことを利用して借りてみてはいかがでしょうか。多くの消費者金融会社がありますが、実質年率や資金の調達具合からみてもおススメの大手消費者金融です。

銀行のカードローンで金利が気になるなら三菱東京UFJ銀行カードローン

プロミス・アコムを利用したことがあると、無利息でキャッシングできないので金利が低い会社で借りるのがお得です!金利で選ぶなら最高金利が低い三菱東京UFJカードローンが良いでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430
審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

公式サイトで詳細を見る

  • 最低金利~最高金利まで低い金利設定で安心
  • 消費者金融よりお得な金利年1.8%~14.6%

少しでも金利のコストをかけずに借りたい方へのアドバイス

金利は、最高金利から最低金利のうち、借りる額によって決まりますが、10万円から50万円くらいまでの借入だと、たいてい最高金利が適用されることが多いです。生活費や急な出費の補てんに借りたいという場合は、最高金利で比較することが重要です。

無利息でキャッシングしたいならプロミスがおすすめ!メールアドレスとWEB明細の利用登録をすれば、初回借入日から最大30日間無利息で借り入れできます。30日以内にお金を返せるなら借りた金額だけ返済すればいいので便利です。

自動契約機で申込をするまでの手順や操作方法を紹介!

Dollarphotoclub_61856712

キャッシングは「恥ずかしい」「後ろ髪を引かれる」といった思いを持っている人もいるかもしれません。消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングの申し込みをする際に自動契約機で申し込むと、人に会わずに契約が出来ます。必要な時にはオペレーターさんとも繋がれるため、そういった思いをすることはありません。 今回は自動契約機(無人契約機)で申し込みをする際の手順や審査に必要なものなどを説明していきます。

自動契約機の使い方はとても簡単

自動契約機の使い方はとても簡単です。直感的にわかりやすいタッチパネル形式になっています。

操作手順は以下のとおりです。

操作手順

  • 1.性別や生年月日、職業についてや年収、他社借入状況などの個人情報の入力
  • 2.本人確認書類を掲示して機械に読み取ってもらう
  • 3.審査が行われる
  • 4.審査に通過すれば契約カードの発行が行われる

2と3の間にオペレーターの質問がある場合もあります。

申込の際に必要なもの

申し込みの時に必要なものは、本人確認書類(免許証や保険証など)と金額や場合によっては収入証明書(給料明細書や確定申告書など)が必要書類になります。

外国国籍の方は注意が必要

外国に国籍がある場合は在留カードや特別永住者証明書などが必要になります。ただし、永住権がない人以外は審査を受けることが出来ない会社もあるので注意が必要です。審査条件については公式サイトなどに掲載されていますので、確認してみてください。

融資までにかかる時間

融資までにかかる時間は各社によって違います。ここでは大手消費者金融や銀行カードローンの一般的にかかる時間を紹介します。

プロミスの場合

プロミス自動契約機は必要事項に記入する項目が多いため、個人情報を入力するだけで20分から30分ほどかかるため、トータルで最短1時間かかると言われています。そのため、実質は1時間から2時間程度かかると考えておくといいでしょう。

アコムの場合

アコム自動契約機はむじんくんという名前が付いています。約30分から40分程度で完了しますが、混雑時は60分から70分程度かかることもあります。

新生銀行カードローンレイクの場合

レイク自動契約機は申し込みからカード発行までが約50分程度で完了します。困った時や迷った時はオペレーターにすぐ繋がることが出来ます。

自動契約機で契約する前にやっておくと便利なこと

自動契約機で契約する前に、WEBで個人情報などを提出しておくとスピーディに契約を済ますことが出来ます。時間短縮になるのでオススメです。

キャッシングは「恥ずかしい」「後ろ髪を引かれる」といった思いを持っている人もいるかもしれません。消費者金融や銀行カードローンなどのキャッシングの申し込みをする際に自動契約機で申し込むと、人に会わずに契約が出来ます。必要な時にはオペレーターさんとも繋がれるため、そういった思いをすることはありません。 今回は自動契約機(無人契約機)で申し込みをする際の手順や審査に必要なものなどを説明していきます。

5万円借りたいならこれを抑えれば大丈夫!絶対確認!4つのポイント

Cache_38_P0205

生活費が思ったよりかかってしまった、友人の結婚式が重なった、合コンや飲み会が多かった…などといった急な出費は数万円の単位でお金がかかってしまうものです。ですが、かかってしまったものは仕方ありません。 そしてまとまったお金は捻出してくるもの難しいため、融資を受けてしまった方が気持ちも安心出来ます。 この記事はキャッシングで5万円だけ借りたいという人に向けた記事です。少額借り入れをする時のポイントや、即日融資を受けたい人に必見です。

5万円を今日中にキャッシングしたい人におすすめの方法

「飲み会が多くて出費が重なってしまった…でも今日はたくさん支払いが…」
そんな時にはキャッシングサービスを利用して賢く支払いをしましょう。ここでは今日中に借り入れをしたい方にオススメの方法を紹介していきます。

ネット申し込みで時間短縮

窓口や電話、無人契約機を利用せずネットで申し込みが出来るキャッシングサービスがあります。
手続きも簡単で、大体が即日キャッシング可能なサービスです。そういった会社は少額であれば収入証明書も不要であるケースがあるため、時間のロスが少なくて済みます。

ネット申し込み後に自動契約機で手続き

ネットだけでは不安、実際に話を聞きながら借り入れをしたいけど、すぐに借り入れがしたいという人へオススメの方法です。
ネットで簡単な個人情報を入力してから窓口などで登録することで、契約の時間が短縮されます。自動契約機での契約ならオペレーターと話しながら契約手順が進められますので安心して手続きができます。

24時間申し込み受付ですぐにキャッシング

ネット申し込みでキャッシングまでの時間を短縮する方法を紹介しましたが、その中でも特におすすめなのがアイフルです。
アイフルのネット申し込みは24時間受け付けていて、審査も最短30分で回答と、すぐにキャッシングしたい人にとって魅力的です。

アイフルの公式サイトへ

少額借りたい人におすすめの消費者金融

「少しだけお金を借りたい!」という人には「無利息サービス」が利用できる消費者金融、銀行カードローンに申し込むのをおすすめします。借り入れ額が5万円と少額だと利息が高いというデメリットがあります。しかし、無利息サービスを利用すれば利息を払う必要がなくなるので、利用者の負担が減ります。ここでは5万円借りたい人におすすめの無利息サービスを提供している消費者金融、銀行カードローンを紹介します。

キャッシングとカードローン 審査時間 特徴 詳細
アイフル 最短30分 最短1時間で借りられる 詳細
アコム 最短30分 審査通過後、最短5分でカード発行 詳細
プロミス 最短30分 カンタン申込なら最短3分で入力完了 詳細

アイフルなら最短審査30分、30日間金利0円

初めての利用の人ならアイフルの30日間無利息サービスを利用できます。借入日の翌日から30日間以内に返済を済ませれば、利息0円でキャッシングできます。アイフルの30日間無利息サービスを利用するためには、はじめて利用するだけです。

5万円を借り入れをするときに確認する4つのポイント

初めてキャッシングを利用する人のほとんどは借り入れ額が5万円~10万円と少額です。どうやってキャッシングサービスを選んだらいいかをここでは説明します。一般的に確認するポイントは、金利や支払い方法、手数料などを確認します。

①30日間無利息サービスをしているか

お金を借りてから30日間無利息で借りられるか否かを確認してみてください。
給料日で返済出来る人や返済のメドが立っている人は、このサービスを利用することで金利を浮かすことが出来ます。特にアイフルプロミスなどの大手キャッシングは無利息サービスを行っています。

アイフル

aiful-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~18.0% 

※はじめての方に限り、最大30日間無利息。

最短30分・カンタン申込


プロミス

promise-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

Web完結でいつでも申込

②即日借り入れが可能か

急いで5万円が必要なら、即日借り入れが可能なキャッシングサービスを選びましょう。ただし、14時までの申し込みが必要なキャッシングサービスが多いので、即日で借り入れを希望する人は何時までに申し込みが必要なのか申し込み前に確認しましょう。

③返済出来るATMや金融機関を知る

どこで返済可能かを確認しておく必要があります。多くの会社はコンビニや提携ATMで返済することが可能ですが、それも近所になかったら遠くまで出て返済しに行くことになります。そうすると時々面倒だと感じてしまい、延滞してしまう人がいますが延滞してしまうと信用情報に傷が付いてしまいます。

④アルバイト・フリーターでも借り入れ可能か

一時的に職がなくて、借り入れが必要な人もいます。そういった人は無職でも借り入れ可能かをサイトや口コミで調べたうえで申請しましょう。借り入れの可能性が高い方が時間のロスがなくて済みます。

1時間以内に5万円を借りるならアコムがおすすめ

5万円のような少額のお金を1時間以内にキャッシングしたいなら、アコムがおすすめです。アコムは審査時間が最短30分で急げば1時間でお金を借りられます。また、1,000円単位からお金を借りられるので、5万円のように少額を借りるのにはおすすめのキャッシングです。
アコムリコ

生活費が思ったよりかかってしまった、友人の結婚式が重なった、合コンや飲み会が多かった…などといった急な出費は数万円の単位でお金がかかってしまうものです。ですが、かかってしまったものは仕方ありません。 そしてまとまったお金は捻出してくるもの難しいため、融資を受けてしまった方が気持ちも安心出来ます。 この記事はキャッシングで5万円だけ借りたいという人に向けた記事です。少額借り入れをする時のポイントや、即日融資を受けたい人に必見です。

借り換えのデメリットと意外な落とし穴

Dollarphotoclub_53597686

高い金利や返済額を見て不安になった方達は、借り換えを検討したことがあるのではないでしょうか? 借り換えとは、銀行や消費者金融などの金融機関が販売している借金を返済するための金融商品です。返済総額分をローン(キャッシング)として組んで、借金返済のためにその融資されたお金を当てます。 つまり、金利負担が少なくなるだけでなく、返済総額が低くなり、返済期間も短くなります。メリットばかりなので、キャッシングをしていて不安な人はこの金融商品に飛びつきますが、実はデメリットや意外な落とし穴があるんです。 この記事では、借り換えのメリット・デメリット(特にデメリット)について紹介します。

メリット1:総支払額が少なくなる

先述した通り、借り換えという商品は金利が低く設定されてあります。
高い金利から低い金利に変わるので、総支払額が少なくなるのです。
また、複数借り入れがある人にとっては複数金利を払っていることになるので、借り換えをした方がお得と言えます。

メリット2:支払い計画が立てやすくなる

毎月固定で返済していくことになるので、支払い計画が立てやすくなります。
複数から借り入れをしている人にとっては嬉しいメリットです。
特に、固定金利タイプにすることで返済が完了するまで同じ金額を支払い続けます。
そうすると、いつまでお金を払い続けるのかも分かるため、支払い計画だけでなく、月々のお金の計画も立てやすくなります。複数の借金を1つにまとめると返済額・返済面の両方にメリットがあるのです。

デメリット1:追加借り入れが出来なくなる

借り換えは借金完済が目的の金融商品であることはお伝えしました。
返済・完済のために利用されるお金ですので、今までのように追加の融資を受けることが出来ません。
借り換えローンに変更する前の方がよかったと思う人も多いそうです。

そして、そう思ってから他のカードローンやキャッシング会社から借り入れようとしても遅いです。
何故なら、借り換えにしてからすぐに他の金融機関の審査は通りにくくなり、ほとんど借り入れは出来ないと思ってください。
王道として、乗り換えローンのプランや借り換えローンなのに追加融資が可能な消費者金融などの金融会社もありますが、やはりそれも確実と言える方法ではありません。

このようにメリットが強く見えても、デメリットの色味も強すぎます。
そのため、今の状況で本当に借り換えにする必要があるのかをしっかりと判断して検討することをオススメします。

デメリット2:審査に時間がかかる

これも結構大きなデメリットです。
金利が低い分、消費者金融や銀行系の金融機関の審査が厳しくなります。
通常のキャッシングなどと同様に、申込内容から調査し、コンピューターでスコアリングするのですが、それが厳しいということです。
結局どこの審査にも通らなかった人もいます。

審査基準として、

  • 年齢
  • 居住年数
  • 同居人
  • 職業
  • 勤続年数
  • 年収
  • 電話番号

が審査項目の重点を置かれます。
総じて「しっかりと返済できる人」であればいいのです。
その信用の有無がこういった項目で判定されます。

また、返済の延滞や債権整理などがあるとかなり厳しいと言われています。
キャッシングではギリギリで通っていた人も、アウトになる可能性が高いです。

もっと厳しいのが、他社からの借入件数です。
5件以上は即アウト、4件は微妙なライン、3件以下なら比較的安心して審査結果を待つことができます。

このように、金利が低いというだけで金融機関は慎重になります。
そのため、審査に時間がかかるのです。
(金融会社の利益が少ないですから仕方ないのですが…。)

意外な落とし穴:支払い総額が高くなる可能性あり

意外なのが、支払い総額が高くなる可能性があることです。
一目では金利が下がるので安心感があります。
しかし、返済期間が長くなってしまうと、結果的に支払う利息分は増えます。
気付けば今まで借り入れていた額よりも高くなっていた…という嘘のような本当の出来事が起こり得ます。
返済総額に重点を置いている人にはかなりの落とし穴です。
借り換えには固定金利と変動金利があるので、変動金利を選んだ方は注意が必要です。
借り換えをする前に、金利と手数料などを含んだ総額をシミュレーションして、利用を検討しましょう

借金返済にお困りの方が読むページ
⇒借金の返済でお困りの方はこちら

高い金利や返済額を見て不安になった方達は、借り換えを検討したことがあるのではないでしょうか? 借り換えとは、銀行や消費者金融などの金融機関が販売している借金を返済するための金融商品です。返済総額分をローン(キャッシング)として組んで、借金返済のためにその融資されたお金を当てます。 つまり、金利負担が少なくなるだけでなく、返済総額が低くなり、返済期間も短くなります。メリットばかりなので、キャッシングをしていて不安な人はこの金融商品に飛びつきますが、実はデメリットや意外な落とし穴があるんです。 この記事では、借り換えのメリット・デメリット(特にデメリット)について紹介します。

カードローンの更新手続きをしないと停止される?再審査はあるの?

Dollarphotoclub_61506587

キャッシングやカードローンを利用していて、そろそろ更新に近づいてきたりすると、更新って何をすればいいんだろう、と思う人が多いようです。 他にも、そもそも契約更新なんてものがあるのか、という人もいるくらい、普段あまり意識されていない事柄です。 特に、残高が残っていたりするとなおさら焦る人もいます。 詳しくは後述しますが、更新手続きは基本的にないので安心してください。 その理由や、契約更新が出来ないケース、契約更新が出来ないとどうなってしまうのかなどについて説明していきます。

 

カードローンの契約期間が過ぎても完済できない場合

カードローンの契約期間は、金融機関によって違いはあるものの、一般的に申し込みから銀行は1年、消費者金融は5年、一部クレジットカードは3年が目安のようです。

この契約期間内に借入残高と利子を完済できない場合には、特に問題がない限り自動更新されていきます。

更新手続きはない

自動延長されていくということは、更新手続きはありません。
それだけで気持ちが楽になりますよね。

しかし、更新手続きがない代わりに信用情報などのチェックが入りますので、延滞などをしないよう日々意識していくようにしましょう。

契約更新が出来ないケースとは

契約更新が出来なくなるケースは、やはり月をまたぐ約定返済日を超えての延滞を何度も繰り返している人や、返済義務を放棄してしまった人などは契約更新が出来なくなります。

何故かというと、消費者金融や銀行カードローン系の会社はしっかりと融資額と利息を返済してくれる人を望んでいます。
つまり、返済能力がある人がそれに当てはまらない場合、契約更新をすることが出来ません。

借入件数が多い場合

更新にも審査があります。
借入や返済状況の確認だけでなく、個人信用情報機関の確認なども行います。

そこで気をつけたいのが、他社借入件数です。
この件数が多い場合は個人信用情報(途上与信)に引っかかり、契約更新が出来ない場合があります。
更に、短期間で何社も申込みをしている場合はブラック情報に記載されている可能性もあるので気をつけてください。

他社借入をしているということは、お金に困っている人だと認識されたり、多重債務者になりかねないといった理由で審査を通過することが出来なくなってしまいます。

契約更新が出来ないとどうなるか

契約更新が出来ないと、新規借入が出来なくなり返済だけを求められるようになったり、解約されたり、利用限度額を少なくされるなどといったことが起きます。

あまりにも契約更新の審査をした時に酷いようだと返済額の一括返済を求められる場合もあるそうですが、これはかなりレアケースになるようです。

返済義務の放棄は強制解約に繋がる

融資を受けたら、返済義務が発生します。
それを放棄した場合は、更新期間になる前に強制解約される可能性が高まります。
借入をしたら、しっかりと返済日に返済していくようにしましょう。

しっかりと毎月返済金額を納めている人には問題なさそうなキャッシングの更新ですが、それでもやはり強制解約や契約更新が出来なくなるのは怖いですよね。
心配な方は返済用口座やカードローン専用口座を用意してみたり、約定返済額などをメモや手帳に記入しておいたりと対策が取れそうです。

キャッシングやカードローンを利用していて、そろそろ更新に近づいてきたりすると、更新って何をすればいいんだろう、と思う人が多いようです。 他にも、そもそも契約更新なんてものがあるのか、という人もいるくらい、普段あまり意識されていない事柄です。 特に、残高が残っていたりするとなおさら焦る人もいます。 詳しくは後述しますが、更新手続きは基本的にないので安心してください。 その理由や、契約更新が出来ないケース、契約更新が出来ないとどうなってしまうのかなどについて説明していきます。

キャッシング後のキャンセルは審査に影響するのか

Cache_27_r0224

緊急でお金が必要ということになって、消費者金融や銀行カードローンなどの金融会社に申込をした際に、キャンセルしたくなったり、やはり使わなさそうと思った時に実際キャンセルは可能なのでしょうか? 実は申込をした後に冷静になって、キャンセルをする方も多いそうです。 この記事では、キャッシングやカードローンの申込後にキャンセルが出来るのか、キャンセルしてしまうとどうなるのかなど気になる情報をお伝えしていきます。

カードローンの申込後にキャンセルは可能なのか

カードローン審査後にキャンセルは可能です。
勿論、個人信用情報にも問題はありません。

キャンセルすることを申請した会社に一言連絡すれば、担当者がキャンセルの手続きをしてくれます。
(事情なども説明しておくことをお勧めします。)
この連絡がないと、トラブルになる可能性や顧客情報にマイナスイメージとして残されることになるため、気をつけましょう。

キャンセルするとどうなるか

申込者が契約解除をすると、該当会社のシステムでは申込履歴に「フラグ」や何かしらの「コメント」が登録される場合が多いです。

それ以外は特にキャンセルをしたからといって、電話がかかってきたり、職場に電話があったりすることはないので安心してください。

また、法外なキャンセル料や違約金を支払うようにと言ってくる会社があるそうですが、そういった会社は闇金業者です。
事前にサイトやインターネットなどで検索して、自分の申込む会社が大丈夫かを確認しておくことも念頭に置いておいてください。

再度申込をする場合、審査に影響が出る場合もある

では、再度申込をする場合は審査に影響があるのでしょうか?
勿論、あります。

申込み履歴を参照して、以前審査通過したのに何故カード発行をしなかったのか、何故融資を受けなかったのか?という疑問を持たれることも多いからです。
また、当時の履歴が残っている場合もあるため、システムに残されたコメントなども参考にされる場合があります。

何度も多くの会社でキャンセルしない方がいい

最近は、インターネット上のキャンペーンや入会特典が欲しいために申し込みをしてすぐに解約をするという人も増えてきています。
しかし、そういった短期でのキャンセル情報は個人信用情報機関に登録されます。
そうすると、審査を受けることも出来なくなってしまいます。

申込ブラック

複数の会社へ審査申し込みをすると、申込ブラックという扱いになる場合があります。
1ヶ月に3社以上申し込んでいる人が対象になります。
(公式サイトなどで確認出来る事前審査は対象になりません。)

申込ブラックになると、しばらくの間はキャッシングの審査に通らない、もしくは通りにくくなってしまいます。

何故、申込ブラックになるかというと、1ヶ月のうちに何社も申請しているということは、お金にかなり困っている人と認識されるからです。
さらに、この情報は半年間残るため、6ヶ月以上立たないと申請しても意味がありません。

審査後のキャンセルの場合はあまり確認されないことも多いですが、出来るだけ短期間に何社も申請しないようにしましょう。

ネガティブな情報があると審査に通らない可能性も

キャンセルをして、再び申込をしようと思った時にネガティブな情報があると審査に通らない可能性があります。
ネガティブな情報というのは、契約書や規約に則った退会方法をしているかということや、短期退会していないか、郵便の受け取り拒否をした場合などが対象となります。

キャンセルの連絡は絶対に入れましょう

キャッシングのキャンセルの連絡は絶対に入れるようにしましょう。
確かに、個人信用情報にその情報は掲載されません。
しかし、その会社の顧客情報にデータが残されます。
そうすると、次回は審査に通ること自体が難しくなってしまいます。

超短期の退会も控えましょう

キャンセルはせず、審査完了後にカードなどの発行をされたけれど解約した場合のことを超短期退会と言われています。
この超短期の退会は契約日から解約日までの契約期間が近いので、同じ会社だけでなく他のキャッシング会社の審査に悪い影響を与えることになります。
また、これはキャッシングだけに限らずクレジットカード会社にも影響するので気をつけましょう。

緊急でお金が必要ということになって、消費者金融や銀行カードローンなどの金融会社に申込をした際に、キャンセルしたくなったり、やはり使わなさそうと思った時に実際キャンセルは可能なのでしょうか? 実は申込をした後に冷静になって、キャンセルをする方も多いそうです。 この記事では、キャッシングやカードローンの申込後にキャンセルが出来るのか、キャンセルしてしまうとどうなるのかなど気になる情報をお伝えしていきます。

50万円を今すぐ借りたい人必見!即日融資におすすめの方法まとめ

Cache_12

子供の学費が足りない、新しい機材や楽器を買いたい。とにかく今すぐ50万円が必要!そういう時はローンを組むよりも、消費者金融や銀行カードローンなどの金融会社から借入をする方が早く借入をすることが出来ます。 では、具体的にどういった金融業者から借入をした方がいいのでしょうか?そういった内容から、借入のための条件やおすすめ業者なども紹介していきます。まずは、おすすめの借入方法を説明していきます。

50万円を借りたい人におすすめの消費者金融・銀行のカードローン

50万円を借りたい人におすすめの消費者金融・銀行のカードローンをそれぞれ以下の表にまとめました。審査時間や金利に違いはありますが、今日中にお金を借りたい人は審査時間を重視して、少しでも利息を抑えたい人は金利を重視して選びましょう。

50万円借りるのにおすすめのキャッシング一覧

キャッシング おすすめ借入方法 特徴 詳細
アイフル ネット申し込み後、契約機でカード発行 借りられるか1秒診断可能 詳細
アコム ネット申し込み後、むじんくんでカード発行 契約後、最短5分でカード発行 詳細
プロミス ネット申し込み後、契約機でカード発行 最短3分のカンタン申込発行 詳細

50万円借りるのにおすすめの銀行のカードローン一覧

銀行のカードローンでも10万円借りることはもちろん可能です。銀行で借り入れのメリットとして、他の消費者金融に比べて借入時の金利が低く、上限金額が高いという点があります。一方で、審査や申し込みの手続きが複雑で難しく、すぐに借りるのは困難です。

銀行のカードローン おすすめ借入方法 特徴 詳細
三菱東京UFJ銀行 ネット申込後→テレビ窓口でカード発行 三菱東京UFJ銀行の口座が無くても申込可能 詳細
みずほ銀行 Web完結申込→口座振込 お手持ちのキャッシュカードで利用できる 詳細
新生銀行カードローンレイク ネット申込後、自動契約機でカード発行 選べる2種類の無利息期間有り 詳細

50万円借りるなら三菱東京UFJ銀行カードローンがイチオシ

50万円を借りるなら、三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」がおすすめです。では50万円をバンクイックで借りた場合、金利や限度額はどうなるのか見てみましょう。初めてお金を借りる人には特に知名度の高いバンクイックが人気です。
<バンクイックで50万円借りた場合>

金利 返済期間 毎月の返済額 利息総額 審査時間
14.6% 12ヶ月 45,034円 40,412円 最短30分

今回は50万円を1年間借りた場合のシミュレーションを想定しましたが、もし50万円を半年で返済するとなると利息の総額は21,503円と1年間借りた場合の利息総額と比べて約半分ですが、毎月の返済額が86,917円となります。返済可能な範囲内で、毎月返済するのが望ましいです。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

即日で借りたいなら「申し込み時間」と「申し込み方法」が重要

どうしても今日中に50万円を借りたい人は、「申し込み時間」と「申し込み方法」の2点を重視しましょう。その理由を説明します。

申し込みは14時までにすませるのがベスト

借り入れ金額が50万円に限らず今日中にお金を借りたいのであれば、申し込みは14時にすませておくのが望ましいです。例えば申し込み時間が19時以降と遅くなると、審査時間や在籍確認が明日に持ち越しになる可能性が高いからです。

ネット申し込みなら最短即日で借りやすい

ネット申し込みは、スマホかPCさえあればいつでもどこでも申し込み可能なのが特徴です。申し込みから審査までの流れがスムーズなので、即日融資にはダントツでネット申し込みが向いています

50万円を借りるための3つの条件

お金を借りるための条件は各社によって違いますが、多くの消費者金融は以下の条件を満たせば審査に通り契約が出来る可能性が高いです。

安定した収入があること

安定した収入がある、とは「半年間以上、収入(給料)を得ている」状態を指します。学生はアルバイト、主婦はパートでの収入で問題ありません。ただし消費者金融で50万円を借りる場合は総量規制の対象となりますので、少なくとも年収150万円以上あるのが必須条件です。

信用情報に問題がないこと

金融機関は審査をする時に、申請書類と本人確認書類以外に個人信用情報機関から個人信用情報を取り寄せて、クレジットカードや携帯・スマホなどの遅延や延滞がないかなどを確認します。問題がなければいいのですが、あまりにも酷い履歴の場合には審査に通らない可能性が高くなります。

他社借入件数が3件以内であること

他社借入件数はどこの消費者金融も確認します。嘘をついても信用情報機関で確認が出来るため、嘘をつくということで印象が悪くなってしまいます。他社借入件数が多いことで、返済能力に対して疑問を持たれたり、多重債務者になりやすいということから3件以上借入件数がある人はほぼ審査に通りません。

50万円を借りたときの利子・利息まとめ

お金を借りるときにやはり気になるのは、返済時の利子・利息です。お金を借りた時の利息は金利によって変化します。また返済期間が長ければ長いほど、利息総額が増えてしまうのでその点だけは要注意です。

各キャッシング・銀行のカードローンで50万円を12ヶ月間で返済する場合

キャッシング・銀行のカードローン 金利 毎月の返済額 利息総額
アイフル 年18.0% 45,839円 50,074円
アコム 年18.0% 45,839円 50,074円
プロミス 年17.8% 45,792円 49,503円
モビット 年18.0% 45,839円 50,074円
新生銀行カードローンレイク 年18.0% 45,839円 50,074円
三菱東京UFJ銀行 年14.6% 4,297円 40,412円
みずほ銀行 年14.0% 44,893円 38,718円

返済シミュレーションは各消費者金融・銀行のカードローンの公式HPにて返済期間を指定して調べることが可能です。
自分の返済能力に見合った返済期間で、借り入れをしましょう。

子供の学費が足りない、新しい機材や楽器を買いたい。とにかく今すぐ50万円が必要!そういう時はローンを組むよりも、消費者金融や銀行カードローンなどの金融会社から借入をする方が早く借入をすることが出来ます。 では、具体的にどういった金融業者から借入をした方がいいのでしょうか?そういった内容から、借入のための条件やおすすめ業者なども紹介していきます。まずは、おすすめの借入方法を説明していきます。

キャッシングの4つの申込方法を比較しました

Cache_06_p0138

キャッシング審査を検討する時に、自分に合った申込方法を知って好きな消費者金融や銀行カードローンなどを選びたいと思いますよね。キャッシングの申込方法の紹介やメリットの比較をしてみました。4種類の方法がありますので、自分の状況や良さそうと思った金融会社を利用して、キャッシング利用の参考にして頂けたらと思います。ただ、キャッシングの際に気をつけてるべき点がありますので、この記事を読んで確認してみてください。

 

キャッシングの申込方法

キャッシングの申込方法は4種類あります。それぞれ特徴があるので、ここで紹介したいと思います。

  • 店頭申込:スタッフと直接話しながら契約出来る
  • 自動契約機申込:必要な時だけオペレーターに繋がって契約が出来る
  • 電話・郵送申込:電話と後日郵送で契約が出来る
  • インターネット申込:WEBのみで契約が出来る

時間がある方はゆっくり電話・郵送申し込み、直接話して契約したい方は店頭申し込み、必要なことや疑問点だけ聞きたい方は自動契約機申し込み、スピーディに済ませたい方はインターネット申し込みがおすすめです。次の項目から、各申し込み方法のメリットを紹介したいと思います。

店頭申込のメリット

店頭窓口申込の一番のメリットはスタッフと直接会って申し込みが出来ることです。実は若干の融通が利いたりもします。特に審査に不安を感じている人は店頭申込をおすすめします。

人柄を見て審査をしてくれる

キャッシング会社は、「誠実そうな人」「返済してくれる人」に融資をしたいと考えているため、人柄も見て判断してくれます。この人柄を見て検討をしてくれるというのが最大のメリットと言えます。

自動契約機での申込のメリット

自動契約機(無人契約機)人に会わなくていい、困った時や必要な時だけオペレーターと繋がれるということがメリットです。個室になっていることも多く、プライベートも確保されているため安心して利用出来るというのもメリットと言えます。

電話・郵送で申込のメリット

店頭申込ほどとは言えませんが、電話でも相手のことを判断出来る材料になるため、人柄を見て判断してくれる場合があります。

また、必要書類は郵送で送ることになるため、途中で審査や申し込みをキャンセルしたくなった時にキャンセルがしやすいというのもメリットです。

インターネットからの申込のメリット

公式サイトからの申し込みのメリットはスピーディさです。本人確認書類や収入証明書などはメールやアプリから送ることも出来、最短で数十分で審査から融資までが完了します。そのため、。即日融資を受けやすいです

手軽さが人気

スマホや携帯が普及したことにより、インターネットがより身近になりました。そのため、申込者はWEB申込がとても手軽に利用出来るためようになりました。キャッシング申し込みはこのWEB申込を利用する人が多いようです。

 

キャッシング審査を検討する時に、自分に合った申込方法を知って好きな消費者金融や銀行カードローンなどを選びたいと思いますよね。キャッシングの申込方法の紹介やメリットの比較をしてみました。4種類の方法がありますので、自分の状況や良さそうと思った金融会社を利用して、キャッシング利用の参考にして頂けたらと思います。ただ、キャッシングの際に気をつけてるべき点がありますので、この記事を読んで確認してみてください。

銀行のATMでキャッシングをする方法を紹介!

Dollarphotoclub_53146510

月末やお金の支払いや給料の振込時期になると、銀行で入金や出金のついでにキャッシング会社の利用が出来たら便利だと思いませんか?実は出来るんです。店舗によって異なる場合もありますが、銀行のATMで消費者金融や銀行カードローンなどの借入や返済が可能です。この記事では、銀行ATMでキャッシングを利用する方法や日本の大手銀行(メガバンク)でどの金融会社やクレジットカードが利用出来るかを説明していきます。

銀行ATMでのキャッシングの方法

銀行のATMでキャッシングの利用方法は簡単です。ATMの画面に従って対応するだけです。画面の表記や手順は違うものの、大体の流れは同じなのでキャッシングサービスを利用する時の方法で簡単に説明します。

  1. 「お引き出し」ボタンを押す
  2. 「借入」または「返済」のボタンを選択する
  3. キャッシングカードを挿入する
  4. 暗証番号を入力する
  5. 借入金額を指定するか、返済金額を入金する
  6. カードと利用明細票、紙幣などを受け取る

タッチパネル式なので、簡単に操作ができます。また、提携ATMやセブン銀行などのコンビニATMなどでも同様の操作方法で利用可能です。

三菱東京UFJ銀行で使える金融会社

三菱東京UFJ銀行のATMで利用可能な、大手消費金融やカードローン会社は以下の通りです。他にも利用可能な金融会社はあるので、ATMで確認ができます。

  • アコム
  • プロミス
  • バンクイック
  • アイフル
  • イオン銀行
  • エポスカード
  • オリコカード

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

三菱東京UFJ銀行で出来ること

クレジットカードやキャッシング、カードローンが利用可能です。一部のカードで返済や残高紹介が出来ます。ATMコーナーのステッカーを確認することで、会社や取り扱い内容・時間を確認することが出来ます。

1回の利用限度額

1回の振込限度額は500万円まで、現金での振込は10万円までです。ATMで数十万円の振込をしたい場合は何度かに分ける必要があります。

ATM利用手数料

時間帯によりますが、ATM手数料は108円~216円がかかります。会社によっては、手数料が無料だったり金額が変わってくる会社もあるので注意が必要です。

みずほ銀行で使える金融会社

みずほ銀行のATM(全国約1500ヶ所に設置)で利用可能な金融会社一覧です。他にも色々な金融会社を利用出来ます。

  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • イオン銀行
  • セゾンカード
  • オリコカード

みずほ銀行で出来ること

クレジットカードやキャッシング、カードローンが利用可能です。会社によっては引き出し、預け入れ、残高紹介などが可能です。

1回の利用限度額

みずほ銀行では、1回ではなく1日あたりの利用限度額が適用されます。引き出しの場合は100万円、振込の場合は200万円までが対応です。ただし、磁気ストライプの場合はその半額になります。クレジットカードのキャッシング枠での引き出しの場合は1万円単位なので注意が必要です。

ATM利用手数料

時間帯や金融業者によりますが、108円~216円が相場になっています。それ以上の会社はあまりないと考えていいでしょう。

三井住友銀行で使える金融会社

都市銀行の三井住友銀行で使える金融会社一覧です。やはり、ATMでは他の会社も利用出来るため、他のカードの場合は確認してみてください。

  • アコム
  • モビット
  • プロミス
  • セディナカード
  • イオン銀行
  • ワンダーカード
  • JCBカード

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

三井住友銀行で出来ること

クレジットカードやキャッシング、カードローンが利用可能です。一部のカードで返済や残高紹介が出来ます。
ATMコーナーのステッカーを確認することで、会社や取り扱い内容・時間を確認することが出来ます。

1回の利用限度額

三井住友銀行も1日の振込限度額は、引き出しが50万円、振込が100万円です。ただし、利用枠内での利用になります。

ATM利用手数料
時間帯によりますが、入金や振込手数料は108円~218円です。会社によっては無料の場合があります。

月末やお金の支払いや給料の振込時期になると、銀行で入金や出金のついでにキャッシング会社の利用が出来たら便利だと思いませんか?実は出来るんです。店舗によって異なる場合もありますが、銀行のATMで消費者金融や銀行カードローンなどの借入や返済が可能です。この記事では、銀行ATMでキャッシングを利用する方法や日本の大手銀行(メガバンク)でどの金融会社やクレジットカードが利用出来るかを説明していきます。

サンクスのATMでキャッシングする方法

Dollarphotoclub_62008057

全国にあるサンクスには、セブンやローソンなどのコンビニと同様にATMが設置されています。 ゼロバンク、バンクタイムと呼ばれています。 多くの都市銀行や地方銀行、MICS提携金融機関が利用出来、ゆうちょ銀行も利用が可能です。 さらに、クレジットカードやキャッシング会社の利用も出来るため、サンクスで買い物をしたついでに返済や借入が出来て便利です。 今回は、サンクスのATMで利用可能な金融会社やクレジットカード会社について説明していきたいと思います。

サンクスATM「ゼロバンク」「バンクタイム」とは

サンクスやサークルKサンクスの店舗に設置されているATMにはゼロバンクとバンクタイムという2種類の提携ATMで株式会社サンクスのオリジナルATMです。
機種(設置店舗なども)によってサービス内容が変わります。
(そのため、自分の地域を公式サイトのATM一覧で確認しておくことをオススメします。)
また、ゼロバンクは愛知県と岐阜県にのみ設置されているため、今回はバンクタイムについて説明します。

提携先対象は1500前後!金融機関カードが利用可能

りそな銀行をはじめとする都市銀行や北陸銀行、北海道銀行などの地方銀行、MICS提携金融機関の新生銀行や農業協同組合、シティバンク銀行など1500程度の提携金融機関カードが利用出来ます。

一般的に使われている銀行は提携銀行になっているため、その時使いたいお金の利用分を引き出す時に銀行ATMなどを利用しなくてもよくなりそうです。

ゆうちょ銀行、証券会社、提携クレジット、生命保険のカードが利用可能

ゆうちょ銀行のキャッシュカードや証券会社・提携クレジット・生命保険のカードの利用が可能です。
融資(借入など)がコンビニで受けられるのはありがたいですよね。
手数料や利用時間については後述させて頂きます。

利用方法については、直感的に分かりやすい操作方法になっているので、是非使ってみてください。

サンクスのATMで利用可能なキャッシング会社

多くの会社が利用可能です。
更に、キャッシングや出金・入金が利用出来るパターンや入金が出来ないパターン、入金のみしか出来ないパターンなどがあります。
ここでは、キャッシング・出金・入金が可能なキャッシングを紹介します。

  • アコム
  • プロミス
  • 新生フィナンシャルカードローン
  • クレティセゾン

キャッシング・出金の下限設定

キャッシングや出金の際にお金の下限設定があります。
一万円以上からしか対応しておらず、一万円単位での取り扱いになるため、借り入れの際は注意が必要です。

返済の下限設定

返済にも設定があります。
当たり前なのですが、硬貨が利用出来ないため一千円以上、一千円単位での返済になります。
端数がある方は千円多めに返済することになります。

利用可能時間

利用可能時間は消費者金融会社や銀行カードローンなどによって違いがありますが、基本的には深夜12時前後から利用が出来なくなる会社が多いです。
確実なのは、朝7時~夜11時50分頃までの利用です。

手数料

手数料はアコムとプロミス、クレティセゾンは同一で10000円以内が108円、10000円以上が216円となります。
新生フィナンシャルカードローンはATM利用手数料が無料となっています。

サンクスのATMで利用可能なクレジットカード会社

こちらも上記の項目で説明した通り、様々なパターンがあるので、キャッシングや出金・入金が可能なカードを紹介します。
他にも沢山クレジットカード会社があるので、詳しくは公式サイトを確認してみてください。

  • ジャックスカード
  • ダイナースカード
  • NICOSカード
  • VISAカード
  • JCBカード

キャッシングと出金が可能なカードは、イオン銀行のイオンクレジットやアメリカンエキスプレスなどがあります。

キャッシング・出金の下限設定

キャッシング会社と同様に一万円単位の取り扱いになりますが、SMBC日興証券は別途設定があります。

返済の下限設定

こちらもキャッシング会社と同様で一千円単位になりますが、JCBカードとUFJカードは一万円単位になります。
この2社のカードを持っている方は支払いの金額を確認しておくようにしましょう。

全国にあるサンクスには、セブンやローソンなどのコンビニと同様にATMが設置されています。 ゼロバンク、バンクタイムと呼ばれています。 多くの都市銀行や地方銀行、MICS提携金融機関が利用出来、ゆうちょ銀行も利用が可能です。 さらに、クレジットカードやキャッシング会社の利用も出来るため、サンクスで買い物をしたついでに返済や借入が出来て便利です。 今回は、サンクスのATMで利用可能な金融会社やクレジットカード会社について説明していきたいと思います。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧