キャッシングアカデミー

キャッシングの仮審査と本審査の違いは?

キャッシングやローンを利用しようと思っても、本審査を申込むには様々な手続きが必要です。とにかく融資が受けられるかどうかだけでも知りたいと思うかもしれませんが、仮審査にも2つの種類があり、結果は本審査の際に異なる場合もあります。 このページではキャッシングの仮審査と本審査にはどのような違いがあるのか、仮審査の際に注意すべき点を交えて説明します。

仮審査には2種類ある

仮審査には一般的に2種類あるのをご存知ですか。消費者金融や銀行カードローンのホームページに年収や他社借入を入力してすぐに結果がわかる「診断タイプ」の仮審査と、ホームページから必要事項を記入して審査に通過したら本審査にすすむ「本審査前」の仮審査の2種類があります。

消費者金融や銀行によってどちら仮審査を指しているのか異なるので、仮審査を受ける人は事前に確認してください。

①インターネットで1分でできる診断タイプの仮審査

アコムやアイフルのWebサイトには「3秒診断」や「1秒診断」というものがあります。

これらは診断サービスなどと呼ばれ、この場合入力する情報は「年齢」「年収」「職業」「他社借入金額」「性別」「独身・既婚」など、3~5項目を入力するだけという手軽さで借入が可能かわかります。

いくらまで借りられるかはこの仮審査では教えてもらえませんが、借入が可能かどうかだけでもすぐに知りたいという場合には、こういった診断を利用すると1分もかからずに結果を知ることができます。

この診断をしなくてもキャッシングへの申込は可能ですので、自分は審査に通るという自信があるのならすぐに申込んでも問題はありません。

②本審査前の仮審査

ホームページからの申込で診断タイプの仮審査よりも詳しく申込者情報を記入します。

その入力内容をもとに、融資が可能か機械が判断し本審査への移るまでが「本審査前の仮審査」です。

こちらの仮審査の場合には、インターネットやFAXで自身の名前や勤務先といった個人情報や希望する融資額など詳細に情報を入力します。また、様々な規約や同意書にも同意するため審査結果がわかるまで最短でも30分はかかってしまうので、診断タイプの仮審査よりは時間がかかります。

診断タイプの仮審査との一番の違いは、キャッシングへの申込情報(信用情報)がキャッシング会社が審査のときに共通して使う信用情報機関に登録されてしまうという点です。

もし、この仮審査に落ちてしまうと落ちた情報が他社にも伝わり、他社の審査にも通りづらくなります。

2種類の仮審査がありましたが、どちらの仮審査にも共通していることは、あくまでお金を借りたい人が自分で入力した情報で審査されているという点です。

仮審査と本審査では審査の厳しさが違う

本審査では必要書類の提出をする

仮審査と本審査の主な違いは、審査の際の判断材料です。

借入申込み後の仮審査では、審査申込みをしてまず自己申告として詳細な個人情報を申告しました。この情報をもとに審査し、融資が可能と判断してもらえた場合に本審査に移ります。

本審査はどのような情報をもとに審査をするかというと、申込者の個人情報や融資の申込情報、返済の延滞有無や自己破産の有無といった情報を信用情報機関というこれらの情報を管理する機関(信用情報機関)に確認して審査を行います。

また仮審査時に申告された情報が間違いないかを確かめるために、必ず「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」などの本人確認資料が必要となります。

借入希望額が50万円以上だと、「源泉徴収票」など収入を証明する収入確認資料を提出する必要な場合もあります。

本審査は厳しい審査

様々な書類により正確にかつ、申込者以外が認める客観的な情報で審査をすることが本審査です。

その他にも、本審査では「窓口にご来店ください」といったような案内があることもあります。

また、仮審査は貸し与える銀行、消費者金融といった金融機関が審査をすることが多いですが、本審査は保証会社(保証機関)という債務保証(借金の肩代わり)をする会社に審査依頼されています。肩代わりをしたくないのは当然のことなので必然的に本審査の方が審査基準が厳しくなります。

仮審査
本審査
必要書類の提出 ×
審査する機関 融資する機関(銀行、消費者金融など) 保証機関(借金の肩代わりをする会社)
信用情報の確認 ×
窓口へ行く必要 × △ (Web・FAXで済む場合もあり)

仮審査に通っても、本審査で落ちる可能性も

申込の仮審査で入力した個人情報の内容が正しいか確認しよう

本審査前の仮審査に通過すれば、基本的には本審査は通過できます。ただし、仮審査を通過したとしても本審査では融資を断られてしまう可能性もあるので注意してください。

審査に落ちてしまうのは、申込みの際に入力した個人情報と提出書類を照らし合わせた際に間違いがある場合です。

「見栄を張って収入を偽っていた」・「他社借入件数を少なく申請していた」という虚偽の申込も、本審査ではバレてしまいますので融資が断られてしまいます。アコムの「3秒診断」など診断サービスを利用して借入可能かどうかの結果だけが知りたい場合でも、正しく情報を入力しなければ、正確な結果を得ることはできません。

もし、仮審査を通過しても本審査で断られてしまう場合には、正確な情報を入力できていない場合があるので、申込の時にはしっかり内容確認をしましょう。

キャッシング会社との連絡を忘れずに行う

仮審査を通過すると、勤務先に在籍確認のための連絡がいったり、必要書類の提出を求められます。

この時に連絡が取れないと、申込み自体が取り消されてしまうこともあります。

申込者は自分のことをお客様と思いこまず、あくまで自分と融資してくれる方との取引であるととらえましょう。

このように書くと、仮審査通過時や通過後に連絡がなかなか来ないと不安になるかと思います。

そういった場合は金融会社に問い合わせをすれば回答が得られます。

キャッシングやローンを利用しようと思っても、本審査を申込むには様々な手続きが必要です。とにかく融資が受けられるかどうかだけでも知りたいと思うかもしれませんが、仮審査にも2つの種類があり、結果は本審査の際に異なる場合もあります。 このページではキャッシングの仮審査と本審査にはどのような違いがあるのか、仮審査の際に注意すべき点を交えて説明します。

債務整理者がキャッシングできるたった2つの方法をカンタン解説

Dollarphotoclub_58941686

債務整理中や、債務整理後のローンやキャッシングの審査は通りにくくなっているとなんとなくでも知っている方は多いでしょう。それでもクレジットカードを作りたい、大きな買い物のためにローンを組みたいといった場合もあります。 このページでは、債務整理した後の現実と融資を受け入れるためにはどうすれば良いのかを紹介していきます。

債務整理をしたら融資を受けるのはまず無理

債務整理をすると、債務整理されたキャッシング会社は「債務整理をした」ことを他の消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの賃金業者に通知します。その段階で賃金業者は個人の信用情報を一元管理する信用情報機関に対して債務整理の報告を行います。これにより、信用情報機関には事故情報(異動情報)、俗にいうブラックリストとして登録されることになります。
また、収入の3分の1を超える借入をできなくする「総量規制」の実施に伴って信用情報期間が定められたことにより、分野の異なる消費者金融やクレジットカード会社も同じ信用情報を照会することになりました。ですので、事故情報が一度登録されてしまうと住宅ローンや自動車ローン、キャッシングなどの審査がほとんど通らなくなり、融資を受けることが困難になります。事故情報が登録されている間に金融機関へ借入の申し込みを行うと、断られること可能性が高くなります。
申し込みを行うと信用情報に申し込みをしたことが3~6か月の間記録されるのですが、断られてさらに申し込みを行うという行動をとると、複数の「申し込んだ情報」が記録され、「様々なところから借金をしているのでは?」と思われるようになります。その状態でより一層融資を受けられなくなってしまうという負のループに入ります。法律的には問題なく融資を受けることは可能ですが、事故情報があると信用の問題として融資してもらえなくなります。

債務整理の種類による履歴の違い

一度、債務整理をしたという事故情報が信用情報機関に登録されると審査に通るのは非常に困難ではありますが、事故情報は一定の期間でちゃんと消えます。
ただし、その期間は債務整理の方法によって異なります。

任意整理の場合…任意整理を始めてから5年
個人再生の場合…裁判所に個人再生が認められてから5~10年
自己破産の場合…破産免責から5~10年

この期間の間では信用情報に履歴が残るため、新規のキャッシングやカードローンに申し込んでも審査に通ることはありません。

債務整理者がキャッシングできるたった2つの方法

債務整理の履歴が消えるのを待つ

事故情報が登録されている場合には、たとえ借金を完済していた場合でも断られてしまうことがほとんどです。あなたが安定した収入のある公務員や収入の高い大きな会社の社員であったとしても基本的には審査に通ることはありません。
しかし、事故情報が消えてしまえばそれを理由に断られることはなくなります。更にこのときに借金を完済していれば、審査を受ける際にも非常に有利です。あなたが債権者となる方に貸しても返してもらえると信頼してもらえる状況にあることが重要です。

中小消費者金融なら借入可能な場合も

事故情報は最低でも5年間は登録されたままですが、その期間に大きな出費がある可能性も十分にあります。どこの正規金融機関でも決して融資してくれない訳ではありません。ただし、通常ならば断わられてしまうのが当たり前です。
どうしても借り入れたい場合には「アイフル」や「プロミス」といった大手ではなく、中小の信販会社・クレジットカード会社に申し込みをするほうが可能性は上がります。中小の業者の場合は、大手と同じ判断基準では商売が成り立たないことがあるので「信用情報でまずはじく」ことは比較的なくなります。それでも、収入がなかったり申し込みするカードやローンの額が大きかったりすると断られやすくなりますので注意が必要です。
このように融資を受けられる場合もありますが、条件は非常に厳しいので事故情報の登録期間は大きな出費は抑えしっかりと借金を返済していくと良いでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

債務整理中や、債務整理後のローンやキャッシングの審査は通りにくくなっているとなんとなくでも知っている方は多いでしょう。それでもクレジットカードを作りたい、大きな買い物のためにローンを組みたいといった場合もあります。 このページでは、債務整理した後の現実と融資を受け入れるためにはどうすれば良いのかを紹介していきます。

希望条件でキャッシングを選ぶ

審査に不安だけど借りるのに
おすすめの消費者金融・銀行