キャッシングアカデミー

「お金を借りたい理由」のNGワードには気をつけよう

68752154

カードローンでお金を借りたいのであれば、審査のときには正直に答えることが賢明です。そうでなければ、お金を借りることは難しいでしょう。 審査の項目は実によくできていて、嘘をつくと簡単にバレてしまいます。 そこで今回は、比較的に審査に通りやすい借入理由や、絶対に認められない借入理由について説明をします。

カードローンでお金を借りたい理由として無難なもの

カードローンに申し込む際には借入の理由を「借入目的」として申込書に記入しなければなりません。その場合、どのような理由であれば審査は通りやすいのでしょうか。

カードローンは資金使途自由のフリーローン

カードローンは、借入の目的が定まっているマイカーローンや教育ローンと違って、資金使途自由のフリーローンです。

とはいえ、カードローンを貸し出す事業者の立場としては、お金がどのような目的に使われるのかを確認しなければ貸せません。

なぜなら、過度な遊興費やギャンブルの元金、ほかのローン返済のための返済資金などが目的の場合は、期限までにしっかりお金を返済してもらえるかが疑われるからです。遊興費やギャンブルだと、借入がさらに膨らんで返済が不能に陥る可能性もあるわけです。

事業者は借入の目的を確認すると同時に、返済の意思も確認しています。その判断材料としても「借入目的」はたいへん重要です。

お金を借りたい理由としては、まとまった金額が必要となる費目を書くと無難

まとまった資金が必要な出費として、主なものには、

  • 家具購入費用
  • 家電購入費用
  • 海外旅行費用
  • 結婚費用
  • 葬儀費用
  • 入院費用・医療費

などがあります。これらを借入の目的とした場合は、費目としては問題視されないと思われます。

なぜなら、一般的には数十万円程度の高額のイメージがあり、滅多にそのようなことはないものの、事業者が借入の目的を確認するために、領収書などの提出を求めることも可能だからです。

何に使う予定か、実際にいつ、いくら使ったかの履歴を残しておくことは、カードローンの審査のためだけでなく、事業者に対してしっかりと信用情報を残しておく意味でも大切です。もし、借入の目的や金額が申込者の生活実態にそぐわない場合は、審査に影響するので気をつけましょう。

申込書には常に正しい情報を記入しよう

申込書の記載で、借入の目的や金額に加えてぜひ注意してほしいのがほかの金融機関からの借入の有無についてです。事業者は申込者がすでに借りているローンの残高を見て、総合的に借入が可能な金額を判断するので、正確に記載する必要があります。もし「ほかの金融機関からの借入の有無」を意図的に「なし」と回答しても、事業者が信用情報機関に照会すれば、すぐにわかってしまいます。

申込書の記載内容と信用情報機関の利用履歴が異なると、審査上は大きなマイナスとなってしまいます。そのため、申込書には必ず正しい情報を記入しましょう。

借入の理由で避けるべきNGワード

カードローンの借入目的を記入する際、気を付けるべき点とNGワードはどのようなものでしょうか。

借入目的と、借入金額や生活水準に矛盾があってはいけない

カードローンの申込の審査においては、原則として「借入目的」で100%判断されるわけではありません。しかし、年齢や勤務先、年収、家族構成などの個人情報から類推される生活実態に対して「借入目的」が矛盾している、あるいは不自然であれば、目的について再度確認を受けるなど、審査に時間がかかる場合や、借入額の上限を低く抑えられる可能性もあります。

例えば、

  • 元気で働いているのに、高額の医療費用が必要になった
  • 収入が少なく、独り住まいなのに、高額の家具購入費用やリフォーム費用を目的として借りようとした
  • 結婚費用や葬儀費用で、一般的とされる金額以上を借りようとした

などの場合は、事業者は再度確認を行う可能性があります。

また、「借入目的」の確認にあたっては、やむを得ない事情で借りるのかどうかも判断されます。
例えば、

  • 家族のけがや病気による入院費用
  • 遠距離に住む親族が急病で看病しなくてはならないときの帰省費用

などは、「借入目的」として妥当であると判断される可能性が高いでしょう。

ギャンブルや借入金の返済、他人に貸すためなどの理由は要注意!

「借入目的」は正直に記入しなければいけません。しかし、絶対に書いてはいけないNGワードもあります。

先に触れたように、

  • ギャンブル費用
  • 借入金返済費用

と書いてしまうと審査に通りません。銀行から見ると、どちらも返済計画を立てにくく、借入額が膨らむ可能性があるからです。

「友人や家族にお金を貸すため」といった理由もNGです。借りたお金を他人に貸すという行為は、事業者から見るとお金の又貸しに当たるためです。又貸しをすることは、銀行では禁じられています。

  • 飲食費用
  • 交際費用

も避けましょう。使い方によっては金額が大きくなり、頻度も増えるという理由からです。

カードローンの利用は最小限の金額を、やむを得ない場合のみ

カードローンは、必要なときにすぐにお金を借りられる便利な金融サービスではあるものの、使い方を間違えると借入過多で返済がつらくなる、借入が膨らんで返済そのものができなくなるという恐れがあります。

そのため、カードローンは「最小限の金額」を「やむを得ない場合にのみ」利用するように心がけたいものです。そうした使い方であれば、「借入目的」として審査上は問題にならないと考えられるでしょう。

カードローンの中では、月々の最低返済額が1,000円(200万円までの借入の場合)と低水準であり、返済過多・返済不能となる心配の少ない三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)は特におすすめです。

カードローン名 金利 限度額 最低返済額 詳細
バンクイック 年1.8%~14.6% 最大500万円 1,000円 詳細
みずほ銀行 年2.0%~14.0% 最大800万円 10,000円 詳細
オリックス銀行 年1.7%~17.8% 最大800万円 7,000円 詳細

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

カードローンでお金を借りたいのであれば、審査のときには正直に答えることが賢明です。そうでなければ、お金を借りることは難しいでしょう。 審査の項目は実によくできていて、嘘をつくと簡単にバレてしまいます。 そこで今回は、比較的に審査に通りやすい借入理由や、絶対に認められない借入理由について説明をします。

債務整理中だけどお金を借りたいとき、一体どうすればいい?

Dollarphotoclub_66427384

生活保護は国の制度で、生活に困窮する人に対して最低限度の生活を保障するものです。 しかし、生活費の不足を補う保障を受けている人が、そもそもお金を借りることができるのでしょうか。 国民の税金で運営されている生活保護の制度や、その保障を受けている立場を考える必要があるでしょう。 国や自治体には、ほかにもお金を借りられる制度があるので、まずはそれらを検討してみるべきです。

債務整理中でも、キャッシングやカードローンを利用できるのか

債務整理をすると、キャッシングやカードローンの利用、新規の申し込みができなくなる

債務整理とは、返済ができなくなった借金を減らす方法(手続き)のことで、「自己破産」「個人再生(民事再生)」「任意整理」「過払い金返還請求」の4つがあります。

債務整理の手続きに入ると「債務整理中」となり、キャッシングやカードローンの利用が制限され、新規の申し込みができなくなってしまいます。

はじめに、債務整理とはどのような状態かについて簡単に説明します。

「自己破産」は、破産申立書を裁判所に提出し、免責許可を得ることで債務すべてを帳消しにする手続きです。強制執行による回収は解消され、99万円以下までなら当座の生活費は残すことができます。「自己破産」となると5年~10年間はクレジットやローンの新規の申込みはできません。一定期間の国家資格や職業の制限もあります。

「個人再生」は、裁判所に申し立てて、借金の20%程度を3年~5年のうちに分割返済をする手続きです。強制執行の問題は解消され、多少の財産は残せるものの、「自己破産」と同様に5年~10年間はクレジットやローンの新規の申し込みはできません。

「任意整理」は、裁判所を介さずに債務者と債権者との間で話し合って返済の支払い額の減額を図り、債務をできるだけ圧縮する方法です。自宅や車などの資産を手放す必要がなく、強制執行をされることもないものの、収入がなければできない方法です。5年間はクレジットやローンの新規の申し込みはできません。

「過払い金返還請求」は、過去に返済したローンの利息を、利息制限法で定められた上限金利の15%~20%以上支払っている場合に、その差額分の返還を請求する方法です。過払金が戻ってくる反面、返還請求先の事業者への新たな申し込みが困難になるなどのデメリットがあります。

債務整理のうち、自己破産と個人再生は官報に住所や氏名、手続きの事実が掲載、公表されてしまいます。官報は一般的に読まれているものではないものの、債務整理の事実が公表されるのは厳しい処置といえます。

債務整理中に収入がある場合、自己破産以外であれば問題はない

債務整理中でも収入がある場合、個人再生と任意整理、過払い金返還請求では問題はありません。個人再生と任意整理は収入を返済原資にできるので、むしろ収入があることを前提とした整理方法となります。

一方、自己破産は財産や収入がないことで債務を帳消しにする方法であり、99万円を超える財産は持てません。万が一、自己破産中にまとまった現金収入があり、それを隠していると、違法行為となってしまいます。

債務整理中でも、「手続き以前に契約した」キャッシングやカードローンは利用可能

債務整理中のクレジットカードやキャッシング、カードローンの利用は、原則として、債務整理の手続きに入る以前に契約したものについては可能です。ただし、官報に掲載される自己破産や個人再生では、債務整理を受けていることが事業者にもわかってしまうので、その時点で使用できなくなる可能性が高いです。

過払い金返還請求は、事業者に返還請求を求めた時点でカードが回収されてしまうので、同じ事業者での利用はできなくなります。

債務整理中でもお金を借りたい人が注意すべきこと

中小の消費者金融では対応可という場合もあるが、ヤミ金には要注意

債務整理中とは、債務整理の手続きを行っている期間中のことなので、債務整理に入る直前に借入の新規の申し込みができないわけではありません。ただし、債務整理に入るまでの借入や返済に関する利用履歴に問題がなかったとはいえないため、審査を通ることはかなり厳しいでしょう。

また、自己破産を宣告するなど債務整理の手続きが開始されるとすぐに信用情報機関に事故情報として登録されるため、万が一、新規の借入が可能となっても、すぐに取引は停止となるでしょう。官報に掲載されない任意整理や過払い金返還請求も、債権者となった事業者や請求を受けた事業者が信用情報機関に事故情報として登録するので、借入の継続は不可能です。

債務整理中でもなお「どうにかお金を借りたい」という人のためには、中小の消費者金融から借入をするという方法が考えられます。もちろん審査に通る必要があるものの、収入を前提とした「個人再生」や「任意整理」の場合には、条件次第で借入できる可能性はあるかもしれません。ただし、なかには法外な利息を要求する、あるいは厳しい取り立てを行うヤミ金も存在するので、十分な注意が必要です。

ヤミ金からお金を借りるのだけは絶対に回避しよう

中小の消費者金融とヤミ金融との違いについて聞かれた場合、実際の見極めは難しいといえます。

違いを見極める方法としては、利息が利息制限法の15%~20%以下(※延滞金は別)に設定されているかどうか、管轄の財務局の登録番号を掲げているかどうかなどが挙げられます。

債務整理中にもかかわらず、かえって債務を膨らませる要因にもなりかねないので、ヤミ金には絶対に手を出さないようにしましょう。

債務整理中にお金を借りたことがバレると、重い処分を課される可能性も

仮に、債務整理中で新規にキャッシングやカードローンなどの借入ができたとして、それがもし債権者に知られた場合には、どうなるのでしょうか。

結論からいうと、「債務整理中という状況になぜ陥っているのか」の問題につながります。債務整理をする理由として、債務不履行、つまりは債務の支払いが滞納もしくは不能になっていることが挙げられます。

その原因のひとつとしてクレジットカードやキャッシング、カードローンの利用も含まれているとすれば、債権者である事業者にとって、見逃すわけにはいかないでしょう。

場合によっては、債務整理という法的手段ではなく、もっと重い処分を課される可能性も出てくるし、賠償問題につながるおそれもあります。発覚することを心配するのであれば、借入はしないほうが賢明といえるでしょう。

生活保護は国の制度で、生活に困窮する人に対して最低限度の生活を保障するものです。 しかし、生活費の不足を補う保障を受けている人が、そもそもお金を借りることができるのでしょうか。 国民の税金で運営されている生活保護の制度や、その保障を受けている立場を考える必要があるでしょう。 国や自治体には、ほかにもお金を借りられる制度があるので、まずはそれらを検討してみるべきです。

カードローンでお金を借りたい!でも、審査の仕組みが気になる

Cache_36_P0145

お金を借りたいと思ったとき、「どのようなことを聞かれるのだろう?」と不安に思う人もいるでしょう。 銀行系でも消費者金融系でも、カードローンの審査の項目はほとんど同じ。なかでも重視される3つのポイントをクリアすれば、審査に通る確率はぐっと上がります。 そこで今回は、その3つのポイントと審査に通りやすくなるコツについて説明します。

消費者金融系と銀行系カードローンの審査基準の違い

審査のポイントは「一定の収入」「勤務先」「事故歴」の3つ

カードローンの申し込みにあたっては、必ず事業者の審査を経なければなりません。なぜなら、事業者にとっては貸したお金をきちんと返済してもらえるかを、個人の信用状況をもとに判断しなければならないからです。このことは、消費者金融系でも銀行系でも同様です。

消費者金融系、銀行系のどちらに申し込む場合でも、審査のポイントは

・一定の収入があるか 
・勤務先に勤めているか
・事故歴がないか

の3点が基本です。

「一定の収入」とは、継続的な収入を意味します。継続的な収入には給料のほか、不動産の賃料収入や駐車場の収入なども含まれます。継続的な収入が多いほど返済余力があると判断され、借入額の上限は高くなります。継続的な収入が少なくても、ほかの審査項目で問題がなければ借入ができるものの、借入額の上限は制約されてしまいます。

勤務先や勤続年数も審査の対象とされ、公務員や上場企業の社員など、勤務先が安定している人ほど審査に有利に働きます。中小企業の社員やパート・アルバイトであっても、同じ勤務先に長く務めているなど、勤務実績が安定していれば、その点も審査に有利に働きます。

「勤務」の形態は正社員に限りません。派遣社員や契約社員、パートやアルバイトの人であっても勤務とみなされます。「勤務」は「一定の収入」の裏付けとなり、返済が延滞しないかどうかの重要な手がかりとなります。

審査において最も重要なポイントは「事故歴」です。ローンやキャッシングの返済を延滞すると、その事故歴が信用情報機関に登録されてしまいます。通常は事故情報があると、大手の消費者金融や銀行ではお金を借りることはできません。延滞のほか、1ヵ月に3社以上などのように、短い期間で複数の事業者に新規の申し込みを行っていると、その事実も信用情報機関に登録され、審査上は不利に働きます。

申込時には、以下に挙げる項目なども聞かれます。

【申し込みの審査で聞かれる項目】

・氏名
・住所
・性別
・年齢(生年月日)
・勤務先
・勤続年数
・年収
・未婚か既婚か
・同居家族の有無
・住居形態(賃貸か持家か)
・居住年数・資産の状況

住居は賃貸よりも持ち家のほうが、居住年数は短いよりも長いほうが、資産は少ないよりは多いほうが審査に有利です。

これらの項目は、消費者金融系と銀行系のどちらも審査において重視します。なお、銀行系は各項目において、消費者金融系よりも相対的に厳しい審査を行うようです。こうしたさまざまな条件がクリアされると、おおむね事業者の審査基準を満たし、借入をすることが可能になります。

消費者金融では独自の審査基準を設けている

消費者金融系については、銀行系に比べて「審査が甘い」と言われます。個人向けのローン以外のさまざまな金融事業を行っている銀行系は、信用情報を厳しく審査する傾向があります。

一方の消費者金融系は個人への貸付業務が事業の中心で、そこから事業収益を上げなくてはなりません。銀行系よりもリスクをとって借入を認める反面、銀行系よりも金利を高く設定し、リターンを高めて事業を行っています。

しかし、審査が甘いというわけではありません。銀行系と同じように「収入」「勤務先」「事故歴」については、しっかりと審査します。

消費者金融系の審査では、「スコアリングシート」と呼ばれる与信管理の仕組みを活用しています。これは、審査の各項目について評価基準を定めて数値化し、申込内容に沿って点数を付けていくというものです。配点やクリアの基準については各社違いがあるものの、その基準を満たせば審査が通り、借入が可能になります。逆に、「借り過ぎ」「複数申し込み」「高い利用限度額」などはマイナスに評価され、スコアリングシートの判定が悪くなるため、審査に通らないこともあります。

このほかにも、各社には独自の評価基準があります。例えば「○曜日の○時の申し込みは延滞率が高い」といった、これまで蓄積してきた経験値をもとにして、独自の審査基準を設けているようです。

審査のプロセスとチェックするべきポイント

申し込みから借入までのプロセス

申込書類の情報に基づいて、スコアリングシートによる評価結果と信用情報機関の照会結果をもとに、第一段階の審査が行われます。

第一段階の審査が通ったら、申込書に記載されている勤務先に電話をかけて、勤務先と勤務の事実を確認します。そして、勤務の確認が取れ次第、申込者から本人確認書類を送付してもらいます。本人確認書類と申込書記載の内容に問題がなければ、申し込みの手続きは終了です。

審査プロセスで事業者がチェックするポイント

審査プロセスでは、申込書類の記載内容を確認するほか、事故情報の有無がチェックされます。勤務先の在籍については、必ず電話によって確認がなされます。電話連絡の際に本人が不在でも「ただいま不在にしております」など、間接的に在籍の確認が取れれば問題ありません。また、電話連絡は申込者のプライバシーに配慮して個人名でかけられるので、ローンの申し込みが会社に知られることはありません。

審査が通りやすくなるコツは?

申し込む際に審査基準の最低条件をクリアしているか

審査にあたって申込者が気をつけたいのは、内容に誇張や誤りがないよう、ありのままに、正しく記入することです。提出すべき書類の不備にも気をつけましょう。事業者は「なんとかして審査を通ろう」としている申込者の底意は、はじめから見抜いています。

過去に延滞したことがあるといった事故歴がないことが、審査を通るための最低条件になるものの、事故歴の有無は信用情報機関に登録されているので、申込者が隠し通すことはできません。

また、事故歴がなくとも、過去の借入と返済の履歴は信用情報機関に記録されています。審査においては「期限内に返済しているか」「借入と返済を頻繁に繰り返していないか」「上限いっぱいに借りていないか」などもチェックされています。そのため、利用中のキャッシングやカードローンがある場合には注意が必要です。

過去に一度もキャッシングやカードローンを利用したことがない場合

過去に一度もキャッシングやカードローンを利用したことがない人は、信用情報機関にまったく利用履歴がないことになります。こういう人を「スーパーホワイト」と呼びます。実は、スーパーホワイトの人なら審査に通りやすいかというと、そうではありません。利用履歴がないために、逆に正しく借入や返済をしてもらえるかを疑われる場合があるためです。

また、過去に事故歴があっても5年間は借入や返済がなければ、信用情報機関の利用履歴もなくなってしまいます。こういう人を「ホワイト」と呼びます。「ホワイト」の人も「スーパーホワイト」の人と同様に、5年以上前の利用履歴を疑われることがあります。

いずれの場合も、少額で構わないので、正常な利用履歴を作っておくとよいでしょう。

お金を借りたいと思ったとき、「どのようなことを聞かれるのだろう?」と不安に思う人もいるでしょう。 銀行系でも消費者金融系でも、カードローンの審査の項目はほとんど同じ。なかでも重視される3つのポイントをクリアすれば、審査に通る確率はぐっと上がります。 そこで今回は、その3つのポイントと審査に通りやすくなるコツについて説明します。

生活保護受給者がお金を借りたいとき、何か方法はあるのか

Dollarphotoclub_58672108

そもそも、生活保護受給者とはどのような人か?

生活保護法に則った受給資格を持つ人のこと

国の生活保護制度は、「生活に困窮する人に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長すること」を目的としています。

生活保護を受給する人には、
・離職などによって住宅や仕事を失った
・自然災害(震災)により家屋倒壊や失業をした
・住居がなく衣食住が困窮した
など、さまざまな理由があります。自力でできることすべてをしてもなお生活が苦しい場合に限り、最低限の生活費を国から出してもらい、生活の保障をしてくれるのが生活保護制度の特徴です。

生活保護を受給するには、家庭訪問等による実地調査をはじめ、資産などの調査、扶養義務者などの扶養可否の調査、就労の可能性などについて、厳しい調査を受けなければなりません。

収入などのチェックは厳しい

生活保護を認めるかどうかの判定においては、収入面などのチェックが厳しく行われます。

そもそも収入がなく、生活に困窮しているから生活保護を申請するのであって、収入があればその対象から外れる可能性も出てきます。収入状況は申請時のほか、生活保護を受けている期間中も毎月必ず申告しなければなりません。アルバイトやご近所でのお手伝いなどで少額でもお金をもらった場合は、そのすべてを収入として申告することが義務付けられています。

生活保護者が借入をするのは論外か?

税金で賄われているという意味を知る

生活保護制度の財源は、国民の税金です。生活保護受給者は税金が払えないだけでなく、生活が困窮しているから国の財源を使って生活費を支給してもらっているわけです。万一、生活保護受給者がキャッシングやカードローンを利用できているとしたら、定期的な調査の段階で、お金の出入りが発覚してしまい、生活保護の受給を止められることになるでしょう。

また、事業者の借入の審査にあたっては、生活保護受給者であることがわかった場合には認められません。万一借入が認められるとすると、後述するように、氏名や住所、年収などの内容を意図的に偽った場合のみです。

生活保護受給者には義務と権利が課せられています。義務としては「常に、能力に応じて勤労に励み、自ら、健康の保持及び増進に努め、収入、支出その他生計の状況を適切に把握するとともに、支出の節約を図り、その他生活の維持・向上に努めなければならない」(生活保護法第60条)とあります。つまり、支出そのものを最低限にとどめることが求められているわけです。

住宅ローンを抱えている人でも、生活保護を受給することは不可能ではないとされています。しかし、生活保護費を住宅ローンに充当することは、原則として認められていません。この点からも、キャッシングやカードローンを利用してそれを生活費に充てるだけでなく、生活保護費を借入の返済に充てることは認められないという結果になります。

生活保護費を収入として、借入をすることはできない

「どうしてもキャッシングしたい」という場合、生活保護受給者は新規で借入ができるのでしょうか。

まず、収入面については、生活保護を受けるほどの最低条件の労働賃金しかもらえなくても、多少でも収入があれば「一定の収入を得ている」とみなされます。アルバイトやパートなど、定期収入があれば借入ができるように、一定の収入があれば事業者の審査の対象にはなります。

一方、生活保護費しかもらっていない人がこれを収入として借入の申し込みをしても、事業者は認めません。生活保護費は前述したように国の税金です。虚偽の申請をして、税金をもとにした生活保護費を収入として記載し、それが事業者の審査を通ることはありません。

また、収入面や信用情報はクリアできても、勤務先への問い合わせの調査もあります。そのため、さまざまな審査の関門を潜り抜けるのは難しいでしょう。

レアなケースとしては、自己破産の結果生活保護を受給し、その後に離婚し、住所を変更して旧姓に戻した場合があります。信用情報機関への登録が改姓の前後で異なるために、延滞の事実が確認できなかったことから、借入が可能になったというケースです。これは事業者の審査にあたって個人の信用情報が正しく認識されなかったまれなケースなので、原則として生活保護受給者は借入ができないと考えてください。

最悪の場合、保護費の打ち切りや返還請求も

もし生活保護受給者がキャッシングをした場合、その借金も収入の一部とみなされます。生活保護受給者は、毎月収入の告知をすることになっています。キャッシングをした事実を隠し、もしそのことが国または自治体に知られた場合、生活保護費の受給は打ち切りになります。さらに、それまでの受給金額の返還を求められる可能性も出てきます。

生活保護受給者でも借入ができるところは?

国や自治体による保護費以外の補助費などについて

生活保護費を受給している人が、生活保護以外で補助を増やしてほしいなどの要望がある場合、国や自治体では、補助金や助成金制度を設けて対応してくれています。例えば「眼鏡を作りたい」という場合は「医療扶助」という制度を利用することができ、母子家庭の場合は「子どもの医療費助成」などを利用することが可能です。また、低所得世帯や障害者世帯、高齢者世帯を対象に、一時的に生計の維持が困難になった場合には10万円以内で貸し付ける「生活福祉資金貸付制度」もあります。詳しくは、国または地方自治体の窓口に問い合わせてみてください。

ヤミ金を利用するのは絶対にだめ

それでも「どうにかキャッシングをしたい」と思っている生活保護受給者のなかには、ダメもとで中小の消費者金融に問い合わせる人もいるでしょう。また、無登録のヤミ金で借入を行う人もいるかもしれません。

生活保護受給者にお金を貸してくれるのは、ヤミ金と考えて間違いないでしょう。ヤミ金で借入をすると、法外な利息を取られたり、厳しい取り立てに遭ったりします。そのため、決して手を出さないようにしましょう。

誰にも知られず、安心してお金を借りたいのならカードローン

Cache_41

カードローンでお金を借りるときには、誰にも知られたくないものです。 実は、職場への在籍確認の電話や自宅への郵送物などに関しては、事業者はきめ細やかな対応をしてくれます。 また、消費者金融系カードローンも銀行系カードローンも、手続きは安心して行えるようになっています。 そこで今回は、はじめてお金を借りる人には、カードローンがおすすめな理由を説明しましょう。

カードローンは、誰にも知られずにお金を借りられる

申込者の返済能力を判断するため、在籍確認が行われる

カードローンの申込手続きで不安になることのひとつが在籍確認です。

カードローンは、無人の自動契約機やインターネットを通じてWebで申し込みができるなど、他人に知られずに、誰にも会わずに借りられることがメリットのひとつです。その反面、事業者は申込書に記載された内容が本当に正しいのかを知る必要があります。

そこで、申込書に記入された勤務先で本当に働いているのかを電話で確認することで、申込者に返済能力が備わっているかどうかを判断しています。これが「在籍確認」と呼ばれる手続きです。

しかし、お金を借りようとしていることが「会社や周りの人たちに知られてしまうのではないか」と心配になる人もいることでしょう。それでは、在籍確認はどのように行われるのでしょうか。

職場への在籍確認はこうして行われる

在籍確認は通常、事業者が申込書に記入された勤務先の電話番号に電話をかけて行われます。

担当者から申込者あてに「○○と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」という電話が入ります。在籍確認は文字どおり、電話番号先の職場に在籍しているかどうかを確認するための手続きです。そのため、申込書の内容などについて長い時間質問を受けたりすることはありません。在籍していることが確認されれば、電話はすぐに終わります。

在籍確認の際、もし借入先の事業者名を名乗られたくない場合は、事前に個人名で電話をかけるようにお願いすることができます。最近はどの事業者も個人名で電話するように、申込者のプライバシーに配慮してくれます。

在籍確認は、電話の日時をあらかじめ指定することもできます。会社に不在のときに在籍確認の電話がかかってくる場合、たとえ個人名での電話でも職場には知られたくない人もいるでしょう。そのようなときには、電話をかけてくる日時を指定するといいでしょう。

在籍確認時に申込者が不在で直接連絡がとれなくても、「○○は、ただいま外出していて不在です」「○○は、ただいま会議中で離席しています」など、間接的に在籍を確認できれば、それでOKとなることもあります。外出が多い営業職の人や出張が重なって電話に出られない人でも、在籍確認ができないので審査に落ちるのではないかという心配は不要です。ただし、在籍確認の電話は、なるべく申込者本人が直接受けるようにしましょう。

なお、在籍確認の電話で「○○はおりません」「○○は退職しました」など、申込書の勤務先の記載内容を確認できない場合は、審査には通らず、借入をすることはできない点には注意が必要です。
 

カードローンに申し込む際の基礎知識〜審査項目や必要書類、申込条件〜

インターネットや自動契約機で申し込むのが便利

カードローンの申込手続きは、まずインターネットを通じたWeb、無人の自動契約機、電話のいずれかで申し込み、その後で審査となります。インターネットや自動契約機なら他人に見られることはないし、土日・祝日でも申し込むことができて便利です。

審査は最短30分で完了します。審査の対象となる項目は、以下に挙げるようなものです。

・氏名
・生年月日
・家族構成
・最終学歴
・配偶者の有無
・住まい(持家か賃貸か)
・会社名(勤務先)
・役職
・業務内容
・入社年月日(勤続年数)
・他社の借入状況
・カードローンの使用目的

審査が通れば、本人確認書類の提出などの契約手続きを経て、カードの発行という流れになります。本人確認書類として求められるのは、次に挙げるようなものです(※いずれもコピー)。

・運転免許証
・個人番号カード
・パスポート
・写真付きの住民基本台帳カード
・健康保険証

事業者によっては顔写真付きの本人確認書類しか認めない場合や、あるいは、本人確認書類を複数提出するように求められる場合があります。

カードローンに申し込む際の条件

カードローンの申し込みの条件としては、「満20歳以上で65歳未満の国内に在住している個人であること」「安定した収入があること」「銀行系の場合は、保証会社の保証が受けられること」などがあります。

申込者のほかに、保証人や担保の提供を求められることはありません。

なお、ここでいう「安定した収入」は、勤務先の賃金規定などに基づいて給与・賞与が定期的に支払われているかが判断材料となります。正社員でも出来高払いなどのように収入が不安定な場合は、マイナスに判断される可能性があります。

正社員に限らず、パートやアルバイトでも「安定した収入」があると認められるので、専業主婦や学生でも申し込める場合があります。また、全く収入のない専業主婦でも、安定した収入のある配偶者が保証人となれば、借入ができる事業者もあります。

「安定した収入」に加えて「勤続年数」も重要な項目です。勤続年数が1年〜3年と短い場合も、マイナスに判断されることがあります。

インターネットで早い時間帯に申し込むと、即日融資・最短融資を受けられる

「いますぐお金を借りたい」という場合は、即日融資に対応している事業者を選びましょう。

アコムやプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、アイフルは即日でも借入が可能な事業者です。確実に即日融資を受けたいのなら、インターネットからできるだけ早い時間帯に申し込むと、手続きが早くなります。銀行系のカードローンの場合は、審査は最短30分以内をうたっていても、営業時間外に申し込みをすると、融資は翌日になることがあるので注意してください。

会社名を伏せた郵送物の送付や、郵送物を送付しないという対応も可能

「借入の明細書や、そのほかの書類などの郵便物を家族に見られたくない」という場合、事業者に「郵送不可」と連絡して、その代わりに明細書などをWebで確認することもできます。また、郵送物には事業者名を伏せて送ってくれるところもあるので、事前に確認しておくと安心です。

緊急時に役に立つ、無利息のカードローンサービス

消費者金融系よりも、銀行系のほうが金利は低い

それぞれの金利は、消費者金融系はおおむね5%〜18%、銀行系はおおむね3%〜15%となっており、銀行系のほうが低く設定されています。そのため、銀行系のカードローンを利用したほうが、返済期間が長ければ長いほど利息の負担は少なくて済むといえます。

ただし、適用される金利は事業者ごとに異なるうえに、借入をする金額でも異なります。また、事業者によっては無利息期間を設けているなどのサービスがあるので、有効に活用し、少しでも利息の負担を減らしたいものです。

消費者金融系の無利息サービスの利用条件

例えば、プロミスは初回から30日間、アコムは契約の翌日から30日間は無利息で借入が可能です。レイク(新生銀行カードローン)は、契約額200万円までで5万円未満の借入であれば、契約日の翌日から180日間、初めての借入なら全額が30日間は無利息となります。プロミスとレイクは最大で500万円まで、アコムでは800万円まで借入が可能なので、急な出費のときにも安心です。

消費者金融系の事業者は、上限金利と登録番号を確認する

金利が年利20%を越えている場合は要注意

消費者金融系の事業者の場合、国に届け出を行って登録している貸金業者かどうかも心配なところです。

これについて見極めるポイントは上限金利です。法律で定められた上限金利は20%まで。それを超える金利は違法となるので、借入の際には金利が年利20%を越えていないかを確認することが重要です。

また、貸金業者としての登録番号も確認してください。

金利が法定の上限金利以下で、登録番号がある貸金業者であれば、安心して借りることができるでしょう。

インターネットで検索してみると、実際に消費者金融を利用した際の体験談を見ることができます。申込手続きやその日時、審査の過程や在籍確認、実際の借入など、具体的に書かれたものについては事業者選びの参考になるでしょう。

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

カードローンでお金を借りるときには、誰にも知られたくないものです。 実は、職場への在籍確認の電話や自宅への郵送物などに関しては、事業者はきめ細やかな対応をしてくれます。 また、消費者金融系カードローンも銀行系カードローンも、手続きは安心して行えるようになっています。 そこで今回は、はじめてお金を借りる人には、カードローンがおすすめな理由を説明しましょう。

ブラック状態でもお金を借りたいのなら、どうすればいいのか

Cache_19

「ブラック」とは事故情報のこと。そして、「ブラック状態」とは信用情報機関に事故情報が登録されている状態をいいます。 そのような状態でも、お金を借りることができるのでしょうか。また、自分がブラックであるのかどうかを確認する方法はあるのでしょうか。 そこで今回は、結婚による改姓や配偶者の影響にも触れつつ、ブラック状態に関する疑問にお答えします。

「ブラック状態」とは、一体どのような状態か

「ブラックリスト」というものは存在しない

「キャッシングやカードローンを申し込んだが、お金を借りられなかった」というときの理由のひとつとして、「ブラックリストに掲載されていた」「ブラックリストから消えていない」などの話が聞かれます。ここで言う「ブラック」とは、正しくは事故情報のこと。「ブラックリスト」は正式な名称ではありません。

借入をしたお金を期限までに返せないと「事故扱い」となり、「事故情報」としてCIC(株式会社シー・アイ・シー)やJICC(株式会社日本信用情報機構)と呼ばれる信用情報機関に登録されます。事業者は新規の申し込みを受けると、信用情報機関に問い合わせて申込者の信用情報を確認し、審査を行います。事故情報が確認されると、新規の借入はできないことになります。

信用情報機関は貸金業を営む事業者が加盟している団体で、クレジットやローンの利用者に関する取引情報全般を管理しています(※以下の表を参照)。事故情報は取引情報のひとつで、専門的には「異動情報」とも呼ばれます。

異動情報とは延滞や貸倒れ、代位弁済(保証人や保証会社等が本人に代わって債務を返済すること)によって生じたもので、契約期間中および契約終了後の5年間は記録されています。

【信用情報機関に登録される信用情報の種類と登録される期間】

信用情報の種類 情報項目 登録期間(保有期間)
申し込みに関する情報 ◯本人識別情報(氏名・生年月日・郵便番号・電話番号など)
◯申込内容情報(照会日・商品名・契約予定額・支払予定回数・照会会社名など)
照会日より6ヶ月間
契約内容や支払状況に関する情報 ◯本人識別情報(氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先名・勤務先電話番号・公的資料番号など)
◯契約内容情報(契約日・契約の種類・商品名・支払回数・契約額(極度額)・契約終了予定日・登録会社名など)
◯支払状況情報(報告日・債額・請求額・入金額・入金履歴・異動(延滞・保証履行・破産)の有無・異動発生日・延滞解消日・終了状況など
◯割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報(割賦残債額・年間請求予定額・遅延有無など)
◯貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報(確定日・貸付日・出金額・残高・遅延の有無など)
契約期間中および契約終了後5年以内
利用途上の照会に関する情報 ◯本人識別情報(氏名・生年月日・郵便番号・電話番号など)
◯利用した事実に関する情報(利用日・利用目的・利用会社名など)
利用日より6ヶ月間

※出所:CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)ホームページに基づく。一部加筆。

「自分がブラック状態かどうか」を知る方法

「返済を延滞したことがあるので、お金を借りられないのでは?」と心配なときには、信用情報機関に問い合わせてみましょう。利用手数料(1,000円)を支払えば「信用情報開示報告書」を入手でき、自分の信用情報を確認することが可能です。報告書には延滞履歴なども記載されているので、見れば「ブラック状態」かどうかがすぐにわかります。この手続きを「情報開示」と言います。

「情報開示」はインターネット(パソコンやスマートフォン)のほか、郵送や窓口で行うことができます。ただし、電話での情報開示はできません。

ブラック状態でも、お金を借りられる先はあるのか

基本的に事故情報で判断される

新たにキャッシングやカードローンを利用したい場合、信用情報機関に事故情報が登録されていると、借入は難しくなります。「ブラック扱い」では、原則として大手の事業者では借入ができないと考えてよいでしょう。

また、事故情報がなくても、事業者が信用情報機関に照会を行った事実も信用情報機関に登録されており、事業者はこの照会情報も審査の参考にしています。そのため、同時期に複数の事業者に新規の申し込みを行うことも、延滞などの事故扱いほどではありませんが、広い意味では「ブラック扱い」とみなされます。

夫がブラック状態でも、その妻への融資は可能

5年以内に延滞をしていて、事故情報が信用情報機関に登録されていれば「ブラック扱い」となり、原則として借入はできません。ただし、結婚して改姓した場合、旧姓時の信用情報が多重債務や支払延滞で「ブラック状態」でも、改姓後に事故歴がなければ借入が可能になることもあります。

とはいえ、申込時の書類には必ず旧姓を記入する欄があります。そのため、旧姓時の信用情報が確認されてしまうことになります。

信用情報機関に登録されている信用情報は個人単位です。夫婦の一方が多重債務や支払遅延で「ブラック状態」でも、もう一方に事故歴がなければ新規の借入は可能です。

ただし、パートやアルバイトを含め、定期収入のない専業主婦(主夫)が借入を申し込む場合、配偶者を保証人としなければなりません。そのため、配偶者が「ブラック状態」の場合には、借入ができません。

信用情報機関への登録のタイミングによっては、新たな借入ができないこともありません。例えば、キャッシングやローンをとりあえず新たな借入によって返済するという、いわゆる「自転車操業」をしたい場合は、返済期限が来る前に新規の借入によって返済してしまえば、一時的には延滞を防ぎ、「ブラック状態」を免れることはできます。新たな借入が可能になってしまえば、その後、以前の借入の返済で延滞が生じても、新たな借入が取り消されることはありません。

もしお金を借りようとするなら、どのような方法があるか

正攻法で借りる方法は、ブラック状態が消えるまで待つ

審査に通るためのコツとして、もっとも正攻法だと言えるのは、「ブラック状態」の登録期間がリセットされる「契約期間中および契約終了後5年以内」を待って、再び申し込むことです。ただし、事業者によっては、自社の顧客の事故情報は5年を過ぎても審査に利用することがあります。登録期間を過ぎても気を緩めずに、事故のあった事業者とは別のところに申し込みましょう。

また、「ブラック扱い」だとわかった場合でも、審査通過率は一概には言えないものの、過去の延滞の期間が短期であった、延滞の頻度が少なかった、延滞の金額が少額だったなどの場合は、事業者によっては新規の申し込みを受け付けてくれるケースもあります。現在、信用情報機関(CIC)に加盟している事業者数は943社あります(※平成28年10月20日現在)。

事業者をしらみつぶしに当たっていけば、借入ができる可能性はゼロではありません。事業者は事故情報以外にもさまざまな信用情報に基づいて借入の審査をしています。規模の小さな事業者の場合、営業上の理由から「ブラックOK」として審査を緩めて、顧客を獲得しているケースもあります。一概に審査の甘い事業者を特定できないものの、2・3社で審査が通らなかったからといってあきらめず、多くの事業者に申し込んでみることをおすすめします。審査が通れば通常の申し込みと同じ扱いになるので、最短であればその日に借りることもできるでしょう。

ヤミ金融などで借りた場合はどうなるか

「多くの事業者に申し込んだが、どれも審査が通らなかった」。だからといって、貸金業として正規の登録をしていない「ヤミ金融」で借りることには、注意が必要です。

貸金業として正規の登録をしている事業者は、法律で「貸金業登録番号」を広告に掲載することが義務付けられています。広告等に「ブラックOK」という文字がある場合や、ほかの事業者で審査に落ちたにもかかわらず申し込みに安易に応じてくれる場合などは、「貸金業登録番号」の有無を確認して事業者の危険性の判断してください。

「ヤミ金融」で借りると、法外な利息と過酷な取り立てに遭います。また、違法な広告などによって、登録事業者と偽って営業し、勧誘するケースもあります。

どのような状況であれ、「ヤミ金融」には絶対に手を出さないように気をつけましょう

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430

おすすめ度5.0

審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

三菱東京UFJ銀行に申込

「ブラック」とは事故情報のこと。そして、「ブラック状態」とは信用情報機関に事故情報が登録されている状態をいいます。 そのような状態でも、お金を借りることができるのでしょうか。また、自分がブラックであるのかどうかを確認する方法はあるのでしょうか。 そこで今回は、結婚による改姓や配偶者の影響にも触れつつ、ブラック状態に関する疑問にお答えします。

母子(父子)家庭でもお金を借りたい場合に考えられる問題

Dollarphotoclub_61506587

統計データを見ても、母子家庭の収入が低いことがわかっています。 それでは、お金を借りる場合、一般の家庭と母子家庭では、審査の基準に違があるのでしょうか。 このページでは、母子家庭がお金を借りる場合の注意点を解説するとともに、女性向けのカードローンや都道府県で実施している公的な制度を紹介します。

母子家庭がお金を借りる場合、経済的理由が重視される

母子(父子)家庭であっても、一般の家庭と変わりない

借入をする場合、母子(父子)家庭であっても、基本的に一般家庭と変わらず、事業者が設けている条件をクリアしていることが前提になります。インターネット上では、母子家庭は借入が不利になるといった噂が流れているものの、条件をクリアしていれば問題ありません。

例えば、正社員の母子家庭の場合、申込書に「勤務先」をしっかりと書くことが可能だし、「一定の収入」を得ているので、借入ができる最低条件はクリアしています。過去に滞納などの「事故歴」がなければ、お金を借りることは十分に可能です。

また、パートやアルバイトで生活している母子家庭でも、「一定の収入」を得ているし、「勤務」の実態があるので、お金を借りることは可能です。ただし、限度額については、総量規制や年収に応じた上限額が事業者ごとに設定されるので、希望額どおりの借入ができるかどうかはわかりません。申し込みの際に、事業者に確認してみるとよいでしょう。

母子家庭を支援する、公的制度の活用という選択肢もある

このように、母子(父子)家庭の場合でも毎月一定の収入があり、申込書に勤務先を書けるのであれば、借入をすることは可能です。

なお、現在は仕事についていない、失業中といった母子(父子)家庭の場合には、正社員や派遣、パートやアルバイトなど、何らかの定職についてから申し込んだほうがよいでしょう。事情があって仕事に就けないという母子(父子)家庭の場合、消費者金融や銀行など、民間からの借入は難しくなります。

しかし、そのような場合には、国や地方自治体の貸付制度の利用を検討してみてはどうでしょうか。例えば、各都道府県には「母子父子寡婦福祉資金貸付金」という制度があります。これは、母子(父子)家庭で、生活資金・医療介護資金・就学支度資金・修学資金・住宅資金・転宅資金などが必要な場合、住んでいる地域の自治体に申し込むと無利子で借入ができるという制度です(※ただし、連帯保証人が必要)。

また、収入が少ない世帯を対象とした「生活福祉資金貸付制度」もあります。

さらには、生活に困窮し、最低限の生活を維持できないという場合には「生活保護制度」を利用することもできます。民間の事業者に借入を申し込む前に、これらの公的貸付制度の活用を検討してみてはどうでしょうか。

【母子家庭を支援する公的制度】

制度名 貸付金額 概要
母子父子寡婦福祉資金貸付金 資金の種類や自治体によって異なる
(例)生活資金:月額10.3万円
ひとり家庭の父母が、就労や児童の就学などで資金が必要となったときに、都道府県や指定都市、または中核市から貸付を受けられる資金。
修学資金や修業資金、就職支度資金などがある。
返済時の負担軽減のため、貸付利率は無利子だが、連帯保証人がいない場合には有利子となる。
生活福祉資金貸付 資金の種類によって異なる
(例)就学支度金:50万円以内
低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉および社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度。
総合支援資金や福祉資金、教育支援資金、緊急小口資金などがあり、一部については、連帯保証人が必要となる。
生活保護 扶助の種類に応じて実費を支給。地域や状況によって異なる 資産や能力など、すべてを活用してもなお生活に困窮する人に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度。
日常生活に必要な費用や家賃、医療・介護サービス、葬祭費用、義務教育の学用品費などが支給される。

統計データを見ても、母子家庭の収入が低いことがわかっています。 それでは、お金を借りる場合、一般の家庭と母子家庭では、審査の基準に違があるのでしょうか。 このページでは、母子家庭がお金を借りる場合の注意点を解説するとともに、女性向けのカードローンや都道府県で実施している公的な制度を紹介します。

保証人不要のキャッシング、フローローンが無担保で借りれる理由

住宅ローンなどを利用するときには保証人を設定する必要がありますが、高金利なフリーローンを利用するときには保証人を設定する必要がありません。高金利であるためそれでリスク回避が出来るのが理由ですが、今回はそんな保証人とフリーローンについて説明をします。

保証人不要ででお金を借りたい人におすすめのページ
今日中に急ぎでお金を借りる方法

保証人と連帯保証人の違いとは?

賃貸マンションの契約をするときや、銀行で住宅ローンを利用したいときなど、「保証人」や「連帯保証人」が必要なところが多いものですが、似たような言葉のこれら2つには違いがあります。

そもそも、保証人と言うのはお金を借りた人が返済不能になったとき、その代わりにお金を返す義務を負っている人のことで、これに対して連帯保証人は、債務者と同じ義務を背負う人という意味を持っています。

しかし、これだけでは違いがよく分からないという人も多いのでもう少し分かりやすく言いますと、保証人はお金を借りた人が返済不能に「なったとき」にはじめて返済しなければなりませんが、連帯保証人はお金を借りた人が返済不能に「ならなくても」返済をしなければなりません。

なぜこのような違いが出てくるのかというと、それは保証人に与えられている権利に理由があります。

まずお金を借りた人にしっかりと請求してくださいという「催告の抗弁権」と、お金を借りた人に財産があるならまずそちらから返済してくださいという「検索の抗弁権」、この2つの権利が保証人には与えられていて、連帯保証人には与えられていないため、以上のような違いとなっているのです。

保証人が必要なケース(住宅ローン、事業者ローン、教育ローンなど)

銀行の各種ローンの中には、保証人を必要とするローン商品と必要としないローン商品とがあります。
住宅ローンや事業者ローン、教育ローンといったローン商品には保証人が必要となりますが、フリーローンなどの商品に関しては保証人は必要ありません。

フリーローンと言うのは、住宅ローンや自動車ローンとは異なり利用目的を限定することがないローンのことです。
フリーローンよりもさらに融資条件が緩いのがカードローン(キャッシング)で、フリーローンと同じく利用目的を限定はしませんが、フリーローンとは異なり限度額の範囲内であれば何度でもカードを使ってキャッシングをすることが出来ます。
フリーローンと同じくカードローンも保証人は必要なく、それ以外の住宅ローンや自動車ローンなどのローン商品は保証人が必要です。

フリーローンが保証人不要・無担保でキャッシングできる理由

通常のキャッシングの場合には、担保も保証人も設定することはありません。
キャッシングは、自動車ローンや不動産ローンなどと比べて高金利なローン商品ですが、それによってキャッシング会社は保証人を設定しなくてもキャッシングのリスクを回避することができています。
キャッシングが返済不能に陥ったときのリスクを回避する、これがキャッシングが他のローン商品と比べて高金利である理由でもあるのです。

住宅ローンなどを利用するときには保証人を設定する必要がありますが、高金利なフリーローンを利用するときには保証人を設定する必要がありません。高金利であるためそれでリスク回避が出来るのが理由ですが、今回はそんな保証人とフリーローンについて説明をします。

キャッシングは可能?デビットカードについてもっと知ろう!

Cache_18_p0049

デビットカードは無審査で通常のクレジットカードのような使い勝手で利用できるので使いすぎの心配もありません。利用するには、銀行口座を開設してデビットカードを作れば完了ですが、クレジットカードとは異なりキャッシングすることが出来ません。ここでは、デビットカードの仕組みやキャッシングできない理由について説明をします。

現金代わりに使えるデビットカードのメリット

デビットカードは16歳以上であれば申込をすることが可能で、しかも審査がないので収入がない高校生でも利用することが出来ます。

さらに、デビットカードはクレジットカードと同じような使い勝手で、VISAやJCBのマークがデビットカードについていれば、VISAやJCBの加盟店でショッピングや食事をすることはもちろんのこと、インターネットショッピングでも利用可能です。

店舗やインターネットショッピングでデビットカードを利用すると、登録してある銀行口座から即時に引き落としされるので、使いすぎる心配はありません。

デビットカードは、16歳から利用でき、通常のクレジットカードと同じような使い勝手で、さらに使いすぎる心配もないという便利なカードです。

デビットカードの仕組み

そんなデビットカードですが、仕組みは以下のようになっております。
まずは、引き落とし用の銀行口座を開設する必要がありますが、口座開設に年齢制限は特にありません。

銀行口座を開設したら、次はデビットカードを申し込みをして、カードは本人限定受け取り郵便や簡易書留郵便で送られる場合もあります。

手元にデビットカードが届いたら、デビットカードの引き落とし口座にあらかじめ開設しておいた銀行口座を登録して準備は完了です。
あとはデビットカードを利用したら即時に引き落とされるようになります。
利用限度額の設定が出来るので使いすぎを防ぐことが出来ますし、VISAなどではオンラインで「VISA認証サービス」を行っていますので、ネットショッピングでもセキュリティ面は安心です。

デビットカードは預金残高を超えた支払いができない

普通のクレジットカードにはショッピングだけでなく、口座にお金が入っていなくてもお金を借りることが出来る「キャッシング」機能を搭載しているものが多いのですが、同じVISAやJCBブランドを搭載しているものでも、
デビットカードの場合には預金残高を越えたキャッシングをすることが出来ません。

デビットカードはキャッシングはできませんが、お金を引き出すことが出来ないというわけではなく「楽天銀行デビットカード」のように、デビットカードとしての機能にキャッシュカードとしての機能もプラスされている場合には、預金残高の範囲内でお金を引き出すことが出来ます。

デビットカードでキャッシングできない理由は、デビットカードの仕組みにあり、利用されると即座に銀行口座の残高を確認して引き落とす仕組みとなっているため、残高不足で引き落としが実行されない可能性のあるキャッシングは出来ないのです。

デビットカードよりお得にキャッシング!即日で借り入れできる

デビットカードでキャッシングできないのであれば、即日でキャッシングできる銀行のカードローンや大手消費者金融を紹介します。キャッシングやカードローンはクレジットカードのキャッシング枠と違って審査時間が早いうえ、30日間利息0円で借りられる無利息サービスもあります。

キャッシング
カードローン
金利 申込時間 審査時間 無利息期間の
有無※1
詳細
プロミス
年4.5%~17.8%

最短3分

最短30分

※2
詳細
アイフル
年4.5%~18.0%

5~10分

最短30分
詳細
アコム
年3.0%~18.0%

5~10分

最短30分
詳細

※1:10万円を1ヶ月間無利息で借りた場合
※2:メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要

初めての方におすすめ!30日間無利息のプロミス

プロミス

promise-banner

おすすめ度5.0

審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

プロミスに申し込み

  • 最短30分で審査が完了!
  • Web完結で簡単に申込から利用までできる
  • 30日間利息0円で借りられる無利息サービスあり

※メールアドレスとWeb明細の利用登録が必要です。

デビットカードは無審査で通常のクレジットカードのような使い勝手で利用できるので使いすぎの心配もありません。利用するには、銀行口座を開設してデビットカードを作れば完了ですが、クレジットカードとは異なりキャッシングすることが出来ません。ここでは、デビットカードの仕組みやキャッシングできない理由について説明をします。

クレジットカードの引き落とし、残高不足にならないための対策法

今やショッピングや食事などの支払いにクレジットカードを利用するのは当たり前のような感があります。ただ中には、引き落とし日を忘れていたり、残高不足で支払いができなかったりしたという方も少なくないようですが、ここではその様なミスを避ける方法について紹介します。

利用するカードは1枚にして、引き落とし日を管理しよう

クレジットカードの発行枚数は、3億2千枚を超えていているというデータもありますが、1人当たりに換算すると3枚ほど保有しているということになります。なかには5枚以上、10枚以上と所有している方もいるようです。

確かにクレジットカードの発行会社によって提供されるサービスが異なりますので、何枚かクレジットカードを持ちたくなる気持ちは理解できますが、クレジットカード会社によって支払い日が違っていますので、複数のカードを保有しているとその管理だけでも大変です。クレジットカードの保有は、必要最小限度に、出来れば1枚にまとめた方が、支払い日の管理等は楽になります。

引き落とし口座の残高を把握して残高不足を防ぐ

クレジットカードを利用すれば、必ずクレジットカード会社から利用状況とその引き落とし日、引き落とし金額などの連絡の通知がハガキなどで届きます。

通知が届いたらその金額に見合う残高が口座に残っているか確認することが肝心です。口座の残高を把握しておくことで、残高不足を防ぐことができるようになります。

クレジットカードの利用状況や引き落とし日、引き落とし金額などについては、利用しているクレジットカード会社のホームページからでも確認できるようになっていますし、最近の銀行では銀行に赴くことなく、インターネットを利用して自宅に居ながら自分の口座の残高を確認できるようになっていますので、常にチェックされることをおすすめします。

どうしても足りないときにキャッシングで支払うメリット

引き落とし日が給料日の直前で、どうしてもお金がたりないという時には、一時的にキャッシングをして支払い、給料が入った時にキャッシング会社に返済するという方法もあります。

支払いが遅れると信用をなくしますし、特に信用を点数化した情報では遅延行為や延滞行為が一番危険とも言われています。信用をなくしてしますと住宅ローンや学資ローンなどを含む新たな融資を受けることが困難になります。

その危険を避けるためにもキャッシングで一時的に急場をしのぎ、給料日に返済するようにします。短期間のキャッシングなら利息金額もそれほど多くはありませんし、キャッシング会社の中には、短期の融資なら利息なしというところもありますので上手に利用したいものです。

今やショッピングや食事などの支払いにクレジットカードを利用するのは当たり前のような感があります。ただ中には、引き落とし日を忘れていたり、残高不足で支払いができなかったりしたという方も少なくないようですが、ここではその様なミスを避ける方法について紹介します。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧