キャッシングアカデミー

キャッシングの4つの注意点!申し込み前に確認しないと絶対に損

Cache_06

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンに申し込むなら、審査に落ちるのだけは避けたいもの。確かに落ちたらショックだし、失敗を避けたくて慎重に行きたいと思うのは皆さん一緒。この記事では、そんな慎重派な皆さんのために、申し込みで失敗しないためにはどうしたらいいか、注意すべきポイントを説明していきます。この記事を読んで、スムーズに申し込みをしましょう。

申し込み前に借り入れの計画を!注意すべき「総量規制」とは?

借り入れについては、申し込む前に決めておきましょう。いくらほど借り入れるのか、期間はどれくらいなのかなどといった具合です。返済の目安としては、「1ヶ月の収入の1割程度」にすると楽です。

なお、借り入れをするときに注意すべき「総量規制」というものがあります。これは、消費者金融やクレジットカード会社などの「貸金業者」が対象となっていて、「融資額は年収の1/3を超えてはいけない」という規定です。

これは、初めての借り入れでも、既に他社での借り入れがあっても同様なので、自身の年収にあった借り入れを計画しましょう。

個人情報の記入は慎重に・・虚偽の申請で即審査落ち

申し込みの際には、住所・勤務先・電話番号・収入・居住年数・他社からの借入件数などの個人情報を記入しなければなりません。

消費者金融側で誤った情報だと分かると、「虚偽の申請をした」ということで審査に落ちてしまいます。自宅の電話番号を間違えると確認の連絡ができないし、勤務先の電話番号を間違えると勤務の実態がないと判断されてしまうからです。

また、他社からの借入件数や借入総額については、特に正確に記入することが重要です。これらの情報は個人信用情報機関に登録されているので、消費者金融では容易にチェックできます。

もし間違った情報を報告すると、信頼できない人物や要注意人物とみなされて、審査に通過するのは困難になります。消費者金融では申し込みをした人と連絡が取れないこと、他社からの借入件数や借入総額に間違いがあることを大変嫌います。

申し込みをした人がしっかりと融資した額と金利を返済してくれるのか、何かあったときに連絡がつくのかというのは彼らにとって重要な事柄だからです。

【申込ブラック】短期間に複数の申し込みは絶対にNG!

審査に通るか不安になって、同時期に何社にも申し込んでしまうのはかなりのマイナスポイントです。前述のように、借入件数や申込件数といった情報は個人信用情報機関に登録されます。

金融機関はその登録情報をもとに、その人が社会的に信用があるかどうかを判断しています。そのため、短期間に何社にも申し込んでいると「かなりお金に困っている人」「返済が難しそうな人」として、いわゆる「申込ブラック」とみなされる場合があるのです。

「申込ブラック」というのは、「短期間に複数の消費者金融に申し込みをしている人」です。申込ブラックとみなされるおおよその目安は「1ヶ月に3社以上」と言われています。そのため、申し込むなら2社までにしておくのが無難です。

ここで気をつけたいのが、クレジットカード会社への申し込みです。「複数の消費者金融に申し込みをしている」と述べましたが、実は、クレジットカード会社への申し込みも審査の対象となるので要注意

今すぐ誰にもばれずに簡単キャッシングなら「Web申し込み」がおすすめ

すぐにでもお金を借りたいなら、Webで申し込みができる消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの利用がオススメ。

中でも大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスと銀行のカードローンの三菱東京UFJ銀行カードローンがおすすめです。誰にもばれずに借りやすいという点でも以上の2社は一押しです。

申し込みのためにわざわざ窓口や無人契約機に行く必要はなく、必要書類についてもカメラアプリなどで簡単に提出できます。しかも、審査に通過すれば、すぐに指定した銀行口座に振り込んでもらえるのでとても便利。

以上の点に注意して、スムーズに申し込みをしましょう!

Web完結ならプロミスがおすすめ

プロミス

promise-banner
審査時間
最短30分 
融資時間
最短即日 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年4.5%~17.8% 

公式サイトで詳細を見る


プロミスは郵送物もなく、キャッシングのカードがなくてもお金を借りられます。また上述でも説明しましたが、午前中までに契約を完了しておくといいでしょう。時間に余裕のある方は早めの申込がおすすめです。

銀行のカードローンなら三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン

mufg-banner-20170430
審査時間
翌日以降 
融資時間
翌日以降 
限度額(極度額)
最大500万円 
実質年率
年1.8%~14.6% 

※商品名は「バンクイック」です。

公式サイトで詳細を見る


三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、審査に時間がかかるといわれている銀行のカードローンの中でも融資までの時間が早いのが特徴です。また、三菱東京UFJ銀行の銀行口座があれば、口座にお金を振り込んでもらえるので、キャッシングのカードがなくてもお金を借りられます。口座がなくても三菱東京UFJ銀行カードローン特有の「テレビ窓口」が、平日・土曜祝日ともに18時まで利用できます。
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンに申し込むなら、審査に落ちるのだけは避けたいもの。確かに落ちたらショックだし、失敗を避けたくて慎重に行きたいと思うのは皆さん一緒。この記事では、そんな慎重派な皆さんのために、申し込みで失敗しないためにはどうしたらいいか、注意すべきポイントを説明していきます。この記事を読んで、スムーズに申し込みをしましょう。

希望条件でキャッシングを選ぶ

消費者金融のキャッシング・
銀行のカードローン一覧